July 8th, 2009

日々することが山積みことに感謝!

 昨日の疲れはピークでした。
 最終出費を終え、貯金残高を見ると60万円切れてます。引越しに見積もりでは19万円。
10日と14日に長野に行きますので新幹線代などで最低でも3万円です。

 とてもコテージ用に新しい家具等をそろえられません。
庭に蒔くコスモスの種やお風呂のセットなど最低限度の雑費も7万円は見てます。

 それで、引越し道具をもう1度見直したのです。
イーゼルは運ぶつもりですが、油絵の具を入れるキャビネットは購入すれば数万円しますので、ウルトラ・プチ・スタジオに運んだものを持っていくことにしました。他に陶芸の粘土をこねるテーブルや椅子も買えば1万円くらいで買えますが、古いのを使うことにしました。それで、ウルトラ・プチ・スタジオにいったん運んだものをもう1度プチ・スタジオに運び出したんです。そして、こもの用の箱などもコテージに持っていくことにしました。極力、新たに購入するものを減らしたのです。その分、引越し代は1万円くらい高くなるかもしれませんが。

 最低限度の電化製品と本箱も買いました。炊飯器、洗濯機、電子レンジです。冷蔵庫、掃除機、コーヒー沸かしは古いものを持っていきます。これで、出費は15万円近かったです。

☆このところ、さりげない応援者に恵まれ大人の応援ってありがたいなと敬服してます。
 家庭に入ってますので、優先順位は必ずしもアートや信仰ではないのですが、40年近く仕事をしてますが大切にしているいくつかのポイントがあります。


 1、作家さんの制作活動に迷惑をかけない。
   仕事時間に連絡を取らない。余計な出金をかけさせない。不愉快を与えない。
   失敗したときは反省をして、以降さらに気をつけます。

 2、相手の望まないことをしない。
   勝手に他人に紹介されて、乗っ取られたりもしました。
   又、住所や電話を勝手に教えて、押しかけられたり、早朝電話や深夜電話をかけられて1日   の睡眠時間が狂ったこともあります。暇潰しに使われるといやな気持ちになります。

   若い作家さんでも感心させられることがあります。なるべく用件をまとめてメールで送って   きたり、用件は作家さんには必ず手紙でという人もいます。その心がけはいい作品を創る   ことに生きてくるのですね。

 3、お金の無心は多いです。
   たいていは生きるか死ぬかで依頼してきますので、断れなくしてきます。
   でも、返ってきたこともないし、悲しく嫌な経験となります。
   自立すべきだと思います。
   
 4、毎日、いろいろな誘いの案内が来ます。できるだけ誠実に対処してますが、行けない場合も   多いのです。事情を察してください。3人の老人と家庭があります。私の性格として、引越   しでも他人を煩わせるのが嫌いなのです。その分家賃を2倍払ってます。時間をかけて自分   で運んでいるのです。当然疲れもあります。家庭や老人お世話をやらないわけではないので   す。

 5、あるときから、暴力と詐欺をする人とは付き合わなくていいと決めました。

 6、これからの時代はますます厳しくなると思います。
   身の丈に応じた日々の暮らしをちゃんとしている人ほど素晴らしい人はこの世にいないと思   います。
   偉くならなくてもよい。
   有名な人にならなくてもよい。
   神が見ているのは名のない心清らかな人です。

  そう、ありたいですね。

☆昨日、買った「婦人公論」の特集は「お金が貯まる家庭、いつまでも苦しい家庭」でした。
 庶民の暮らしはどこも一緒だなあと思いました。
 姑への毎月の送金でとうとう失った家のローンを毎月払っている主婦や、友人の紹介で創ったカ ードで300万円の借金を作った人などの実話。けちな知人紹介など。

 テレビでは経済評論家の落合さんがいかに節約するかを具体的にしてました。

 大阪のパチンコ屋さんで41歳の男性が放火をして楽しく遊んでいた客と従業員の若い夢多き女 性が死にました。犯人は山口県で自首してきましたけれど、家庭が壊れ借金が2、300万円ほ どあったそうです。いい年して、誰でもよかったが殺したかっかたのだそうです。
 彼にも家庭があったのです。子供も2人もいたのです。

 そして、殺された4人の罪もない人達の皆に幸せな家庭や未来や友人がいたのです。
 自分が不幸だからといって、他人を不幸にする権利など誰もないのです。
 今の時代は不幸な人が多くて怖い。しかし、社会が悪いというものではないと思います。どんな 逆境でもがんばって生きてる人はたくさんいる。そして、それが忍耐や謙虚さを学ぶ恵みにな  る。その花が美しく咲いたときにその人の人生は輝かしくなる。

 犯人の別れた奥さんもお子さんもその地獄を背負って生きていく。4人の殺された人達も馬鹿な 人間の責任で一生苦しみを背負っていく。他人のことを考える習慣がないとこういうことをする 人間になるのだと思います。

☆プチ・スタジオの本を処分していたときに雑誌は捨てるしか無いと思って処分しましたが、1冊だけ残された雑誌がありました。
 「新潮45」2004年5月号です。
 恐ろしい事件が記載されてましたが、時にきになったのはある詐欺事件でした。それで、捨てなかったのかもしれません。 
   
 p200.
 女という病
「有栖川宮妃」のファースト・クラス 中村うさぎ

 2003年4月、東京都港区赤坂カナダ大使館ビル内の「シティクラブ・オブ・東京」にて、有栖川識仁と坂本晴美の結婚披露宴が開催され、芸能人や著名人を含む招待客からご祝儀として合計役1200万円の現金および額つき絵画1枚が集められた。しかし有栖川を語っていた人は皇族でなく詐称して、同年10月企画演出者と3人は詐欺罪で逮捕された。消極的であった有栖川を演じた北野を押し切った坂本晴美が注目されたという。

 中村うさぎさんは最後に坂本晴美さんを嗤えないとあります。

15才の時に「エホバの証人」に入信したそうです。「ものみの塔」を配る団体です。18歳のときにミス・インターナショナル熊本地区予選大会で準ミスに入賞したそうです。翌年には西日本で2番目に大きいバス会社に入社し、秘書課に配属されたそうです。東大出のエリートと結婚するのが夢で20歳のときに「エホバの証人」の経理をしていた自称東大出と結婚したそうです。26歳のときに相手の浮気で離婚したそうです。塾経営をしていた男性は東大はうそだったが、事業に成功して子供が2人いたという。
 27歳でネット・ワークビジネスをはじめ一時は年収が1000万円あったというが破綻。2番目の主人の指導の下に結婚式・披露宴の司会や地方テレビのレポーターをしたという。
1990年に、名家の出である彼とできちゃった結婚をする。「矯正下着」の販売を始め、「自己啓発プログラム」で詐欺商法に引っかかり泥沼の中37歳で東京に出て水商売に入り、不倫をして離婚。
それから7年目の詐欺の「有栖川家との婚姻」では彼女は詐欺の加害者になったのだった

 彼女は美貌がいかに有効を知り世の中の仕組みをいろいろな経験で人が権威にいかに弱いか知ったのだと思う。

 そうして、バーのホステスをしていた彼女や宮妃になったつもりの彼女への対応を見て、せせらわらったり傷ついたり哀しんでいたのだろう。

☆☆☆
 M・ジャクソンの追悼式があった。世界中に無料で放映された視聴率もオバマの大統領の就任式を50%も超えたそうだ。「We are the World」の曲も誰でも知る名曲だ。
「選べる」彼はそういった。
人種や皮膚の色や仕事の違いを超えて、私たちは生き方を選べる。
くだらなく生きることも戦いいろいろなハードルを越えて、愛がひとつになる地球にすることをも選べる。

 昨日、娘と主人が「うちのママとマイケル・ジャクソンって似てるよね。ネバーランドだろ。ママはRuiicoユートピアだって。」

 うん、似ていると思った。

 同じところから世界をよくするために派遣されてきた。
 私も使命を終えたら消えていくだろう。できれば野尻湖の湖の底から永遠に浮上したくないなあ。

 M・ジャクソンの10歳の長女のパリスちゃんが泣きながら「最高のパパだった。」と言った。
産みのお母さんが親権を求めていたが、500億もの遺産をめぐって愛から離れた行為をするのは悲しいね。でも、いろんな人間がいるのが地球ですね!

 漢民族とウイグル族の戦い。惜しまれる命の重さはどれも同じなのに、わざわざ殺し合いをするなんて!

☆今日は水曜日です。家の掃除と洗濯などを終えてから父の家に掃除をしにいきます。弟といろいろ話もあるし。姑は友人の別荘に1週間のお出かけです。

マイケルの家族も素敵だったな。兄弟や両親とはあわないときもあるけれどマイケルってとっても正しかったんだと思う。

 パチンコ屋放火事件の人も坂本晴美も子供のことを思ってブレーキをかけてもらいたかったな。被害者の家族のことも考えてほしかったな。誰だって、一生懸命やっても報われないときや困るときはある。どんなにダサい仕事だっていいじゃないかと思う。今は仲介を通さずに直接雇用を頼めと言うアドバイスもある。。デパートも安売りのためのスーパー経営まで手を伸ばしていると言う。

 そういえば、野尻コテージの建築現場業者の人が「東京は怖い。」と言っていた。私も用もないのにぶらぶらと渋谷を歩いたり銀座を歩いたり、六本木を歩いたりはしない。夕方を越えればタクシーに乗る。