July 29th, 2009

神山便り!「雪の聖母像」を買いました。




 あるときに突然消えたインディアンの集落の絵です。メッサ・ヴェルデです。

 私はアメリカたくさんのバスケットをセラミックで作りましたおにぎりのサイズくらいです。空っぽのかごで何百も作ったのです。私はそれで、聖母マリアの庭を造ろうと思ってます。
湖の見える方角に祈り椅子を置ける場所をとって、ちいさなルルドをそのバスケットで作ろうと思ってます。


 ☆夕方5時ころ、白金より地下鉄に乗って四谷まで行き、聖パウロ書店で聖母マリア像を買いました。出会いがある気がして行ったのですが3階に「野外用」と書かれた「雪の聖母像」がありました。イエス様を抱かれていて、イエス様は6ヶ月くらいでしょうかやや大きい赤ちゃんです。
真っ白な気高い聖母で、お断りをして抱きかかえようとしたところビクともしなかったので。8月3日に神山まで届けてくれるように手配しました。コンビニでキャッシュにして送料が1万円でした。
そうですね。父の家の掃除をしていただく御礼の3ヶ月分くらいでしょうか?
3日には信濃町より建物の固定資産税の測量があるのですが、払える範囲だといいです。
5分くらいのところにコンビニがあって、働く人を募集してました。深夜だと時給1000円だそうです。早朝で800円らしい。払えそうもなかったら頑張ります。

 今日も新宿と代々木間で人身事故がありました。昨年より多いそうです。
そして男性のほうが女性よりも自殺者が多いそうです。
経済的な問題もあるそうですが、意外と山暮らしってお金がかからないんですよね。
友人のテレサさんは都会に住んでるのですが、生活費は1ヶ月1万円くらいだそうです。家さえあれば私も節約は可能だと思います。

 この間テレサさんと話していたときに、寄付や他人のためにお金をいつも使うといろいろな奇跡的なことがあるという話になりました。これは経験するしかないのですが、ほしいものがとても安く買えたりするんですよね。

☆昨日、新幹線の中で読んでいたのは松本清張の「黒皮の手帳」です。人間の賢さというのは知れていて因果応報のような結果がでる面白い物語です。人間の欲望はいろいろな手管を使っても知れたものだと私は思うんですよね。

人間には身の丈身の程という言葉があるように各自に許された範囲そのバランスが崩れたときに災いがある気がします
毎日、毎日神様は仕事を下さる結構忙しいのですが仕事というのは本人はわかるのです。

 そういえば、シンクロもたくさんあります。私は皮膚が弱いのでサンダルを履くと足がかぶれたり傷つくのですが、履き心地よい靴があったので、長野で買ったら「ラルシュ」っていうのですよね。それは(箱舟)の意味です。フランス語でね。


 黒姫童話館では、カレンダーを買おうと思ったのですが、季節がずいぶん過ぎたので4分の1くらいで買えました。「☆の王子さま」にしました。「銀河鉄道」も呼んでいたのですが、幸せって到達するとお星様のところに行くのかしらね。

 幸せを間逆にすると自殺ってことになるのかしらね。