July 31st, 2009

プチ・スタジオの引渡し無事に終わる!

 今日の2時に不動産屋さんが来て、プチ・スタジオのチェックをしました。しっかり掃除をしたので「きれいに使いましたね。」とお褒めの言葉があり、無事に2か月分の賃貸料がかえってくることになりました。これで中国の琴が買えます。そうですね。8年間くらい使ったでしょうか?何もなくなってみると不思議な感じです。

 その前に郵便局に行って釜が崎のホームレスさんたちの送金しました。やはり不運とか不公平がありますから、無視はできません。

 聖母像の花壇のための漏斗を買いにフレンチ雑貨のお店に行くことにして、その近隣の「パンの木」に電話をしました。無事に開店中なので井の頭線で「神泉」駅まで行き、雑貨を買いました。三角コーナーとか玄関のチャームとか!同じバラの模様のものがあったので聖母にはふさわしいでしょう。

 「パンの木」でスパゲッティとアイスティーを頼み、野尻湖に建てたい老人ホームの話しがでました。老後もそれほど遠くなくなったのでそんなことが実現できたらいいですね。

☆文化村で「騙し絵」の展示があったので観ました。
私はこうゆう遊び絵は大好きです。」古典的な西洋の作品はドイツやイタリアなどが盛んのようですが、アメリカでも近代はダリやエッシャーなどもいろいろな展開を見せているんですね。日本の浮世絵や掛け軸にも騙し絵はありました。
東急本店の地下で夕食の支度をすると8時ころでしたので紀伊国屋スーパーでも半額になっているものが多かったです。

 家に帰って今日のおやつは鮎の形をしたカステラやなつかしの佐久間ドロップで「蛍の墓」の絵が絵がかれてました。このアニメは娘が覚えていてドロップの間の中に石がころころと音がするんだよねというのでした。お骨の石なんですけど。戦争で栄養失調で亡くなった妹の石です。

 東急本店からのサーヴィスの渋谷駅行きのバスに乗ると映画館が見えました。看板に「破滅か祈りか?」とありました。みな、同じことを考えているのですよね。
祈り!
祈り!祈り!

神山で「祈り椅子」が待ってます。
 ガウディの設計したミラ邸にあったドール・ハウスの祈りの部屋にあった椅子。
ボストン中を探してなかった椅子がパリのノミの市であった椅子。そして被爆国の日本に運ばれた祈りの椅子。
 平和のために!人間の幸福のために作られた椅子。
 8月10日から11日間での神山での蚊帳教会に招かれたものは神山が呼んでいるものたちでしょうか?良き働き手となりたいものです。