August 1st, 2009

8月です!末広がりの8の字です!無限∞が立っても8になる!

 ますます素敵な夏です!
 辛いことがあったも本当にいいことが起こるための辛いことですよね。

 地図などの発送を始めてます。
 蚊帳の定員もあるし、不景気で交通費も厳しい方も用事がたくさんでお出かけ不可能の方も祈り参加してくださいね。

 イヴェントの中で歌を歌ってくれるAKIRAさんはアートも歌のCDも著作もたくさんあって、全国的にファンがいて毎日どこかでライブをされているそうです。




絶版になっている著作も多いですが熱狂的なファンに支えられていていろいろやられているそうです。


☆AKIRAさんを紹介くださったのは北海道の風舞さんです。
風舞さんは故クレア裕子さんのお友達で、「マリア・コード」を読まれたときに不思議な体験をなさったそうです。
 2007年10月27日の私のお誕生日に風舞さんが誕生日パーティをしてくださるとのことでした。それも小田原の足柄郡のMさんのおうちでです。
 その日は嵐で私も小田急で小田原まで駆けつけましたよ!
 Mさんと風舞さんのお子さんは北海道の木工のお勉強をする学校でご一緒なのでした。
 Mさんは癌の手術から退院なさったばかりでそのお祝いもかねたパーティでした。

 とても素敵なおうちで自宅なのですが、別荘のようなおうちでした。
 ものつくりのお好きな家族らしい作品が家のあちこちにありました。

 その私のバースディをかねたプレゼントがAKIRAのライブなのでした。
 AKIRAさんはご自分で作曲作詞なさって冠婚葬祭にも御呼ばれしていろいろな歌をうたいます。命の歌やママの歌も。
日光から遠いので驚かれてました。日光に住まわれているのですよね。48,9歳で独身です。
アンディ・ウォホールの奨学金でニューヨークでお勉強をしたり、ヨーロッパでも働きながら絵の学校へ行ったりです。

 日光でライブや個展をなさったときに、とても安く絵を売られていたので「惜しいなあ。」といったのを地元のおじさんが聞いていて「縷衣香さんは、AKIRAのマネージャーをやってあげたらいいじゃないですか?」といわれてしまいました。「それはできません。私は3人の老人を抱え、自分の発展途上国の画家ですから。」ファンは圧倒的に明さんのほうが多いのです。家族のことで足を引っ張られている私には時間もそうは多くない。

 しかし、ライブの企画くらいはできます。
 そんな縁でAKIRAさんにだいぶ前から話をしてきました。

 明さんは弱いものの味方でとても情のあるアーティストさんです。
これからの時代は一人勝ちの時代ではなくて皆が幸福に自己実現する時代ですよね。
きっと明さんおライブからエネルギーをたくさんもらえると思います。

 神山って不思議なきれいな山です。
皆の夢のような理想郷が神山から始まる気がします!