October 19th, 2009

雑踏の渋谷!人身事故で山手線止まる!

 「パンの木」のオーナーから電話。箸置きをあづけておいたあったそうだが、割れてしまったという。それで弁償をしてくれるとのこと。値段もなかったので幾らだったか忘れてしまった。でも、作品で売った人もいたので700円にした。2つで1400円。

 それで18日は渋谷に行くことにしたのだが、Yさんからのメールで近日会いたいとあったので、渋谷で1時に待ち合わせをした。そうして乗った山手線が人身事故で止まったのであった。日暮里でのこと。

 それで、待ち合わせに遅れてしまった。ごめんなさいね。
あとで、軽井沢で加藤和彦の自殺を知る。日本の現実が自殺から始まった!

☆「パンの木」で早速、コーヒーを飲みながら、それぞれの近況。
Yさんは自立したキューレーター。アート界はどしゃぶり不景気を余波を受けてどこも大変とか。
自分のペースで世の煩雑さから自由に作品を作る事が大切なのだけど、先立つものが要りますよね。
若い作家たちが生活におわれて大事な大学を出てからの何年かをアルバイトでつぶしてしまうのは勿体無いし、命取り。そんな若者たちへのスポンサー・システムを作ることなど提案してみましたが。

 Yさんは若いアーティストなどが国際的にも通用するホームページの作成を考えて翻訳などを含めたホームページ作りを始めたそうです。

 朝のお風呂がまずかったのか、少し悪寒がしてきました。
それでも6時ころまで長居してドライ・カレーなどもいただきました。
はやばやと「パンの木」のオーナーからはタンゴの歌のお誘いチケットをいただきました。S席で10000万円もするそうですがお誕生日プレゼントもかねていただきました。10月27日のチケットでお誕生日なんですよね。

☆それから東急本店の地下で娘の分とまぐろの江戸前を2折り買いました。
引き上げた絵本も重かったし風邪を引いた感じだったのでタクシーで自宅まで帰りました
 主人も帰ってきたので3人で夕飯を頂き、風薬を飲んではやばやと寝ました。一応、念のため、病院にいってきます!

病院で初診、4時間かかる。でも、インフルエンザではなくてどこモ悪くなかった!

 家のことをしてから、近くのNTTに着いたのが11時。
初診とのことで、いろいろ書き込んで呼吸器科に並んだのですが、時間がかかること!レントゲンを取って、呼吸器科の順番になったのが2時過ぎですね。お医者さんはレントゲンの結果を見て、「どこも悪くない。」と言う。
用心のためにインフルエンザの検査をしてもらう。鼻をこちょこちょして、これも待つこと45分で「インフルエンザではない。」という。
初診料やレントゲン、インフルエンザの検査と薬で1万円くらいかかりました。
 私は今朝、快適だったので自分の判断では大丈夫だったのですが、主人が「どうしてもインフルエンザの検査をしてこい。」とうるさいのです。
月刊誌を2冊購入し、お昼も途中で食べかえって疲れました。
帰りに写真屋で黄山の写真を焼き増し依頼をしました。
なんだか疲れたので、夕飯の支度をしてタクシーに乗ろうとしたら、おまわりさんが1台のタクシーを囲んで12000円の罰金を取ったそうです。今まで、東急で重い荷物を買った場合ずいぶん助かったところにとめていたのが悪かったそうです。寂しい世の中になってしまいました。

 ☆そう言えば、「大人の休日」から電話がありました。500円はもう会員になっているので現金書留で1ヶ月後に返してくれるそうです。
どこもかしこも無駄ばかりですね。

 今日は掃除をしたりアイロンかけをしたりゆったりと暮らすつもりです。