October 29th, 2009

元気なこれから!

 昨晩はオーチャード・ホールでタンゴを聴いた後で「パンの木」のオーナーのMさんと今、個展中の72歳の画家の話をコーヒー店でしたのが面白かったです。画家さんは42歳でご主人をなくされ息子さん2人を育てたのちに1人でイタリーやキューバーのアパートを借りて絵を描いてきたそうで、元気でたくましい方でした。
 タンゴは冴木杏奈という宝塚調の歌い方をする人でアルゼンチンでは高く評価されているようでした。寿美花代さんからの花輪がかざってありました。SS席ではじめてのオーチャード・ホールで演奏はアルゼンチンやフランスやベルギーの方たちだったそうです。フォルクローレという民族性の高い歌も歌われてました。

 黄山旅行と引き続き娘との強化合宿旅行の長野で荒れ果てた家の掃除を昨日からしておりますが、家事っていうのは気がつかないとすごい勢いでたまっていくのですね。改めて感心です!

☆昨晩から今朝のニュースで話題になっているのは千葉のかわいらしい大学生の殺人や34歳の女結婚詐欺師のことです。ころされたと思われる男性の方もブログに自分の婚前旅行のことまで書いているのですよね。4人の男性から8000万円近く騙し取っていたそうで、高級ホテルやレストランの紹介を詐欺の女性は自分のブログで書いていたそうです
 名門の料理学校で料理を学び、20数万円もするマンションを借り、ブランド・バッグを持ち高級外車に乗っていたそうで、普通にそのようなことを実現するのにはよほどのキャリア・ウーマンか相当のお嬢様でしょうが!
結婚詐欺で男から貢がせて、さらに殺して片付けてしまうというのは!!!

 もう6人殺されているそうです!

平凡な日々のしあわせ!

 NTTから貰ったおおよそ効き目のなかった薬が切れ、薬局にいつものMy風邪薬を買いに行きました!まだ、咳があるんですよね!
そうしたら、キンデンビルで働いてる中国語クラスの同級生のSちゃんとばったり!なんでも清泉の中国語クラスが6人になり、7人いないと来学期が閉鎖されるのだそうです。しかし、私は水曜日の父の家の掃除のあと、長野に行く習慣がこのごろ付いてしまって、木曜日の夜の中国語クラスには行かなくなってしまったのでした。そうですね、6月くらいから夏休みもあって5ヶ月くらい休んでるんですよね。

 ☆この間訪問した黄山のふもとの宏村の風景が使われたという「グリーン・ディストニィ」のDVDのお古を購入して観ました。これは400年前に作られた秘剣の名前で、その使い手として名の知られる英雄リー・ムーバイとその女弟子シューリン、貴族の娘のイェン、盗賊のかしらローの4人の争奪と恋の物語で貴族の娘はチャン・ツィイー、女弟子はミチェル・ヨーで第73回アカデミー賞で4部門受賞していて、チェロはヨーヨー・マで撮影と美術部門でも受賞しているくらい画面がきれいです。
格闘も美しいですね。アニメのように中国独特の切れ味のある剣使いです。そして竹の山が本当に美しい宏村ですが、竹のしないで飛ぶ剣の達人たちの動きもきれいでした。最初も最後も宏村の池のシーンで始まり終わります。
幾度でも観たいです。

 ☆今日の木曜日は5時半に友人のAさんと待ち合わせ、清泉女子大で何か学びたいそうで場所のご案内をします。それから、7時から有楽町の「クリエ」で「ガス人間第1号」を観にいきます。
中山エミリちゃんや、水野久美さんや南海キャンディーズの山里さん等のほか主題歌を歌う中村中さんが出て、面白そうです。

「ガス人間1号」は1960年に東宝特撮映画として公開された「ゴジラ」とならんで空想化学特撮映画の最高峰とされているそうです。映画では三橋達也さんや八千草薫さんが主演で円谷英二の特技監督だったそうですが、今回の演劇は後藤ひろひと脚色・演出です

 ☆さて、昨日の水曜日はいつものように父の家の掃除でした。父は90歳で元気です。この間は湯が原に2泊3日の旅行に行ったのですが、事前に行くというと反対されると思って日曜日に弟が行ったら、置手紙があって旅行に出かけますとあったそうで、苦笑してしまいますが相変わらず学生の脱走のようなことをやる父です。
水曜日は家にいたので、中国でかった小粒の胡桃を割って食べてました。長寿の胡桃という細長いのもあり。私が割っては手の平に載せたのですがおいしいけれど日本の胡桃より食べにくいというのが父の感想でした。
そんなわけで、水曜日は自宅と父の家の掃除で明け暮れたのでした。

☆☆☆
 皆様から贈ってくださったお菓子やお花や衣類などのおかげでずいぶん心温かく幸せなお誕生日後を迎えてます!
ピンクのバラにはラメが塗ってあって、お水を上手にやってるせいかぜんぜん枯れる感じがなく咲き誇ってますよ!
娘からはキャッシュで「何に使おうかな?」と贅沢な思案中です。
ケーキの詰め合わせも豪華でしたよね!毎日いろいろいただけてまだあるんですよ!ゴマ味とかオレンジ味とか家族3人で賞味させて貰ってます!
ありがとうさま!

 主人からはやはり蠍座なので共有してしまうおいしいものかな?
それと、今家族はとても平和なので何よりの幸せです。普通の暮らしなんですけどね。

★個人的に「34歳の詐欺女」に関心があります。
今日の新潮と文春によると、もう名も出てますが父親が自殺をしていて祖父も北海道の村の名士とのことです。
都会に出て、東洋大学に入って中退して何かを感じ何かを捨てたのでしょうか?セレブ日記のようなブログは人気があって、食べ物の取り寄せなどや贅沢な暮らしぶりは人気があったそうですが!

 いつも思うんですが、「セレブの暮らしって誰がしてるんでしょうか?」って思います。それでなくても「セレブ」向けの雑誌って売られてますから、憧れで買うのかそういうレベルの暮らしをしている人が実際いるのか私は今日まで生きていて本当にそんな暮らしをしている人ってお目にかかったことがないので「人殺し」や「詐欺」で埋め合わせた暮らしの貧困さにむしろ悲しさやさびしさを感じてしまいます。
家の隣は結構メジャーなイケメン俳優なんですが、昨日は自分でガレージで箒で掃除してましたから、実際には皆そんなところではないかと思うのですがね。

 それにしても純朴で真面目な暮らしをしてきた男の人たちって結構お金があって「俺俺詐欺」よりはるかに巨額なお金を結婚?のために出すのが驚きでした。私は結婚のときに何も出して貰わなかったですからね。

 ご家族の方たちも息子や兄弟の死がこのような形で迎えたのはなんともやりきれないでしょうね。この女性が人間らしい気持ちで自分がしたことの重さやむごさを恥じて貰いたいと思いますよ。牧師や僧たちの仕事でしょうけれど。

 でも、殺しまではいかないこの種の詐欺は結構あるでしょうね。この厳しい不況時代の閉塞した空気の中で何かが壊れた女性の虚栄というか欲望が何かうつろで世も末という感じです。つくづく平凡な暮らしに感謝があります。