November 3rd, 2009

文化の日!

 今朝は寒かったです。
 主人がいるので「お休みなの?」と訊いたら「文化の日」の休日なのでした。

 昼前から、「ユザワヤ」に出かけ、油絵の具と墨絵の道具など買って長野に届けてもらうように手配しました。それから、蒲田の東急でしょうゆラーメン京風をいただきました

☆深川ラボから手紙が来ていて、「中川晋介展」をやっているので清澄白河駅まで、JRで田町まで行き大江戸線に乗り換えてでかけました。
地下鉄駅から降りるとおしゃれなキッチン店があったので、お米とぎ器というものを買いました。長野では冷たい水に手をつけなくていいかもです。

 それから深川の「しぐれ佃煮」とこの間、好評だった手つくり自家製おでんの具とおだしやこんにゃくを買いました。3時前なのにすでに売り切れのものもあったので先に買ったのでした。

 次に通りに面した「深川ラボ」に行き、10分ほどの中川さんのアニメを3本見ました。映像というのは製作にずいぶん時間がかかるそうで、これは労作ですね。Tin Birdというやさしい感じの作品で一生やり続けてアニメがテレビでも放映される日が来るといいですね。アーティストはいつも大変そうでお疲れのように見えたのでした。

☆それからYANOMAKIに渡すものがあったので彼女の画廊に寄りました。YANOMAKIが留守だったので階下にできたばかりのコーヒー店でホット・コーヒーを飲みながらメッセージを書いてポストに投函しました。
それは来週の月曜日の1時からの帝劇のチケットが1枚あったので使ってもらいたかったのです。「ああ無情」です。私は昨年観たので。

 それから、現代美術館へ行って「レベッカ・ホルン展」に行きました。結構面白くて映像も5本くらいやっていたのですが、1ほんづつが長くて全部見るのには朝早くから来るべきだったのでした。1本は観ました。「ダンス・パートナー」というタイトルで双子の女性とか全盲の紳士とかバレリーナのこどもたちとか子供のころのおもちゃのたてピアノが出てきて、触角とか嗅覚とかいろいろ感じられてすし職人が来ておすしを握って食べさせてくれたり、双子の女性の1人が窓からニューヨークの町に落ちて死んでしまってそれがレベッカの姉妹とか言って「知らなかった?」と観客に呼びかけて終わりとか。実験的な試みでナイフとかピストルとか羽とか性とか。
カタログを買ったので、読んでからもう1度美術館に行って、全部の映像を観たい。

☆主人に電話をして「今日はおでんなので、ご飯を炊いておくように。」伝え、歩くのが嫌だったので菊地町までバス。菊地町から新宿線と大江戸線と浅草線を乗り継いで自宅まで帰ったのが6時20分くらいだったのだけど、ご飯を1合しか炊いてなかったので「今度からは2合炊くのよ」言ったのでした姑が佐世保旅行から帰ってきたので明太子を土産にくれました。それで、アサリ時雨は長野に持っていくことにして、みなで1膳づつ食べたのでした。

☆☆☆
 明日の水曜日はできるだけ父の家に早く行き、掃除を終えて明るいうちに野尻の家に着こうと思います。
中学・高校の同級生のNちゃんとできれば11月中に戸隠神社に行きたいので息子さんがアメリカから帰ってくる間は留守番ができるので留守ができるそうで一緒に行けたらと思ってますが。大工さんが入っているの留守番がいないとむずかしいらしい。

 それまではまじめに製作をするつもりです。昨日、娘が言うのにはママは掃除はがんばってもうまくないからアートに従事したほうがいいよというのです。主人も幸い「煩いから野尻に行って。」と言ってくれますので、わが環境に感謝です。

 11日はユリゲラーの講演会に行くので帰ってきますが。10日の火曜日には東京に帰っていると思います。
11日は水曜日ですのでユリゲラーの講演会が終わったら父の家の掃除に行く予定です。