January 22nd, 2010

不安になって!

 昨晩は眠れず、妙に興奮しまってMさんが「やっと連休がとれるので新年会でも。」といってくれて11時半に清澄白河で待ち合わせたものの、起きたら11時半をまわっていてびっくりしたのでした。すぐ携帯で1時間ほど遅れることを伝え無事お会いできたのでした。寛大なMさんは清澄公園を楽しんでくれたようですが。
 それから洋物のキッチン雑貨店でクッキー箱とおやつの缶を2箱家族のために買いました。ふたりで深川を散歩して「深川飯」をいただきました。

 「だるま展」を観てりんごジュースを飲んで、おでん屋でおでん、おしょうゆ煎餅の袋を買って、2人で有楽町まで行って「アバター」を観たのでした。メッセージは自然界をおびやかさないということでしょうか?娘と「ファイナルファンタジー13」をやっているので重なる部分もあります。

 疲労はあるけれど漠然とした不安は父のことかもしれません。まだ起き上がってはいなくて、歩いてはいないのですが元気は出てきて顔のあざはすこしづつ薄れています。これからは1人で散歩をさせないようにしなくてはならないし、場合によっては私も泊り込みかなとも思います。

 Mさんは「アバター」は2度目だそうですが、お付き合いしていただいたのでした。体力が持つかなと思ったのですがなんとか観れました。

 有楽町で夕飯をと思いましたが、意外といいお店が無いので品川で降りて
高輪の「フェリーチェ」という医食の有機栽培での野菜や無農薬に近い育て方のお肉などの夕食をいただきました。サラダも豚肉も稲庭のおうどんもおいしかったです。これからは娘もつれて近いので食べることにしましょう。

 それからMさんと別れて私は五反田に出て、まだあいていた本屋さんで本を2冊ほど買い、飲み物を調達して帰りました。

☆家族は私の不安を察知してやさしいのですが、クッキーはベルギーのクッキーで好評だったのでなんとなくいい1日を終えた感じです。

 父のことはショックですが、娘のアパート探しも始まりインターネットで調べ始めて2人で旅行がてら決めなくてはならない日も近づいて、なんとなかんとか言っても家族に感謝、家族に支えられていきているのだなあと思うのでした。

☆今年はドイツの10年に1度の受難劇のみに行く巡礼ツアーのお誘いが着てますが、57万円だそうでパスです。今は心のあり方がもっとも巡礼なのですよね。