February 17th, 2010

ウルトラ・プチ・スタジオの解約書を出した!

 今日は寒い。夕方は雪。
 髪を洗いながら自然乾燥をすると風邪をひきそうなのでドライヤーを使う。

 お昼はグラタンを食べて、巴不動産に「解約書」を持っていく。3月31日までにして、長野の雪具合を見て荷物を送ることにする。途中、料理教室の下準備を先生がしていたので、教室に入って雑談をする。キューピー・マヨネーズの「5分?3分クッキング」に出ていた葛西先生と小森先生は教室の上に住み、その隣には友人になったカップルが住んでいるのだ。小森先生は姑とピンポンで一緒だったらしい。みな、60代なので隠居の気分だ。

 都営地下鉄の浅草線で東銀座まで行く。銀座三越で今日からバーゲンだとあったので、つい8階までエレベーターに乗る。こうもり傘が欲しかったのだが、ロベルタの黒のかさが3000円でとてもきれい。イタリアのデザイナーの黄緑のパジャマが3000円。靴が7000円で日本製。普通は2万円位するブランドだそうだ。カードで買おうとしたら長蛇の列で階段の下までつづいている。品物を投げ出して帰ろうとしたら、隣に並んでいるおばさんたちの気立てのよさで雑談してしまう。「今日は10時からこれなかったのよ。障害のある子にお茶を10時にのませないといけなかったんだわ。」「88歳のおばさんに明るめのチョッキを買って、私のほうは濃い茶色。」といって買うものを見せてくれる。とにかく私を含め、おばさんたちがたくさんの戦利品を持っている。私の持っているものもほめてくれる。「いいわ。その傘!そのパジャマもほしいわ。」といわれると待っているのも苦痛でなくなった。地下の「たねや」で和菓子、「ヨハン」で食パン、大根と水名のサラダ200グラムを買って、有楽町駅で「グリーン・ジャンボ」の宝くじを買った。ホームレスさんと目があったので「ビッグ・イッシュー」の出たばかりのを買う。五反田駅でいつも「ビッグ・イッシュー」を買っているおじさんがいたので「ごめんね。有楽町で買っちゃった。」といったら、古いので買ってないのを買ってよ。今日は1冊も売れてないんだ。」というので、200円のを1冊買った。「大阪は商売にはきついから、ビッグ・イッシューは東京のほうが売れる。東京の人のほうが優しいよ。」という。

 家に帰って、今日はね。里芋、油上げ、大根のお味噌汁。にんじん、しいたけ、鶏肉、油揚げの火薬飯。ぶりの照り焼き。そして、三越で買ったサラダ。新じゃがの塩茹で。素朴が一番。娘と食べる。彼女も引越しをするので「ヤマト運輸」にダンボールを12号サイズ10枚と10号サイズ6枚頼む。明日に届けてくれるそうですが、時間はわからないという。

☆☆☆☆☆
 今日のショックは80代のお母さんの介護をしていた40代後半の娘さんの自殺だ。船越英二さんの娘さんで湯河原で旅館を経営されていたようだ。テレビによく出ているお兄さんの船越英一郎さんは妹に母親の介護を任せて追い込んでしまったことに罪悪感を持っているという。両親は俳優で英一郎さんの喘息を治すために越した空気のよいところに旅館をたていくいくは英一郎さんに経営を任せるつもりだったようだ。しかし、英一郎さんは俳優になり、妹さんが20歳のころから旅館経営を託されて、上手に切り盛りさせ繁盛させていた。着物のきつけやお茶や華道、料理、経営も勉強され資格を取った。

 英一郎さんがバツ1、子連れの松居一代さんと結婚したことで、両親との関係が悪くなり仲のいい妹さんの苦しみはいっそうだったらしい。派手な結婚式にも両親は参列しなかった。松居さんは掃除や料理の達人で子供のアトピーもなくす努力家だ。でも、彼女がテレビに出れば出るほど不快なひともいたのだった。

 バツ一の女性だって、子連れだって結婚して幸せになる権利があるのだけれど、古い価値観で慎みのある船越英一郎さんの妹さんの気持ちもわかる。
本当にやりたかったことを家族のために犠牲にしての旅館経営だったそうだ。ご主人もつらいし、残された80代の母親も車椅子生活ながらつらかっただろう。

☆今日、歩いていたらお寺に「陰徳あれば陽報あり」の易経の言葉が書いてあった。自分のエゴが先が人の気持ちが先か?
妹さんは他人の気持ちを優先させながら疲労して鬱病になった。
お兄さんが看るべく両親の世話をしながら、旅館まで経営して疲れ果ててしまった。

 そういえば、今日4月の「アイルランド巡礼」の案内が届いた。世界ボランティア会議のあるアイルランドに行きたいと思ったが、2012年の秋なので、今年のほうがいいかもしれない。

 私の父親は90歳になるけれど、「体調の悪い日はこなくてもいいよ。」と私のお掃除の負担を軽く軽くしようとしている人。その心がわかるので、実家に帰るときは帰って心が軽くなる。
でも、人間のタイプで他人になるべく楽をさせないように頼む人もいる。
鬱病での自殺は男性の倍、女性が多いそうだ。
基本は「おもいやり」だ。

☆ダンボールが届いたのでパッキングを始めます。
後におわけできるものを写真でお見せしますね!