March 1st, 2010

霧の神山から帰る!

 木曜日の4時ころに神山コテージに着きました。荷物が多かったのでタクシーでいきましたが、道が凍っていて正解でした。私のコテージの雪はまだ2メートルくらいあり、電話で未亡人にP君に雪かきを頼むように依頼しておいたので家に入れました。
 雛菓子などを未亡人に渡すために裏の家に行きました。おいしそうだったので買ったオレンジのパイもホールまま渡しておきました。

 金曜日は11時ころにヤマト運輸から17個の荷物が届き半分ほどかたづけているとP君がお昼にどこか行こうといっているそうで12時に未亡人の家に行きました。3人で古間のスーパーや薬局に行き、浄化槽のお金もセブン・イレブンから振り込むことができました。樹香の新しい店でおそばを食べて、「道の駅」でとろろ芋など買っていると、オリンピックで浅田まおちゃんが演技をしているところで3箇所くらいミスってみなでため息をしてました。それから、未亡人のところでオレンジ・パイをみなで食べたりして5時前には帰りました。
  スタジオの荷物分が増えたので家中の家具を動かして収納をしました。
  17個のダンボールを片付けてきました。
 
 弟に電話をしてダンボールを17個送るので受け取ってほしい。ママの人形を全部長野に運ぶと伝えました。工夫をすれば収納できそうになったのです。
父も自分のオフィスの中国家具を片付けるといっているので、いよいよ建物が消えるのかもしれません。


 毎日、掃除と片付けでしたがなんとか片付いてちょっと優雅にお食事もできました。
今朝の食事はシチューに竜舌蘭の蜜とコーヒーにパンです。

 片付けてると手つくりのお雛様もでてきたのでかざりました。



雪が降ってきたのでお雛様を動かしてストーブに1日中シチューのなべをのせてました。
日曜日の夜は未亡人に呼ばれ、焼肉と日本の家庭料理をいただきました。P君からはりんごとポンカンとゼリー。たくさんいただいたので帰りのカートに入れて持ち帰りました。

 今回の読書は「1Q84」村上春樹です。面白かったです。2冊とも読み終えました。未亡人とは俳句の本を交換し合って読みました。

 窓から外はきれいな雪景色です。でも春の訪れが感じられます。
木々の葉が鮮やかで鳥の鳴く声が春らしく!

月曜日はお洗濯と拭き掃除をして3時1分の信越線で帰りました。
明日からは自宅と父の家とウルトラ・プチ・スタジオの掃除・片付けと娘の引越しの手伝いです。
コテージは17個分のものが増えたのでもう1度コーディネートをしなおしました。