March 24th, 2010

ついに最後の宅配便の分が発送!

お部屋は一見空ですが、


押入れとお風呂の湯船の中に本があります。



本は重いので体を痛めない範囲だと四日間要りそうなので、今日は雨なのと父の家の掃除なのでやや断念して、日曜日、月曜日、火曜日、水曜日で終えたいと思います。

☆昨晩は現金がなかったので佐川宅配便が来るまでにキャッシングが必要とプレッシャーがかかり、二時間しか眠れませんでした。それで午前中に二度目に二時間寝て、佐川便に電話をしてきてくれる時間を一二時から一時と決めて待機していたのでした。

 長野は雪。
 昨晩、未亡人に木曜日に行く制定で雪かきをお願いしたのでした。

一時少し前に佐川便が来て一六個の荷物を出したのですが、今回は2万4千円かかりました。この間の分が一七個で1万円だったので調整されたのでしょう。つまり三三個で3万4千円で約一個一〇〇〇円です。


☆今ご飯を炊いてますので夕飯の支度をして出かけましょう。もちろん父の家の掃除の日で、未亡人やP君へのおやつは何がいいかなと考えているところです。

☆☆☆昨晩は娘が帰ってきましたが、ダイヤの乱れで節約はできなかったようです。
でも、家族がそろうと温かいです。
不安はあるようですが、一人暮らしの料理などいろいろ考えて調べているようです。

 私は眠いです。
でも、歌手の綾戸智恵さんが精神安定剤を飲んで疲れすぎていて効果がなかったようですので、疲労というのは怖いですね。
それで三時ころに家を出ることにしてそれまではくだくだしてようと思います。

★昨日は都立大学戸学芸大学の間で人身事故があったようです。近いところなので特にせつなくなりました。

 この間の日経新聞で、女性たちのかけ込寺である組織が資金不足や人材不足で閉鎖が多いとありました。DVDで逃げてきた人をかくまる部屋も変えなくてはならずなかなか資金もいるそうです。

 私も昔、コンピューターを習っているときに、同じ部屋で習っていた人が帰りにドアのところで待ち合わせしていて、やくざに追われているというのでスタジオにかくまったことがあります。おふとんも東急で買ってスタジオに届けたのですが、彼女は結局は築地のほうでマンションを借りたのでした。
こういう女性の話にはわからないところがあるのです。「昨年まで16億の家に住んでいた。子供三人はイギリスに留学中で自立している。」「主人は悪い女に騙されてでていったきり帰ってこない。16億の家がブルトーザーでいきなり壊されて自分は家をでるようになった。数1千万の宝石を売って暮らしているがヤクザに追われている。」とのことでした。
 着ているものも持っているものもそんないいものには思えず、待ち合わせに指定するコーヒー屋も庶民的なところで、いつも「世界の一流ホテル」のガイドブックを持っていて、「家族でここにも泊まった。あそこにも泊まった。」というのです。「そんないい暮らしをしていたのならご主人と共通の奥様フレンドもいるでしょう?相談にのっていただけば?」「誰もいない。」とうのです。

 最後は「パーティに呼んでほしい。」とか「豊かなお友達を紹介してほしい。」とかいう感じでしたが、現実に困った人を助けるということがいかに難しいか想像がつきます。

 そんなことでシェルター経営の困難は予測できます。