July 3rd, 2010

ようやくイギリスからの荷物が届きました!

 4月19日ころでした荷物です。ロンドンの飛行場近くの町から。
70日以上かかるのですね。船便でしたから(アイスランド爆発で飛行機がいつ飛ぶかわからなかったので)4月19日に日本に帰国する予定だったアイルランド旅行がアイスランドの火山のために飛行機が飛べなくなり、ロンドンに足止めされていたときに郵便局から送ったもの。

 



 忘れていたのですがいろいろ入ってました。
 「ノアの方舟」のオルゴール!


 アイルランドの聖人「聖パトリック」の絵本やグッズです!


 お土産のネクタイ、にわとりの水差し、帽子。


 TシャツとケルトのアイリッシュダンスのCD。


 地図やガイドブック。


 友人へのあ誕生日プレゼント!



☆「ノックの聖母」


☆☆☆
 昨晩は私より30分ほど遅れ主人が帰ってきました。
ご飯が炊いてあったので2人で夕食を。

 WWEを観たり、サッカーを観ながら家事をしていたのですが、ふとチャンネルを回したときにある番組になりました。

 顔に痣のある青年が何か立ち上げたようです。
子供のころからの写真が数枚あり、顔のほぼ半分が赤い痣で覆ってました。

 お父さんが出てきて、「本人は何かあったのであろうけど、愚痴や嫌なことを1度も言ったことはない。強いのだと思う。」とコメント。

 次に青年になった本人が出てきて、
「顔の痣は自分が気にしてないと、相手にもそれが伝わり気にならなくなり、普通に対応してくれる。」

 私は凄いなと思った。

 生まれながらのハンデ(だと思う)を選んで生まれてきた強い魂。

 道を歩いていても、別に美しくなくても屈託なく歩いている人や外見にハンデが見えても堂々としている人を見て、神々しく思えるのだ。

☆世界中のテレビの人気番組の紹介番組があって、文化を知れるとても楽しい番組だった。

 その中でフランスのナンバー1番組が「天使の相談」のようなタイトルの番組で長寿番組。
この天使役の女性が有名な俳優で、子供のころからの写真が出ていたが、下半身の発達が遅れていて普通に立つと半分くらいの身長の人なのだけど、明るく美しい。

 この天使がいろいろな悩みを付き合ってくれると言うか励ましてくれるそうだが、フランス人はなかなか健全なのだと思った。

 彼女には何の曇りもないのだ。
明るくて白く輝いている。
多くの人に希望を与えてくれるだろう。

 他の世界の番組もやはり視聴者の参加や夢をかなえてくれるようなものや、ドキュメントや冗談のあるコメディなんかも好かれているようだ。

 知らないと言うことは怖い。アフリカのケニアの番組など実にいいのだ。

☆ガーナとウルグアイのサッカーの戦い。根拠なくガーナに肩入れしてしまった。
黒い人の美しさや身体能力の高さにほれぼれとしてしまう。
ウルグアイも40年ぶりの4強とかで悲願。
PK戦でウルグアイが勝ちましたが。

 スポーツ選手は体を使うからかやはり爽やかでいいな!

★中国人労働者の過労死。弱い者いじめは本当に不愉快。

 日本のお家芸の相撲も健康にフェアにお相撲さんの裁きがありますようにと願う。

☆☆☆☆☆
南アW杯:本田 ギャラ600万円のスマスマ出演を断る

 W杯で時の人となった日本代表の本田のもとには、テレビや雑誌などの取材が100本近く殺到したが、すべて断りを入れた。

 その中にはフジテレビの人気番組「SAMP×SMAP」(月曜午後10・00)で人気ゲストが登場するビストロSMAPのオファーもあり「フジテレビが提示したギャラは600万円」(関係者)と超破格な待遇にもかかわらず、出演を断った。日本滞在中のスケジュールは最小限に抑え、週明けにもロシアに戻り、10日に再開するロシア・リーグのサトゥルン戦(ホーム)に出場する予定だ。(スポニチ)

縷衣香記
 偉いね。
 こういう心にブレーキがきちんとできないと誘惑だらけの社会だと思う。

 人生は少なくても今生は1度きり。

 毎日、毎日自分の行動を選択できるのだ。

 そして、魂の結果は公平に因果応報になると思う。

 自分だってそんなに自慢できるような生き方はしてないけれど、できる「いいこと」はしたいと思う。

 昨日も東急線に乗っているときに「人身事故」のテロップが出ていた。

 人生には自分が悪くなくても落とし穴に突き落とされることもあるだろう。また、どうしても修復不可能な失敗もあるかもしれない。

 私だってそんなに強くない。昨日だって東急本店に行くとね。綺麗に着飾った美しい婦人たちを観ると、自分磨きに力を入れている人たちのほうが正しいのかなと思ってしまう。

 だれでも、身の丈に応じた暮らしの中で、するべきことをするしかない。

 そして、せめて自分の周囲のひとは幸福であってほしい。そのために骨を多少はおる。

 みなが、生きることに絶望せずしあわせを感じることができますように!

 感謝!

のんびり!

 今日は東京はくもり空。

 郵便ポストまで行くとどこの家もお花がきれいでした。雨の季節は緑が映えて少しうっとうしいシーズンですが目にはいいようです。

 特に買い物もせず、そうめんをゆでて食べたり、杏をかじってサッカーをみてました。

 スペイン対ポルトガルです。スペインが勝ちましたね。

☆弟と話していたのですが、父がベッドで寝なくなりソファで休んでいるので(その方がトイレに近い)ベッドのシーツ替えも必要なく、軽いタオルケットを替えているという。寝室は冷房が利かないので夏中はソファに寝ると言う。

 私も来週の水曜日は用事で行けないので、おいしいものを持って明日にでも父の顔を観に行こうと思う。

☆昨日、出かけ始めて気がついたのは夏服がまるでないこと。
 それでシンプルなTシャツなど買ったのだが、皮肉なことにアイルランドのトリニテ大学の購買部でバーゲンで買ったTシャツが2枚届いた。古いものはヨレヨレしているので絵を描くようにしているのだが。

 明日は金曜日に浄化槽のチェックがあるというので行く黒姫で使う粘土や筆などをかまたの「ユザワヤ」で買い物をするつもりだ。

 これからは水曜日にこだわらず父の家に行くことになると思う。
 出費が続き(浄化槽チェックが12000円でグリーン・クラブの会費が5000円弱)、新幹線代も少しでも節約して絵を描かなければならない。

 7月7日は友人の新曲発表のパーティ。
 7月31日は新高輪ホテルで古琴と二胡の演奏会があり、「宇津保物語」絵本も紹介したいから来てほしいとのことだ。

 昨年の7月10日にコテージの鍵渡しがあったので、ようやく1年目なのだけど、ずいぶんコテージって物入りです。
この間の34万円とかの税金も毎年支払うようです。
新幹線代や電気・水道・管理費などで月8万円はかかっているようです。

 ☆当分、新しい建築物は建てられません。
また、古いものを買うのには200万円くらいで買えるそうですが、修理や維持費に結構かかるようです。ですからギリギリの予算だと苦しいでしょうね。

 私もアートという職業柄、当てにできない収入だらけなので極々質素に生きてます。

 心ゆたかに生きるのにはそれで十分な気もします!!!

☆今、娘から電話があった。この間送った部屋着や下着やお寝間着などのことだ。
 今まで彼女が着ていた普段着がボロボロになったので、私が絵の具拭きにすることにしたので新しいのを買ったわけだ。

 娘と仕事に関して話した。

 私の仕事は本気になれば、家庭がめちゃめちゃになるような過激な仕事だ。
だから、若い時は独身でいようと思ったし、普通の仕事のように簡単にエネルギー・コントロールができない仕事だ。

 私の性格上、人と並んで仕事に集中できない。
本気で仕事をするときは、他人が簡単に入ってきてもらったり遊びながらというのができない。

 でも、中には器用に雑談しながら仕事をする作家もいる。

 私が一番大変だった頃は、結婚してなかったし、娘が幼いころは彼女の記憶に残ってないので、私が仕事をしている姿は見たことがないはずだ。

 だから、彼女はとても楽そうに仕事をしていると見ているようだ。

 でも、世間で仕事と言うのは利益を得なければならず、私はその点ではとても生産性が高い人なのだ。しかし、彼女はそれを見たこともない。

 時代のせいか、娘は「専業主婦」でいられる時代は自分の時代には無いと言う。

 私的に言えば、結婚生活のためにどれほど仕事を犠牲にしてきたことか。

 別に恩に着せない性格なのだけど、バリバリ本気で仕事をしたら不器用な私は家庭を壊してしまうだろう。

 ま、ともかく。
 娘には今、ママの頭には8月11日の「ゆりかごと蚊帳教会」インスタレーションのために歌手を探したり、ボランティアを確認したりポスター準備をしたりの仕事があると説明。

 この大不況のおかげで、つい最近までは「結婚してやった」と思いがちであったが、「結婚してくれたありがとう」の気持ちになったと伝えたら、娘はゲラゲラと笑っていた。

 ママも一応働いているんですがね。
 主人も娘もお絵描きして遊んでいると思っているんですよ・

 あの平山郁夫画伯ですら、子供に「うちのお父さんは毎日、絵を描いて遊んでます。」と日記に書いていたと言うから、仕方ないですね。

 ゴッホもテオが送金月10万円くらいでしたっけ?結婚して送金できなくなったときに悲劇の自殺と言う説もあります。

 別に私風情はゴッホと比べる必要はないのですが、絵描きって本物になればなるほどすぐには認められないのが定説ですから、みな地獄のような体験を生きていたのですね。

 自分もなんとなく1人前でない気がいつもします。
 アウトサイダーです。