July 13th, 2010

シスター・スマイルのこと!



Sœur Sourire
Un article de Wikipédia, l'encyclopédie libre.
Aller à : Navigation, rechercher
Sœur Sourire
Soeur sourire.png
Caricature de Sœur Sourire dessinée par J-N Lafargue.
Alias Sœur Luc-Gabriel
Luc Dominique
The Singing Nun
Nom Jeanne-Paule Marie Deckers
Naissance 17 octobre 1933
Bruxelles Belgique Belgique
Décès 29 mars 1985 (51 ans)
Wavre Belgique Belgique
Professions Religieuse
Chanteuse
Genres Chanson populaire
Instruments Guitare
Années actives 1963-1985
Labels Philips

Jeanne-Paule Marie (dite Jeanine) Deckers, en religion Sœur Luc-Gabriel, de son nom de scène Sœur Sourire (The Singing Nun en anglais), puis Luc Dominique, née le 17 octobre 1933 à Bruxelles[1] et morte à Wavre le 29 mars 1985, est une religieuse et chanteuse belge des années 1960.

Entrée chez les dominicaines en 1959, elle connaît un succès mondial en 1963 avec la chanson Dominique qu'elle écrit, compose et interprète au profit de son ordre.

Ayant renoncé à la vie religieuse, poursuivie par l'administration fiscale belge, elle finit par se suicider de désespoir avec sa compagne en 1985.
Sommaire
[masquer]

* 1 Biographie
* 2 Un succès mondial
* 3 Une seconde carrière
* 4 Un destin tragique
* 5 Ses publications
* 6 Adaptation cinématographique
* 7 Notes et références
* 8 Bibliographie
* 9 Voir aussi

Biographie [modifier]

Jeanine Deckers est née à Bruxelles le 17 octobre 1933. Elle connaît une enfance et une jeunesse qu'elle décrit comme mornes, puis tente de devenir professeur de dessin sans y parvenir.

Cherchant sa voie pour fuir l'autorité de sa mère, elle entre dans l'ordre catholique des dominicains en 1959, où elle devient Sœur Luc-Gabriel au couvent de Fichermont, à Waterloo. Très vite, elle se fait apprécier des autres sœurs du couvent pour ses compositions musicales.

Sa hiérarchie décide de lui faire enregistrer un disque et négocie un contrat avec Philips. Ni son nom, ni son image n'apparaîtront sur les pochettes. Le pseudonyme Sœur Sourire, lui-même, dont elle dira plus tard qu'elle le trouvait ridicule, est choisi par un panel d'auditeurs-test ; il reste la propriété des contractants : son éditeur et son couvent. Les droits normalement dévolus à l'auteur-compositeur-chanteur reviennent au couvent. En vertu de ses vœux de pauvreté et d'obéissance, Jeanine signe.
Un succès mondial [modifier]

La chanson Dominique, dédiée à Dominique de Guzmán, fondateur de l'ordre dominicain dont elle fait partie, obtient un succès mondial. La fraîcheur de sa voix et de ses textes, la simplicité apparente de sa foi lui attirent la sympathie d'un public qui ne se limite pas aux catholiques.

« Dominique-nique-nique s'en allait tout simplement,

Routier pauvre et chantant.
En tous chemins, en tous lieux, il ne parl'que du Bon Dieu,
Il ne parl'que du Bon Dieu. »

Son anonymat excite la curiosité de la presse et la rumeur lui prête une beauté proportionnelle à la pureté de son âme. Pendant tout le mois de décembre 1963, The Singing Nun est no 1 au Billboard Hot 100, le principal hit-parade national américain et, l'année suivante, Sœur Sourire passe au Ed Sullivan Show — ou, plus exactement, c'est Ed Sullivan lui-même et son équipe qui se déplacent au couvent de Fichermont. En 1966, un film américain, Dominique (The Singing Nun), est consacré à son histoire avec Debbie Reynolds dans le rôle-titre. L'actrice n'a que peu de ressemblance physique avec son modèle, dont le visage reste inconnu du plus grand nombre.

À cette époque, Jeanine Deckers reprend les études et essaie, à grand peine, comme en témoigne son journal, de s'intéresser à la théologie en suivant des cours à l'Université catholique de Louvain. C'est peut-être cette parenthèse estudiantine qui l'amène à s'interroger sur le sens de sa vie. En juillet 1966, convaincue de son absence de vocation, et considérant la vie au couvent comme anachronique, elle quitte les ordres sans le moindre viatique.

La postérité avait oublié assez vite la face B du célèbre 45 tours : Les Pieds des missionnaires, et encore plus les titres du disque suivant : Une fleur ou Cœur de Dieu.
Une seconde carrière [modifier]

Un contrat avec sa maison de disques lui interdit désormais d'utiliser le pseudonyme qui l'avait rendue célèbre. C'est sous le nom de Luc Dominique que Jeanine tente de poursuivre sa carrière avec des chansons comme La Pilule d'or, en 1967, qui est une ode à la pilule contraceptive. Elle écrit à cette époque des titres plutôt musclés par lesquels elle s'en prend aux mères, aux hommes (qu'elle juge violents et dominateurs), à l'Église catholique et au conservatisme (Les Con-conservateurs). Elle se passionne pour les nouvelles approches de la théologie (entre Vatican II et Mai 1968), cherche à inventer pour elle-même et pour sa compagne une nouvelle voie religieuse, qui se situe entre la vie régulière et la vie séculière. Elle refuse par ailleurs à l'époque de se considérer comme homosexuelle.

Le succès de ses disques, très modeste, donne raison à un de ses titres de l'époque, Je ne suis pas une vedette.

Dans la chanson Luc Dominique, elle explique que Sœur Sourire est morte[2] :

« Elle est morte, Sœur Sourire,
Elle est morte, il était temps. »

Son niveau de vie, très irrégulier, est néanmoins suffisant : elle tire ses revenus dans ses écrits, ses disques, des cours de guitare ou encore un travail auprès d'enfants autistes (notamment). Ses problèmes avec l'administration fiscale transformeront cette situation précaire en un drame complet.

En 1976, elle tente un come-back aux États-Unis, mais elle n'intéresse plus personne.

En 1981, elle participe à la sortie de la version remixée de son tube Dominique pour le label Scalp Records dirigé par Gilles Verlant.
Un destin tragique [modifier]
Sœur Sourire (Jeanne Deckers) et sa compagne Annie Pécher sont enterrées ensemble au cimetière de Wavre.

Les services fiscaux belges réclament alors à Jeanine Deckers les fortunes qu'aurait dû lui rapporter Sœur Sourire. Ils restent sourds à ses protestations. Elle fit appel à son ancien couvent et à son ancienne maison de production Philips. Les sœurs lui donnaient ce qu’elles estimaient être sa part. Philips, qui touchait les plus gros dividendes (95 % du total, le reste au couvent) ne l’a jamais aidée, tandis que les religieuses se sont montrées généreuses, l'ayant notamment aidée à acquérir son appartement de Wavre, à la condition qu’elle cesse de dénigrer la congrégation et qu’elle signe un document selon lequel la congrégation ne lui devait plus rien, ce qu’elle fit.

Confrontée à une dette monstrueuse (et les intérêts accumulés), Jeanine et sa compagne, Annie Pécher, thérapeute d'enfants autistes, sombrent dans une dépression que l'alcool et les médicaments ne font qu'aggraver. Toutes deux finissent par se suicider ensemble le 29 mars 1985.

Ironie du sort, le jour de son suicide, et à son insu, la SABAM avait récolté 571 658 francs belges, soit largement plus que sa dette de 99 000 francs belges.
Ses publications [modifier]

* 1968 : Vivre sa vérité, sous le pseudonyme Luc Dominique, Paris, Desclée

Adaptation cinématographique [modifier]

Deux films biographiques ont retracé la vie de Sœur Sourire :

* en 1966, Dominique (The Singing Nun), film américain d'Henry Koster, sorti alors qu'elle connaissait encore le succès, avec Debbie Reynolds dans le rôle titre ;
* en 2009, Sœur Sourire, film franco-belge de Stijn Coninx, sorti 24 ans après sa mort, où elle est incarnée par Cécile de France.

Notes et références [modifier]

1. ↑ Éliane Gubin (dir.), Catherine Jacques (dir.), Valérie Piette (dir.), Jean Puissant (dir.), Marie-Sylvie Dupont-Bouchat (dir.) et Jean-Pierre Nandrin (dir.), Dictionnaire des femmes belges : XIXe et XXe siècles, Racine, 2006, 637 p. (ISBN 2-87386-434-6), « Deckers Jeanne Paule », p. 145–146 .
2. ↑ Sœur Sourire [archive] le 4 janvier 1968 dans l'émission de télévision Carrefour sur la TSR : elle s'exprime et chante sous son pseudonyme Luc Dominique.

Bibliographie [modifier]

* (fr) Florence Delaporte, Sœur Sourire, brûlée aux feux de la rampe, Plon, Paris, 1996 (ISBN 2-259-18412-X)
* (nl) Luc Maddelein et Leen van den Berg, Sœur Sourire. Zie me graag, Davidsfonds, Louvain, 2005 (ISBN 90-5826-330-4)
* (fr) Luc Maddelein et Leen van den Berg, Sœur Sourire : Journal d'une tragédie, Luc Pire, Bruxelles, 2005 (ISBN 2-87415-483-0) [présentation en ligne]
* (en) D.A. Chadwick et Florence Delaporte, Music from the Soul: The Singing Nun Story, PublishAmerica, 2005 (ISBN 1-4137-5076-1)
* (fr) Claire Guezengar, Sister Sourire : Une pure tragédie, Léo Scheer, Paris, 2009 (ISBN 978-2-7561-0161-3) [présentation en ligne]
* (fr) Catherine Sauvat, Sœur Sourire, Jean-Claude Gawsewitch, Paris, 2009 (ISBN 978-2-3501-3168-9)

Voir aussi [modifier]

* Marie-Claire Pichaud
* Père A-M. Cocagnac
* Père Duval
* Jean-Claude Gianadda

* Portail de la musique Portail de la musique
* Portail de la Belgique Portail de la Belgique

Ce document provient de « http://fr.wikipedia.org/wiki/S%C5%93ur_Sourire ».
Catégories : Chanteuse belge | Naissance en 1933 | Décès en 1985 | Décès par suicide | Dominicain belge | Nom de scène | Chanteur chrétien | [+]

1日の務め!

☆もう粘土がなくなりました!

 白い方が新幹線の中で作った方で、グレーの方が深夜作ったほうです。
かわいて冷たさがなくなったら素焼きにかけられます。
東京にいても仕事が続けられるのはいいですね。
でも、粘土を買いたさねばならなくなりました。

☆ 届いていた「8月の聖母の騎士」を読んでました。
印象に残ったのは、
子供をそれぞれ25歳、26歳で自死で亡くされた母親たちが長崎のルルドを訪問されたようです。

 そしてフランスにかつて出現されたポンマンの1871年「希望の聖母」のお話。

ポンマンの聖母出現

 1858年のルルドの出来事と比較すると、ポンマンの聖母出現ははるかに地味な出来事であった。その後の巡礼の規模もルルドの十分の一以下(年間10-30万人)である。ポンマンは、ノルマンディとブルターニュにかこまれたロワール地方マイエンヌに属する人口2239名(1979年)の村落。1871年当時は15軒ほどの家とおよそ80名の住民からなる小集落にすぎなかった。普仏戦争(1870年/7月-1871年/1月)の波が徐々にこの地方を脅かしはじめていた同年1月17日の夕刻、この村の空に不思議な出来事が生じた。数人の子供たちの目に天空の「蒼い服の女性」が3時間にわたって出現し、無言のまま文字によるメッセージを伝えたのである。

 初めに空の異変に気がついたのは、バルブデッド家のユジェーヌ(1858-1927 当時12歳)だった。日課である馬の世話を父セザールと弟ジョセフ(1860-1930 当時10歳)の3人でしていたところ、知人が戦地の知らせを持って納屋を訪れた。異父兄弟のオーギュスト・フリトーは戦地にあり、その安否がバルブデット家の心配の種になっていた。話の最中にユジェーヌは、1週間ほど前に付近一帯をおおいつくしたオーロラ現象(1・11)を思い起こして、雪一面の外に出て見たという。すると不思議なものが見えた。道路をはさんで納屋の向かいにあるギドコック家の上約6メートルのところに、金の星をちりばめた蒼色の服があり、美しい婦人が両手を下げ加減に広げて迎えるしぐさで微笑んでいる。月はないが星は出ていた。四半時もたって弟のジョセフがこれに加わって、やはり見えるという。ところが納屋からジョセフと出てきた父親には何も見えない。母屋から呼ばれてきた母ヴィクトワールにも見えない。「きれいだよ。きれいだよ」と繰り返しながら手をうつジョセフを制止すると、母親は子供らを納屋に追返してしまった。 
 以上がことの発端だった。この段階では、「証人」はバルブデッド家の4人に限られる。納屋の仕事をかたずけ終わってから母屋で夕食を済ませ、再び納屋に戻ると「前のままだ」と子供たちがいう。「シスター・ヴィタリヌくらいの大きさだ(165cm)」というのを聞いた母親は、あるいはと、ユジーヌをつれてシスターの小学校へ向かう。その間ジョセフは父親と納屋の前に残っていた。
 シスターには見えるだろうと言う母の期待は裏切られたが、一挙に証人が集まり、最終的には約50名、ポンマン住民の約三分の二が顔をそろえた。ここまでの段階では、空の「青い服の女性」は子供たちに微笑みかけるばかりで何のメッセージも与えていない。身元も伝えていない。子供たちの説明によって、靴まで垂れ下がる星印の蒼いチュニック、金のリボンの蒼い靴、髪をおおう黒の長いヴェール、末広がりの円筒形の帽子といった衣装の様子が人々に知らされるだけである。

 群集の前で「この女性」の形象に変化があらわれた。蒼い楕円が後光のようにこれを包囲すると、中に4本の蝋燭(ろうそく)が肩と膝(ひざ)の高さに2本ずつ現れ、続いて「女性」の胸に小さな赤い十字架が生じた。「祈ろう」という司祭の言葉に促されるように形象全体が伸張拡大し、約1.5倍の大きさになった。
群集と女性との間で、相互コミュニケーションの場が発生している。
 
 ポンマンのメセージの伝達形式は、他の聖母出現に見られない特異性をもっている。出現主体は無言のまま文字による伝達が行われた。子供たちはメッセージを聞いたのではなく、時間を追って次々に現れてくるアルファベットの1文字1文字を「読んだ」のである。群集の祈りの中で「女性」の足下とギドコック家の屋根との間に白い帯状の幕が現れた。縦幅約1m、ちょうど屋根の両端の煙突をつなぐ、長さ10-12mの幕である。そこに、左端から、金色の大文字の活字体がひとつひとつ現れて文章を作っていった。


(1行目)
MAIS PRIEZ MIES ENFANTS DIEU VOUS EXAUCERA EN PEU DE TEMPS (さあ祈りなさい 子供たち 神はまもなくあなた方の願いを叶えるでしょう)

(2行目)
MON FILS SE LAISSE TOUCHER (わが息子は心を動かされます)


最終的に上のような文章を構成していった文字の出現は、遅々とした進行速度で行われた。冒頭のM・A・I・Sで約10分、E・N・F・A・N・T・Sまででさらに3-4分が費やされた。I→IⅤ→Mというように1文字が完成される過程で、4人の子供たちが競うように「M」「A」とつづりを判読し、人々がそこに何らかの有意義な単語を認めて文章を理解する手順である。たとえば、冒頭の4文字M・A・I・Sは、次に続く文脈からみて人々に驚きを与え、群衆による再三再四の確認がメッセージの途中で繰り返されたという。

 この段階では、なお曖昧(あいまい)な「女性」の存在がほぼ確定したのは、次にくるメッセージの冒頭の単語によるものであった。「わが息子」のくだりで「やはり聖母だ」という声が群衆の中からあがった。
 断片的に浮遊していた「聖母」表象がメッセージの伝達解読過程をへて、「神は・・・」から「わが息子」の1節で定着の根拠を得るにいたる。群衆は静かな祈りに入るのである。

この時点で、司祭やシスターに見えぬ存在が子供らに見えるはずがないと考えたマリエット・ギドコックが自分の家の屋根と空を調べに行くが、この行動は、家の前で足が動かなくなるという、後で不信人者の回心のエピソードを生むことになった。

 しかしポンマン奇跡の完成にはなお少し時間経過を必要としていた。すなわちメッセージの「神はまもなくあなた方の願いを叶えるでしょう」の実現である。

 人々の聖歌に合わせて、ほほえみつつ指を動かしていた聖母の表情が哀しげに変わると、赤い磔刑のキリスト像をともなう大きな十字架(40-60CM)がその手に現れた。星が移動して4本の蝋燭(ろうそく)に点火して回り、赤い十字架が消えて元の姿勢に戻ったところで、大きな白いベールが下の方から徐々に聖母をおおいはじめ、最期に残った被りもの、星、蝋燭(ろうそく)、蒼の楕円が同時に消失したときは、夜9時頃になっていた。



5日後の1月22日、ラヴェル迫っていたプロシア軍が突如として「退却」を開始した。1月28日、休戦協定が結ばれる。遅れて4月初旬、ポンマン小教区から徴兵された38名の戦士の無事の帰還は、聖母の恩寵説をいっそう強化する役割を果たした。

同年6月17日、天祐感謝の盛大なミサが行われ、聖母を称える兵士たちによる碑が教会に残されることになった。

1871年のボンマン
参考文献 関 一敏 聖母の出現 日本エディタースクール出版部






星の聖母

  場 所:フランスのポンマン
  年月日:1871年1月17日
  立会者:6人の子供たち
  内 容:谷間の部落の一軒の屋根の上に美しい貴婦人の姿で聖母が現われたのです。そのすぐ背後には特に3つの星が
      三角形の間隔で大きく輝いていました。ポンマンの聖母は「星の聖母」と呼ばれています。不思議な光につつ
      まれ、優しい微笑みをたたえて子供たちを見おろしておられました。この聖母は終始沈黙し、ただその表情を
      おかえになるばかりでした。たくさんの奇跡が行われ、大聖堂がたてられました。
  公 認:ラヴァル教区の初代司教ヴィカルによって公認されました。
  後日談:
コピーです。
 1871年1月17日、フランス北西部のペイ・ド・ラ・ロワール地域圏マイエンヌ県にある人口数百人の小村ポンマン (Pontmain) において、数人の子供たちに対して聖母マリアが出現しました。


【聖母が出現した当時のマイエンヌの状況】

 1870年から 1871年にかけてフランスとプロシアの間で普仏戦争が戦われました。この戦争における戦闘で、フランスは敗北に次ぐ敗北を重ね、多数の戦死者と捕虜を補うために、軍事訓練などまともに受けたことのない若者たちが次々に徴兵され、戦場へ送り出されてゆきました。
 ポンマンの住民も例外ではありません。村の若者たちは出陣前に告悔と聖体拝領を済ませ、村の司祭ミシェル・ゲラン神父は彼らを聖母マリアに捧げたのちに出陣させました。

 1871年1月までに、ドイツはフランス全土の3分の2を支配下に納めていました。フランスはこの年の 1月10日から12日にかけて戦われたル・マン (Le Mans) の戦いで再び敗北し、フランス西部の抵抗はほぼ終わりました。同月 17日はパリがプロシアに包囲された日ですが、この同じ日にドイツ軍はマイエンヌ県の県都ラヴァル (Laval) に到達し、ラヴァルを守備するフランス軍と市民たちは恐慌状態に陥りました。


【ポンマンにあける聖母出現】

 この日の夕方6時頃、ラヴァル近郊ポンマンに住む12歳の少年ウジェーヌ・バルブデット (Eugene Barbedette) と10歳の弟ジョゼフ (Joseph Barbedette) は納屋で飼葉用のハリエニシダを挽いていました。このとき父親も一緒にいましたが、近所の女性ジャネットが訪ねてきて父親と世間話を始めたため、退屈したウジェーヌは納屋の外に出て、天気を確かめようと空を見上げました。

 すると数十メートル離れた向かいのギドコック家の屋根付近で、空に浮かぶ星々が融けて無くなるように見えたかと思うと、ギドコック家の屋根よりも少し遠く、屋根よりも6メートルほど高い空中に、突然美しい女性が姿を現しました。女性は金色の星がちりばめられた鮮やかな青色の丈の長い衣を着て、金色のリボン飾りが付いた青いサンダルを履いていました。髪は黒いヴェールに完全に覆われていて、そのヴェールは肘の辺りまで届いていました。また赤い線が入った金の冠を被っており、ちょうど不思議のメダイの聖母のようなポーズでウジェーヌに向かって両手を差し出してほほえみました。

 不思議のメダイ la medaille miraculeuse 当店の商品です。

 父親と話していたジャネットが納屋から出てきたので、ウジェーヌは空を指差して示しましたが、ジャネットには何も見えませんでした。二人の声を聞いて父親とジョゼフも納屋から出てきて空を見上げましたが、父親には何も見えず、ジョゼフにはウジェーヌに見えているのと同じ女性が見えました。母親が呼ばれましたが何も見えず、何事かと集まってきた村の大人たちにも何も見えませんでした。

 ウジェーヌとジョゼフが空を見つめたまま動こうとしないので、村の学校の教師をしていた修道女が呼ばれましたが、この人にも何も見えませんでした。そこで3人の子供たちが呼ばれ、そのうちのふたり、当時 11歳の少女フランソワーズ・リシェ (Francoise Richer) と 9歳の少女ジャンヌ=マリ・ルボス (Jeanne-Marie Lebosse) には女性が見えました。次にもうひとりの教師である修道女とゲラン神父が呼ばれましたが、この二人にも女性は見えませんでした。しかし6歳の少年ウジェーヌ・フリト (Eugene Friteau) には見えました。また母親に抱かれた当時2歳の女の子オギュスチーヌ・ボワタン (Augustine Boitin) も、子供たちに見えている女性の方へ手を伸ばし、喜んでいる様子を示しました。

 ゲラン神父はその場で直ちに祈祷会を始め、プロシア軍が迫るなか、大人たちはロザリオの祈り、マニフィカート、聖母の連祷、「穢れ無く罪無く」 (Inviolata)、「キリストのいとも慕わしき御母よ」(O Mater Alma Christi Carissima)、再び「穢れ無く罪無く」、「めでたし女王」(Salve Regina) を次々と唱えました。すると、青い楕円形と、火がついていない4本のろうそくが、聖母を取り囲むように現れ、心臓の位置には赤い十字架が現れました。聖母は悲しげな表情になりましたが、村人たちが熱心に祈るにつれて微笑みを取り戻し、ゆっくりと大きくなりました。また聖母を囲む楕円も大きくなり、星の数が増えました。聖母の足元には横に細長い旗のような物が開いて、文字が現れました。"MAIS" "PRIEZ" "MES ENFANTS" "DIEU VOUS EXAUCERA EN PEU DE TEMPS"(それでも祈りなさい、子供たちよ。神はあなた方の祈りをすぐに聞き入れてくださいます) "MON FILS" "SE LAISSE TOUCHER" (わが息子は憐れんで心を動かします)

 次に村人たちが「望みの御母よ、慕わしき御名よ、我らがフランスを守りたまえ。我らのために祈りたまえ」(Mere de l'esperance, dont le nom est si doux, protegez notre France. Priez, priez pour nous.) と歌うと、聖母は両手を肩の高さに挙げて、村人たちの歌に合わせて楽器を奏でるかのように指を動かしました。足元の横幕は消え、聖母は微笑んでいました。何かを話すかのように口許が動きましたが、言葉を聞き取ることはできませんでした。

 次に聖母は再び表情を曇らせて、赤い十字架を胸の前に掲げました。十字架の最上部には白い横木があって、イエズス・キリスト (JESUS-CHRIST) と書かれていました。聖母は胸の前に十字架を持ったまま、子供たちのほうへ体を屈めました。聖母の衣に輝く星のひとつが衣を離れて、聖母の周りにある4本のろうそくに火をつけ、聖母の頭の上に移動しました。

 修道女の一人が「アヴェ・マリス・ステッラ」を唱えると、聖母が手にしていた赤い十字架は消えて、代わりに聖母の両肩に白い十字架が現れました。ゲラン神父が夕べの祈りを唱えるように村人たちを導くと、皆は跪き、熱心に祈りました。聖母の足元に白い大きなヴェールが現れ、徐々に上に移動して聖母を隠してゆき、冠まで隠れると、すべては消えて、普段と変わらない夜空だけがありました。聖母の出現が終わったのは夜9時頃でした。

 希望の星、救いへの導き手である「海の星の聖母」(マリス・ステッラ MARIS STELLA あるいは ステッラ・マリス STELLA MARIS)


【聖母出現後の経緯】

 ちょうどこの頃、ラヴァルからポンマンへ進軍する準備を進めていたプロシア軍のフォン・シュミット将軍 (Karl Johann von Schmidt, 1817 - 1875) は、ラヴァル攻略を中止せよとの命令を司令部から受け取り、聖母出現の5日後にあたる1月22日にプロシア軍は撤退を開始しました。1月24日には外務大臣ジュール・ファーヴル (Jules Claude Gabriel Favre, 1809 - 1880) がヴェルサイユにビスマルク (Otto von Bismarck, 1815 - 1898) を訪れて和平交渉が始まり、1月28日に休戦協定が締結されて、各地の戦闘は終息しました。4月初旬にはポンマンから出陣していった38名の兵士たちも全員無事に村に帰還し、6月17日には聖母に感謝するミサが行われました。

 聖母を見た子供たちは教会当局によって徹底的な調べを受け、1872年2月2日に、ラヴァル司教ヴィカール師 (Msgr. Casimir-Alexis-Joseph Wicart, 1799 - 1879) によってポンマンでの出来事が真正の聖母出現であると認められて、その崇敬が承認されました。

 ローマ教皇ピウス11世 (Pius XI, 1857 - 1939) 及びピウス12世 (Pius XII, 1876 - 1958) はポンマンの聖母に捧げるミサと聖務日課を制定し、またピウス12世はポンマンの聖母の像が金の冠を戴冠すべきことを宣言しました。戴冠式は 1934年7月24日、パリ大司教ヴェルディエ師 (Jean Cardinal Verdier, 1864 - 1940) により行われました。



関連商品

 ポンマンの聖母のロザリオ

☆1日の勉めを終えて、お風呂に入ってシャンプーして濡れたままで寝ました。
 この間、皿洗い機と洗濯機を作動して、新聞などを片づけてました。

 づっと「ドミニクの歌」の現実のシスター・スマイルのことを考えてました。

 多くの映画を観た観客の彼女への評価が「短気。わがまま。傲慢。無知。嫌みな女」と悪いのです。
映画で彼女を演じたフランスと言うベルギー女優は現実の彼女を勉強しながらも好意的に演じたようです。

 今であっても、「修道会を出た。」「家庭を出た。」女性が社会でうまくやっていくのは難しいのだと思います。

 現実のスマイルはベルギーからパリの美術学校で勉強し、ベルギーで絵を教えていた経験もある人で当時としては進んだ自立した女性だったのだと思います。

 実家の母親が家業の「ケーキ屋」さんを継いで平凡な主婦になることを勧めたのには無理のないベルギーの一般的な考えだったと思います。

☆私は何人かの「修道院を出た」女性を知ってます。皆食べるのに大変でした。
そして、世間的には極めて世間知らずな彼女たちは、修道生活のやり方を存続しつつ世間でうまくやっていけれる能力を持ってはいなかったです。

 その中で比較的うまくやっていたと思われる修道女は、実家の父親の介護で嫁に行った姉妹と同じ金額の遺産を生前貰った人で、兄弟たちが「おまえは修道女だからお金はいらないだろう。よこせばおまえの一生は自分たちが看る。」というのから守るために3000万円持って、父親が亡くなった朝に家を出た修道女でした。

 不幸と言うのは罪深いもので、もう一人の修道女は60歳でしたが、信者を騙して自分の老後を守ろうとしたのでした。そのくらい孤独と経済的な不安は世間に出るとのしかかるのです。

 もう一人のパリであった元修道女は結婚したのですが、夫がお手伝いさんに手を出して離婚請求され、離別してましたが多少の送金はあるようでした。生きるために嘘をついたり他人を利用して生きてました。パスポートを借りたり、無料で何かを得るために元修道女と言う経歴をうまく使ってました。

☆シスター・スマイルが実際のストーリーでは、同居していた女性と一緒に薬漬けアルコール漬けで亡くなったと言う説もあります。多額すぎるベルギー政府からの税金を払うにも歌では食べていけなった。
親からは勘当されてますから、「ケーキ屋」さんには帰れなかったのでしょう。

 また、新聞に出た「同性愛」のスキャンダルで同居していた絵の先生の彼女も職を失いますから、歌や絵で食べれなくなるのはわかりやすいですし、ほかにできるしごともなかったんでしょうか。

☆全世界でナンバー1になった「ドミニクの歌」は三輪明宏の言う「明暗」の法則によると明るすぎるヒットに応じた暗い出来事だったのでしょうか?

 やはり大ヒットした「スキヤキ・ソング」を歌った坂本九も飛行機事故で亡くなられ、プレスリーやジョン・レノン、マイケルジャクソンも自然死とはいえない死にかたです。
大きすぎる栄誉の代償ということでしょうか?

☆それに比べ、ささやか過ぎる私の生活です。
結構忙しい毎日なのですが、本当に身の回りの小さな地味な仕事を終えるだけで日が暮れて行きます。

 主人も昨日は台湾に帰られる人から「お茶器のセット」を貰って帰ってきたので、中華ちまきと愛媛のかんきつ類と大根の漬物をお夜食の食べて、デザートのメゾン・カイザーの「モカ・エクレール」を一緒に食べて、「今週はハンカチは自分でアイロンかけした。」と言ってましたが、生活費を送金してくれたので、「ありがたいなあ。」と少し自分の不届きに反省したのでした。

☆「聖母の騎士」誌の中で修道士がある「つらい人生」という形容詞を使っているのです。

 「人生は厳粛」という言葉を20歳のときに本で知った。

 どんなふうにも生きられる人生だけど、それぞれの勤めを全うするしかない。

☆私の母親は専業主婦だったけど「主婦ほど馬鹿馬鹿しいものはない。結婚は余程の相手でなければするほどのものではない。絵を一生やって、自分たちと同居すれば、家事はママがやってあげる。」と言う育て方を私にしたのでした。

 父親は若い時に私が2年内でパリから帰ってきたことに「ケツを割ってきた。」と怒りすら覚えてました。私は何も言いませんでしたが、女性がパリで生きると言うことが、まして絵を描く女性が1人で生きると言うことがどんなにか過酷なことになるかは、両親には想像できなかったと思います。

 それで、話があったのを幸い結婚したのですが、親のもくろみとは別に妹が独身で仕事をする道を選びました。それを末の弟は「親の犠牲者」という言い方をするのです。

☆あるギャラリーの女性経営者が65歳で自死をしたのが今年の1月15日でした。
華やかな成功者に見えた女性の自死。

 その死に対してある女性がブログで書いているには「自分は自分の中の狂気を知っているからこそ結婚して子供を産んで生きる道を選んでバランスをとった。もしかしたら自死された彼女は結婚の道の方があってたのではないか。有名な画家が妻を亡くされて1人でいたので彼の周りにいる女性を気にしていた。」と言うのです。

☆私の62歳までの経験ですが、いい時というのは誰にあってもそうはないと思うのです。
 どんなに美人も才女も一生の保証はない。

 ぞじて孤独と言うのは結構つらい。

 難しいですけど自分の能力を客観視しなければならない。

 普通の男性は奥さんにさほどの美人でなくてもいいと思っているし、才能も期待などしてないかもしれない。

 つまり、ある世界で多少の才能があっても別の世界ではそれほどありがたられない可能性がある。

☆自死と言うのはかなり優秀な人が選ぶ道でもあるので、突き詰めると死ぬしかないような生きる仕組みがあるのかもしれない。
しかし、騙してでも宗教の力を得てでも生きなければならないのが人間だと思うのです。

☆粘土で小さなかごを作りながら観ていたテレビで「介護百人一首」と言うのをやっていて、ご主人の介護でとげとげしていた気持ちが友人に誘われて「フラダンス」をやるようになって、楽しく笑いながら介護ができるようになって御主人も受け入れてくれている女性が紹介されました。

 誰でも辛い匂いや重労働のある介護の仕事。
私も弟が一任されてやっているので、弟かで電話があればすぐ長野から帰ってくるし話も聴こうと思います。
 弟がい観察して雀と猫とカラスが餌の取り合いをどうしているかなど話してくれるのをのどかに聴いていると、こういう心境で介護できる彼は優しいのだと思います。
「 いつでも泊まりでも替われるからね。」とは言ってありますが、明るく楽しくできるのには知性がいる。

 「ハワイアン」に誘ってくれた女性の知性もすばらしいし、受け入れてベッドにいながらハワイアンのおけいこ友達が遊びに来るのを微笑んでみてくれる御主人も知性があります。

 おそらく、こうした「介護百人一首」の背景に地獄化している暮らしもたくさんあるのでしょう。

☆父の家のベッドの寝具を替えた時に「読売新聞」で昨年介護疲労で自殺されたタレントの妹の方の記事が出てました。そのページが開かれたままでしたから、父が読んで気になったのでしょう。

 お姉さんは父親が早く死に母親が働いて二人に姉妹を育ててくれたときから大黒柱で、生活保護を受けていたから国の援助で介護を楽にすることを嫌っていたと言う。

 それで、タレントになって妹を学校を出し、自分は立派な家を建てて母親への感謝のために介護を自分ですべくタレントもやめて専念した。

 それでも自分の不注意で母親を悪くしたと思いこんで、夜数回起きる母親の介護をつきっきりでしていたというのです。

 やはり、自分の弱さを人に言えないタイプのようです。

 妹さんは今、国の介護支援も上手に受けて働きながらお母さんの介護をなさっています。

☆父は何もわがままも文句は言わないと言います。
 私がちまきを見せて「食べる?」と訊いてから蒸し器で蒸すのですが、柔らかくておいしい本格的な中華ちまきをきれいに平らげて「おいしい。」とひとこと言うのです。そして楽しそうにテレビを観てました。

 私は2階に上がって弟のコンピューターに取り入れた狸のビデオを観たり、サッカーの話をしたりして5時過ぎてから一緒に車で帰るのです。

 昨日は「グリコ・グッズ」「漬物」「夏のおでんぜりー」を貰ったので、これで当分は暮らせそうな感じです。

 お父さんは私と末の弟が仲良くしているので安心しているかもしれない。

☆人生はつらいだけではない。
 学問も経験も私たちを幸福にする方法を教えてくれる。

 まして宗教も。

 自死された息子を持つ母親が辛いながらも息子の命日に連れ合いが洗礼を受けた喜びに天の息子への感謝をしていると言う。

 人生に正しい答えなどないのであろう。

 どんなに過酷な運命を生きても1枚の美しい絵を描いた人、美しい歌を創った人は私には幸せに思える!

神様の導く手!

 今日は百合亜さんに紹介された本を読みましょう。


 自宅にいると朝からお中元を届けるピンポーンが鳴りますね。
 それで眠たいです。

 友人のテレサさんからご受難の電話。今年も「蚊帳教会」に来てくれるかも。
嬉しいですね。

 こちらからは「シスター・スマイル 『ドミニクの歌』」の映画をお勧めしました。