August 17th, 2010

2階の冷房が総ぶっ壊れる!!!!!

昨晩から私が点けると冷房が作動し、主人がおがると(2階なので)停止しを繰り返していた冷房がとうとう完全に壊れた。

 それで専門家を呼ぶに当たってついでに大掃除をすることになった。

 私が神様は遊ばせてくれないと思うのはそういうところだ。

 「蚊帳教会」が終わり、お片付けと掃除を終えて自宅に帰ると、父も無事で安心だからしばらくのんびりと勝手にプランをたてていたが、現実には寝ている間に熱中症の危険が迫る我が家である。

 幸い娘は冷房のきいた自分の地方のアパートから帰って来ない。

☆う~ん。

 今日の決意は寝室の徹底的な大掃除でついでに自分の部屋と娘の部屋も何とか片付けを1週間くらいかけてやろう。

 昨日観た家政婦画家のセラフィーヌと自分はよく似ていると思ったが、私も主婦として家政を担っているのでほぼ床拭き、洗濯、食事作り、買い物の毎日が画業を支えている。真夜中が制作タイムだった時代が5年くらいか?

☆それで昨晩は涼しい1階でテレビを観ていたが、いつもながら深夜のドキュメントは心温め、見聞を広げる。

 主人と観たハワイ生まれで先祖のルーツ沖縄に中学まで帰り、大戦中アメリカのために沖縄に外国語部隊として参加し、洞窟の中で自決覚悟だった日本人に沖縄方言で呼び掛けて救出に力を貸した人。

 子供時代の同級生との対面も古い傷の思い出と重なる。

☆黒姫から「蚊帳教会」を終えて帰って来たときに、見かけは痩せてなかったが体重計では結婚前と同じになったが、4日間で4キロ太り元に戻ってしまった。

 東京にはおいしいものがありすぎてついついアイスクリームとか男アyつもしっかり食べてしまう。
 特に主人がお盆で家にいたので何か食べさせなければと多目に食べてしまったようだ。

 幸い今日から出勤なので、こちらはヘルシーに野菜とそうめんで行こうと思う。

 主人が出かけるのを待って大掃除の始まりだ。父の所へは明日に行こうと思うが。

★17日も東海地方で37度が予想されるなど、各地で厳しい暑さになりそうです。

 現在、太平洋高気圧の勢力が強まってきていて、関東から西の各地に猛暑をもたらしています。16日の暑さが残り、17日午前5時51分、東京では29度を超えています。日中も35度以上の猛暑日になるところが多く、名古屋と岐阜は37度、大阪は36度まで上がる見込みです。この先、特に西日本では35度以上の猛暑日が続くところがありそうです。熱中症や農作物の管理などに引き続き、注意が必要です。

明日の午前10時以降のエアコン修理まで24時間の掃除闘い!

 朝のお味噌汁とご飯を頂いていたら、テレビで70台のおじいさんがエアコンの電気代が払えないまま
体の弱い息子さんが氷を渡してくれて受け取ってから熱中症でなくなられていたという報道があった。

 父子の家庭で息子さんは働いていず父親の年金10万円でふたりは暮らしていて、家賃が5万5千円くらいで電気代まで払えなかったそうだ。生活保護はもらって無かったと言う。

☆私は食洗機に皿などをかけ、洗濯機回すことすでに今日2度目。水風呂に入って髪を洗い、掃除の段取りを考えているところ。

 エア・コンの故障と言うのはすでに日本で命取りのできごとなのであった。

髪は自然乾燥ができる暑さなので、さあ乾かしながら仕事はじめ!(実況続く)


 26日午後3時過ぎ、大阪市西淀川区野里3のマンション「アイビーハイツ」(10階)の管理人から「3階の高齢夫婦宅の新聞がたまっている」と大阪府警西淀川署に通報があった。市消防局のレスキュー隊員がベランダから部屋に入ると、住人の夫婦が死亡していた。2人とも死後数日とみられ、外傷はなかった。2人が倒れていた部屋にはエアコンがなく、府警は猛暑による熱中症で死亡した可能性があるとみて、27日にも司法解剖して死因などを調べる。
 西淀川署によると、夫婦は301号室の無職のTNさん(79)と妻SNさん(87)。南側のベランダ沿いに和室が2部屋並び、SNさんがうち1部屋の寝室のベッドの上、TNさんは隣の和室との敷居をまたぐように畳の上で、いずれもあおむけに倒れていた。寝室にエアコンはなく、扇風機が1台、作動していた。(続きあり)
ヤフー社会ニュースから一部掲載

★熱中症で死亡、ビニールハウスで女性 埼玉・深谷
2010.8.17 16:17

 16日午後6時半ごろ、埼玉県深谷市上敷免の畑にあるビニールハウス内で、同所の農業の女性(75)がうつぶせで倒れているのを親類の男性が発見、119番通報した。救急隊員が駆けつけると、女性はすでに熱中症で死亡していた。

 深谷署の調べでは、女性は長男(50)と孫(22)の3人暮らし。女性は朝からキュウリを育てているビニールハウスで農作業をしていたが、夕方になっても帰宅しないため、家族らが行方を捜していた。

 深谷署によると、発見時、ビニールハウスは密閉された状態。女性は16日午前10時ごろに死亡したとみられるという。
熱中症で病院に搬送された人が、この2カ月半に全国で3万人を超えました。この3年間で最も多い人数となっています。

★★★総務省消防庁のまとめによると、5月31日から8月15日までの2カ月半の間に熱中症で病院に搬送された人は、全国で3万1579人に上りました。このうち、半数近くが65歳以上の高齢者でした。特に先月は1万8000人近くが搬送され、去年の同じ時期に比べて3倍以上となっています。一方、東京都観察医務院によると、都内でこの1カ月間に熱中症で死亡した人は100人に上ったことが分かりました。このうち、96人が室内で熱中症にかかって死亡したということです。

壊れた冷房が不思議に今少し前から機能!

 暑くてもうろうとしながら2階の掃除をほぼ終えて、お買い物に出かけたのでした。

 鉄火巻きとかっぱ巻きを買って飲み物を買って氷菓子を買って、トイレット・ペーパーをずいぶん買って帰ってきたんですが、主人が赤坂の老舗らしき寿司屋で大阪寿司を買って、同じ銘柄のドリンクをやはり買ってきたのでした。私の方がコーラ1本分多かったんですね。

 貸してあったスペイン語の基礎テキストが返ってきました。それで、お礼電話兼お母様が死去されたので遠慮勝ちにしてあった交際の疎遠をわびたのでした。

☆私の父や母の遠いとも思われない決別と遺産問題は嫌だな。

 とにかくあちこちに氷の塊をつけて1階のソファ―に横たわっていたのですが、冷房のありがたみをひしひしと感じたのでした。

☆寝室もさっぱりときれいになったし。
 年取ると夫婦は似てくるのか、同じようものを買ってくるし。

 こうして平凡な1日というのがなんともありがたい。

☆今、待っているのはこの本。
 セラフィーヌの本。


 冷房が直ったら、世田谷美術館へ行って本物の彼女の作品がみたい。
 早く来てくれたら、父の家にも寄れるのだけど。

 父も元気なようだけど、やはり顔を見ないとね。

☆昨晩テレビでつかこへいの「蒲田行進曲」をやっていた。
 幾度か観たはずなのに、めちゃめちゃいいなと思った。
 風間杜夫も松坂慶子も若かったのね。
 若い日には写真をたくさん撮っておくべきだと思った。
 安もうまいね。平田満さんが助演男優賞をもらったのではなかったのかしら。

 JR蒲田駅には「蒲田行進曲」が鳴る。

 

 在日だったつかこうへいさんはきっと切ないことがたくさんあったのだろう。
でも、韓国に人の良さがこのごろ皆に知れて、使命のようなものを終えたのだろう。

 「ヤス、あがっておいでよ。」
 銀ちゃんがいうセリフは傷を負いながらも這いあがるしかない同胞たちに、つかこうへいの手のような気がした。

 映画の大部屋の安さんは体を張るしかない。
 傷ついても、体の危険があっても、そうしなければ生きられない。

 銀ちゃんのために。

 それって、かなしいけれど美しい。