August 19th, 2010

世田谷美術館と気体分子ギャラリーへ!

午前10時に家を出て、池上線、大井町線、田園都市線に乗り、「用賀」駅で降りて、美術館へのプロムナードを歩いて砧公園を経て、世田谷美術館に行った。
暑くて参りました。昨晩は4時間くらいしか寝てませんから。

世田谷美術館

おめあてはセラフィーヌの1点の絵。
やはり命を感じて良かったです。
ついでに企画展のスイスのコレクターの作品展を観ました。
ザ・コレクション・ヴィンタートゥール

8月7日~10月11日

初めて日本で紹介される枚が80点のうちのゴッホ

あまりにも長く歩いたので少し朦朧としていたのですが、オーディオを聴きながら良いコレクションを観てました。水準が高く、時代の象徴的なアーティストの作品を網羅しているのでみがいがありました。

ミュージアムショップで絵ハガキ4枚と小さな飴に入った楕円形の箱とハーブティーを3種買いました。
ハーブティーにはそれぞれかわいらしい名前がついていて、この暑い日を氷たっぷり水で溶けるそうで飲みたくなったので10袋づつ入っている袋を3袋買ったのです。

 スイス製
 「元気いっぱい人生が楽しく」
 原材料 ペパーミント レモンバーム バーベナ ローズヒップ 木イチゴの葉 ハイビスカス
 1,6グラム 10包

 「秘密な隠れ味」
 原材料 ハイビスカス リンデン いちごの葉 バラ オレンジの皮 林檎 ひまわりの花
 2グラム 10包

 「運をまかせるお茶」
 原材料 ハイビスカス ローズヒップ りんご ニワトコの実 木苺の実 木苺の葉 いちご えぞいちご
 2グラム 10包

☆それからもと来たみちを帰り、駅で「山かけ鉄火丼」を食べて、田園都市線で中央林間まで行き、小田急江ノ島線に乗り換えて、六日会日大前に降りました。

 駅のスーパーで氷を一袋買い、行き順が書いてあったので歩いてギャラリーまで行きました。
 3時少し前だったと思います。

 冷房の壊れているスタジオの割には暑くなかったです。

 早速、持ってきたハーブティ―を氷と一緒にお水で溶き、彦坂さん、ひいなちゃんと三人で飲みました。
いいブレンドでした。

 「フリー・アート展」をやっているので作品を観ながら、お二人の作品を現物を観ました。やはりアートは実物を見ないと!

 自分の購入した絵も額装が終わり、やはり縁があって来た絵だとわかりました。


 それから絵の関する考え方や美術家の姿勢などお話が弾み、五時ころになって三人で歩いてイタリア料理を食べれるレストランに行きました。

☆私と彦坂さんは年齢も1歳違いで、彦坂さんの方がお兄さんなのですが、よく似ているなあと思ったのですが、ひいなちゃんから「よく似ている」と言われました。

 考え方とか感じ方が似ているのです。
彦坂さんの100次元アートにこの間「蚊帳教会」に来ていただいたときに、バスケットについてのコメントが貼ってあって、なかなか面白いのです。

 自分の容姿については、3日間ほとんど寝てなかったので、ずいぶんクマができたりしてますが貼り付けることができそうなので貼ってみます。
http://fruitmail.ptn.woopie.jp/video/watch/7f684b936b0f49ed

 もうひとつはアンディ・ウォホールのTシャツからの話題で短いものです。
アーティストの心意気でわざと逆さに撮影してるそうです。
http://www.youtube.com/watch?v=xjty9jJvwOE

☆レストランの食事は感じもなんとなくレトロなアメリカ的な店だったのです。
鄙には稀なと言う感じで、潰さないように皆で行こうと彦坂さんのアイデア。

 それが、安くておいしくて、スパゲッティやピザやサラダやオムレツなど凄いボリュームで新鮮でお安いのでした。

 7時ころ駅で別れて、今度は小田急線、田園都市線、池上線で帰ってきて、少し駅で買い物をしたのですが、9時ころには家に着いてました。

 主人がテレビを観ていrたので、飴の箱をあけてあげました。
かわいいちいさなキャンディーがゴッホの絵の表紙の箱に入っているのでした。

 アートというのは何とも楽しいもの。
そんな3人がお話も弾んだ1日で、世田谷美術館のスイス・コレクションも良い作品揃いでとても豊かな1日でした。