September 13th, 2010

「損して天国取れ!」

 購読本の「聖母の騎士」が届いた。
10月号の内容はとてもいい。

 その中の「こんにちわマリアさま」というペトロ神父様の連載のタイトルがこれ。
奇しくも174番目の連載。

☆テレサの本の紹介がないかと隈なく探したら、裏表紙が全面、彼女の本の紹介になっていた。



 そうして本の注文票が往復はがきのサイズで小冊子に入っていて、その中のはがき代が注文票になっていた。カラ―で「聖霊に駆り立てられて」というシリル・ジョン神父様の本だ。

 早速、テレサに電話をしたら、テレサは知らなかったようだ。
インターネットで検索してもなかなか彼女の名は出てこなくて30件くらいで、主にマザーテレサの誕生日に東京カテドラルで講演したことを告げる記事だ。

 テレサが元気がないので「どうしたの?」と尋ねたら、「めまいがして頭がクラクラする。」とのこと。
「時間ができたら、小冊子持っていくね。1冊あげるよ。」と言った。

☆今日は私の自己紹介付きビデオの完成なので、ハリ―さんに電話をしたら、DVDビデオの編集はしたのだが、コンピューターがトラぶってその解決したら、ディスクに入れて自転車便で送ると言うので、
自宅にいて待機中だ。

☆マザーテレサの本は多い。
それほど魅力的な生きた聖人だということだ。

以下はそのコピー

マザー・テレサ

人種や宗教に関係なく、路上で行き倒れている人、孤児、ハンセン病患者などに援護の手を差し伸べ、貧困にあえぐスラムの人々の救済に生涯をささげたマザー・テレサ。マザーの信念と実践は世界中の人々に感銘を与えてきました。その行動はどんな思想に支えられ、彼女がわたしたちに残したものは何だったのでしょう。


●マザー・テレサの略歴
1910年8月26日 アルバニア人を両親として、当時のユーゴスラビアのスコピエに誕生。3人兄弟(兄、姉)の末娘として生まれる。 本名・アグネス・ゴンジャ・ボアジュ。
1928年10月12日 ロレット修道会に入会。
1928 年12月 インドへ向けて出発。
1929年1月6日 カルカッタに到着。 1931年5月24日 初誓願宣立。 修道名は「幼きイエスのシスター・マリア・テレサ」であった。以後、アグネスと呼ばれることはない。
1937年5月24日 終生誓願宣立。 終生誓願を立てることによって、ロレット修道会の習慣から「マザー・テレサ」と呼ばれるようになった。
1929 年〜1948年 インドのカルカッタにある「聖マリア高等学校」で、地理を教え、校長も務める。
1946年9月10日 「決意の日」。ダージリンに向かう列車の中で、「貧しい人のなかでも、最も貧しい人に仕える」召命を受ける。 ロレット修道会を退会し、カルカッタのスラムで働く許可を長上と、ローマに願う。
1948 年8月8日 ロレット修道会を退会。3カ月間、医療についての集中訓練を受ける。
1948 年12月21日 最初のスラムでの学校開設の許可がおりる。
1949 年2月 ゴメス家所有のアパートに引っ越す。
1949年3月19日 最初の志願者が来る。
1950年10月7日 「神の愛の宣教者会」が、カルカッタの教区で承認される。
1963年3月24日 男子の「神の愛の宣教者会」創立。
1965年2月1日 「神の愛の宣教者会」教皇認可を受ける。
1971年1月6日 教皇パウロ6世より、「ヨハネ 23世教皇平和賞」を受賞。
1979年12月10日 ノーベル平和賞受賞。
1986年2月 教皇ヨハネ・パウロ2世、インド訪問の際、マザー・テレサを訪問。
1997年3月13日 マザー・テレサの病状悪化に伴い、新総長にシスター・ニルマナが選出される。
1997年9月5日 マザー・テレサ帰天。
1997 年9月13日 国葬。
2003年10月19日 教皇ヨハネ・パウロ2世によって列福された。
登録アイテム数:37件
説明付き一覧 写真のみ一覧
ミニカレンダー 2011年(マザー・テレサのことば)
ミニカレンダー 2011年(マザー・テレサのことば)[ドン・ボスコ社]
30円
[在庫数:8点]

2011年 マザー・テレサカレンダー
2011年 マザー・テレサカレンダー[ドン・ボスコ社]
315円
[在庫数:50点]

日めくりカレンダー 愛と平和の使者マザー・テレサ
日めくりカレンダー 愛と平和の使者マザー・テレサ[fsp 5136 /#8701]
1,000円
[在庫数:2点]

マザー・テレサ 祈り 百瀬恒彦写真集
マザー・テレサ 祈り 百瀬恒彦写真集[リブロアルテ /#9117]
1,575円
[在庫数:2点]
マザー・テレサ 愛の贈り物 世界の母が遺してくれた大切な教えと言葉
マザー・テレサ 愛の贈り物 世界の母が遺してくれた大切な教えと言葉[PHP研究所 /#8989]
1,470円
[在庫数:1点]

すばらしいことを神さまのために ~Something Beautiful For God~
すばらしいことを神さまのために ~Something Beautiful For God~[DVD FSP5137 /#8972]
3,990円
[在庫あり]

マザー・テレサの遺言
マザー・テレサの遺言[DVD jyosipaurokai 5116 /#5003]
3,675円
[在庫あり]

マザー・テレサとその世界
マザー・テレサとその世界[DVD jyosipaurokai 40002 /#1498]
4,935円
[在庫あり]
みんなのおかあさん マザー・テレサ
みんなのおかあさん マザー・テレサ[DVD jyosipaurokai 5128 /#7694]
1,890円
[在庫あり]

マザー・テレサ デラックス版
マザー・テレサ デラックス版[DVD GNBF7262 /#2736]
3,990円
[在庫数:1点]

マザー・テレサ~母なることの由来~(デジタル復刻版)
マザー・テレサ~母なることの由来~(デジタル復刻版)[DVD GNBF-7509 /#7183]
3,990円
[在庫数:1点]

マザー・テレサ~母なるひとの言葉~
マザー・テレサ~母なるひとの言葉~[DVD GNBF-7510 /#7184]
3,990円
[在庫数:1点]
マザー・テレサ 愛は傷つく
マザー・テレサ 愛は傷つく[CD sanpaolo 575021]
2,625円
[在庫あり]

コルカタの聖なるマザー・テレサ ことばと逸話集
コルカタの聖なるマザー・テレサ ことばと逸話集[サンパウロ 110581]
945円
[在庫あり]

マザー・テレサ
マザー・テレサ[サンパウロ 110501]
1,050円
[在庫あり]

マザー・テレサと幸福への道
マザー・テレサと幸福への道[サンパウロ 1155]
1,155円
[在庫あり]
マザー・テレサ 愛のこころ最後の祈り(新装版)
マザー・テレサ 愛のこころ最後の祈り(新装版)[主婦の友社 /#8826]
1,575円
[在庫数:1点]

マザー・テレサ 愛のことば、祈りのことば
マザー・テレサ 愛のことば、祈りのことば[メトロポリタン・プレス /#8688]
1,365円
[在庫数:1点]

いのちの賛歌
いのちの賛歌[ドン・ボスコ社 317]
158円
[在庫あり]

マザー・テレサの祈り
マザー・テレサの祈り[ドン・ボスコ社 107]
210円
[在庫あり]
マザー・テレサの愛と祈り みことばを生きる52の黙想
マザー・テレサの愛と祈り みことばを生きる52の黙想[ドン・ボスコ社 193]
1,260円
[在庫あり]

愛する子供たちへ マザー・テレサの遺言
愛する子供たちへ マザー・テレサの遺言[ドン・ボスコ社 306]
840円
[在庫あり]

わたしはあなたを忘れない マザー・テレサのこころ
わたしはあなたを忘れない マザー・テレサのこころ[ドン・ボスコ社 323]
840円
[在庫あり]

聖なる者となりなさい マザー・テレサの生き方
聖なる者となりなさい マザー・テレサの生き方[ドン・ボスコ社 329]
840円
[在庫あり]
こころの輝き マザー・テレサの祈り
こころの輝き マザー・テレサの祈り[ドン・ボスコ社 334]
525円
[在庫あり]

など。



「聖母の騎士10月号の「マザー・テレサのことども」森山敬三p8
の中に
マザーの作ったおもなる施設には
「死を待つ人の家」
「孤児の家」
「平和の村」があると言う。

「平和の村」はハンセン氏病患者が隔離されないで、そこで自由に働ける場所であるという。
これは教皇から戴いた車を宝くじで売った利益で購入した、90万の敷地を3地区に分けて、
A地区は病棟、B地区はシスターたちの居住、C地区は田畑と患者の住む地区として、社会に復帰できるようになった時も、ここで一緒に働けるようにした。

患者は建設のために働き、数万人の患者の表情は明るく笑い顔に満ちていた。
ここに辿り着かなければ、路上で野たれ死ぬかもしれない。
人から嫌われ人間扱いされなかった人々である。

マザーはクリスマス・パーティに患者を招いて話をした。あなた方の病気は罪の結果ではなく、神からの贈り物、神が特別に愛しておられ、神にあなた方が一番近い、と。

ある症状の重い老人が近づいて来て言った。
「今の話をもう1度してください。こんな嬉しい話はありません。
私たちも神様は愛してくださるんですね。」と。

苦しんでいる霊が望んでいること!愛することの深さ!

川田 亜子(かわだ あこ、1979年(昭和54年)1月17日 - 2008年(平成20年)5月25日)は、日本のアナウンサー。 .... 3月22日 「Goro's Bar」の「川田亜子卒業スペシャル」をもって同番組を卒業し、最も親しかった後輩の青木裕子アナに自分の役を譲った。 ...

2008年5月26日早朝、彼女は車の中で死んでいた。
自殺であろうと他殺であろうと美しい彼女の地上での生涯は終わった。

☆昨晩から今朝までこの方に関する映像や声がコンピューターから他の場面を開いておる間聴こえて来たり、見えたりした。

☆☆☆☆☆

美しいことや有名になることには大変危険な部分がある。
美術の世界に19歳から飛び込んだ私にも考えられないセクハラやパワハラの嵐が襲ってきて、「どうやって生きたらいいのだろう?」と、大変苦しんだものである。

飯島愛ちゃんや川田亜子さんの存続した芸能界にはさらなる危険なことがあるという。

若くて世間知らずの富山の医師のお嬢さんに生まれ、東京の白百合女子大に通った川田さんには、未来は輝かしいものだったと思う。

身長やスタイルや容姿にも恵まれ、そつなくこなすいろいろな能力にも恵まれていた。
業界の力のある人の引きにも恵まれて、バラ色の人生が待っているように思えただろう。

しかし、あるテレビディレクターの奥さんの話だが、「寝ないとテレビに出さない。」というディレクターがいて、皆テレビに出たいために寝るのだそうだ。「そうまでして?」「あなたは、そう思うかもしれないけれど、皆テレビに出たいのよ。」とその奥さんは言う。

川田さんの毒牙をしかけたある実力者は日本で過酷な運命をかされた差別を受ける側の人間だった。
その人はイケメン風の容姿でその業界では実力者だったという。

医者のお嬢様で白百合を出た様な人が愛人だったり、結婚相手だったりしたら、彼のある部分は救われるのだろう。しかし、亜子さんは彼の子供を宿し堕胎手術をしたときに、今までの境遇の育ちの中で得てきた教育の中で「悪魔の子」になったほどの罪意識をいだいたそうだ。日記にそうある。

有名なお嬢様バイオリニストもとんでもない男と結婚して、子供を授かったが離婚した。

人生には自分が世間知らず以上に悪くなくてもこういうことがある。

劣等感や悪い人から見たら世間知らずのお嬢さんほどかもに知らすいものはない。
そして、集中してターゲットにして努力すれば騙すことも簡単なのだと思う。

しかし、どんなに卑劣なことがあっても人間は立ち直れる。

細木和子さんの説教のある映像で、川田さんは泣いていた。
「泣いていてはダメだ。1流になりたいのなら歯を食いしばって耐えなさい。泣いているんだったら仕事をやめな。」とアドバイスしていた。

私も同意見だ。
悪い人はいる。
卑劣な人はいる。
しかし、一時は泣いても耐えて耐えて生き抜ければ、多くの同胞を同じドク牙にかかっている人を救える。

☆あるもう亡くなったUFO研究家が自分がいかに女性を食い物にして這いあがってきたか自慢をしたことがあった。そのときに、その犠牲になって死んでいった(生命の死ではない)女性たちが、私に「助けて、助けて!」と魂の声ですがってきた。

何か川田亜子さんは「助けて」と言っているような気がする。
それは霊的に平安をえてないという意味では無くて、この汚れた世界に権力のある人を許さないでほしいという意味の救いを求めている。

☆☆☆☆☆
 結論ということはこういうことだ。

 だから生まれてきてから死ぬまで、人は人を愛さなければならないということ。

 どんな環境に生まれても、仮にどんなハンディを受けていようが、愛さねばならないと言うこと。

 愛されて育てば、「育ちが悪いから」「美しくないから」「貧乏だから」「障害があるから」と愛されなければ、人は他人に危害を復讐のようにするようになる。

 だから、美しい愛されて育った人が復讐されたのだ。

 「愛」

 それは、簡単でない場合もある。

 誰でも、本性に「おごり」や「虚栄心」がある。

 男の人の中には「美人を連れて歩きたい。」「奥さんの美貌を自慢したい。」という気持ちが多いと言う。

 それで、女性はダイエットしたり、整形したり、化粧をして、エステに通い、おしゃれをして多くの産業を活性化している。

 しかし、醜女に生まれた人はどうなるの?
 どうしても太る体質の人は?
 貧しくて化粧品を買えない人は?

☆だから、あるがまま誰でも愛する訓練をしなければならない。
 良いところを探すのだ。

 訓練すれば良いところはいくらでも見つけられる。

☆イエス・キリストは私たちの罪を背負って十字架で亡くなられたという。
 それは私たちを誰でも愛しているからである。

☆美しく生まれた人は幸せが多いかもしれない。
 しかし、美しく生まれなかった人が学んでる思いやりや苦しみを学ぶ機会には欠けている。

 マザー・テレサの教えに極端のようだが、イエスの教えの体現者であるだけだ。

「ご聖体は、何を露わしているかというと、イエスは自分の大切な体と血を使って、私たちを慰め、招き、導かれ、食べさせ、養ってくださるのです。

 ご聖体をもって私たちをイエスご自身の中に誘い、永遠の生命を与えてくださる。

 ご聖体によって、私たちはイエスを見ることができ、イエスを愛し、おなかをすかせている人、着るものがない人、住む家をもたない人のように、貧しい人の中でも最も貧しいイエスに仕えることができるようになるのです。このイエスであるご聖体こそ、24時間シスターの心にあるべきものです。

百合亜さんのブログのコピーを勝手にしてます!

敬愛するジェームズ・アレンの言葉が浮かんできました。

憎しみ、嫉妬、疑い、敵意、不安を、
きれいさっぱい捨て去るよう心がけることです。

もしそれができなければ、
自分の体が病気で動けなくなったとしても、
決して不平をいったりはしないことです。

常に明るくおだやかな人たちは、
常にイライラしている人たちが
急速に失ってしまいがちな健康という恵みを、
いつまでも維持できる傾向にあります。

そうだ!
いつも心を愛で満たして明るく穏やかな気持ちでいること。
それこそが「どんな薬もいらなくなる」最高にして唯一の秘訣なのだ!! (^^♪

たとえいかなる苦難にあっても、私は愛を手放さない。

きっと!すべてがうまくいく

ジェームズ アレン / PHP研究所

 押尾被告、合成麻薬DMMAで失ったもの。

押尾被告 失ったものは「家族、仕事、社会の信用」そして…

 合成麻薬MDMAを一緒にのんで死亡した飲食店従業員田中香織さん=当時(30)=を救命しなかったとして保護責任者遺棄致死罪などに問われた元俳優押尾学被告(32)の第6回公判で押尾被告は田中さんについて「見殺しにするようなことはしていない」と話した。被告人質問で答えたもの。

 押尾被告は被告人質問で「失ったものは?」と問われると、「家族、仕事、社会の信用…」とし、少し間をおいて「田中さん」と答えた。

Yahoo!ブックマークに登録 [ 2010年09月13日 15:18 ]