November 8th, 2010

「99年の愛」Japanese Americansのテレビの最終回が終わりました!

 今日のテレビだと主人公の日系2世のフランスの戦死がワシントンでパレードと一緒に、トルーマン大統領から讃えられて、アメリカ人が日本人を見る目が変わっていきます。

 具体的に、強制収容所に入る前に取り上げられた農地と家を、散々意地悪された隣人がテキサス出身ということもあり、テレビ報道でその部隊に隣の日系人がいて戦死したことを知り、心から敬意を表し、償い農地も家も返してくれるのです。

 日本に置いてきたサチとシズは強制収容所キャンプで平松家と一緒の部屋に住んでいた日系2世のアメリカ兵に助けられ、被爆したシズを広島で探し出すことができます。

 京都まで出て、医者を探し、戦死で2人の息子が亡くなった医師の妻は娘たちを広い屋敷に置き、温かく住まわせてくれます。

 それは彼らの母親が日本の出雲からアメリカの花嫁として写真見合いで出会った日系1世との結婚で、確信のように「一生懸命に生きていたら大丈夫。」という信念の実のようです。

☆テレビでは大きなたった日本で成功したサチが嫁と孫を連れて、孫のために野球のイチローの試合を見せるために嫌いだったアメリカに来ます。

 そうして日系2世の戦死した夫の嫁は子供の成長をその夫の弟に支えられ、戦争によって行くえも知らなかったサチのその兄である義理の弟と一緒に会います。

 思い出の地、強制収容所、かつて住んでいた農家の今、そして3世の経営するレストランでの食事をすることになります。

 夫が戦死した、また義理の父が日本の敗戦の屈辱に耐えられず自殺したしのぶは孫娘が白人のアメリカ人と結構することを許せないでいる。

 日本で成功した衣服デザイナーとなったサチはその矛盾を言う。

 自分たちが散々ジャップとさげすまされたのに、自分も差別するのと。

 最後にはサチはとうとう会えなかった両親と兄弟の眠る墓を訪ねる。

 そして夫を戦争で失ったサチは孫娘たちを招待し、婚約の報告を自分の夫や義理の両親にするようにする。

 とうとう独身でおわった義理の弟と戦争未亡人で子育ての終わったしのぶは大木な太陽の昇る大地に向かってくわとすきを持って、誓いの農業に出かける。

☆☆☆
 今日の日曜日はゴロゴロしたいと思っていたのですが、中学と高校で同級生だったN子さんからの電話で髪を洗って乾かしていたのですが、3時に目黒に出かけました。

 幸い主人は今夜は食事会らしい。

 それで、お茶をしながら「63歳の私たちは、あと10年が健康で生きられると思うから、本当にやりたかったことをやろう。」と話していたのでした。

 息子さんはアメリカでレストラン経営。もう一人の息子さんは働いて7年で少し休み中で、お父様のボランティアしているフィリピンに行っていると言う。

 彼女はマウイ島に住みたいと言う。ハワイがとにかく体にいいのだそうだ。

 住めばいいと私は言う。友達なんてすぐにできるわよ。

 私たちは自然派で、自分を装うことにおかねはかけないタイプ。

 それで、寒さしのぎに「ユニクロ」に行って、タイツとかあったかい下着とかを買った

 それから4時半頃だったのだけど、「夕飯は早くても平気なタイプ。」というので、私は白いご飯が電気がまに入っているけど、家で冷凍すれば大丈夫なので、2人で「自信作」というイタリアレストランの「ぺスカト―レ」を食べた。

 同じような境遇で経済状況も似ている。

 夢はともかくどうしてお金を工面しようかと。

 私たちはとても自由で、彼女はアメリカに30年くらい住んでいたのではないかな?

 子供に教えられて、競争心とか虚栄心とかなくなったわね。

 私も娘にはどこの国でもどんな職業でもいいけれど、好きな人と結婚しなさいっていっている。

 息子たちはママが好きなように生きればいいと言っている。

 年相応に体のどこかがいつも痛くて、ハワイでも10日間の滞在中に5日間はベッドで寝ていた。とにかく睡眠時間が長くないとダメなの。

 私は反対。2、3時間しか眠らない。とにかくやらなければならないことがたくさんあって、寝てはいられないと思うのよ。それが体にはあっているみたい。

 何だかんだとハッピーね。私たち。

 そんな会話を終えて、彼女は広尾で買ったマッフィンを1個くれた。

☆私はベーグルと生クリームチーズを買って家に帰った。

 残りのご飯で梅干しと海苔のおにぎりを4個作り、1個はあ畳めて、昨日の残りのアスパラとエリンギのバターソテーをおかずにして食べた。よく食べると思うけど、寒い季節は体に脂肪をたくさんつけないと長野では生きられないと思う。

 明日から箱根・名古屋経由で長野に行くので、買ったユニクロの下着と絵の具とをカートに詰めてヤマト運輸から運べるようにコンビニに行く。ついでに、洗剤がなくなっていたのでコンビニで買っておいた。

☆「99年の愛」の本が届いていたので、見逃した第1話の部分を読んだ。

 テレビを観終わったら、DVDが売られるとか!

☆人類って、こんなにいろいろあるけれど、それでもいい方向に向かっている。

 誰もが納得して生きているのだろう。

 

晴れてる日には画材を買って制作に進まねば!

 晴れてます!
 今日、これから蒲田の「ユザワヤ」に行き、60号サイズのキャンバスを4枚オーダーして、そのまま横浜から箱根に行きます。

 箱根ではポーラ美術館で『アンリ・ルソー展』をしているのです。

 月曜日は普通の美術館は休みなので、箱根で1泊して(泊まれる場所があるのです)次の日に小田原から名古屋に出て、豊橋と豊田の美術館に行きますj。

 遅くても3時には名古屋から長野に発ちたい。

 寒いのはわかったますから少し温かい支度をしていきます。

 家に置いておくと枯れてしまうので「ミントの苗」も2つ持って行きます。

☆今できるベストをするのが私の使命なんですけど、やはり仕事をしないと!

 では、いってきま~す!