November 19th, 2010

「ホワイト・オランダ―」を観る

深夜2時から始まったテレビの映画。
眠たかったけれど母親がアーティストだと言う制定なので観てしまった。
最後に母親の作品が映画に出てきて、それがかわいいの!

ホワイト・オランダー
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: ナビゲーション, 検索
ホワイト・オランダー
White Oleander
監督 ピーター・コズミンスキー
製作総指揮 ステイシー・コーエン
E・K・ゲイロード二世
クリスティン・ハームズ
パトリック・マーキー
製作 ハント・ローリー
脚本 メアリー・アグネス・ドナヒュー
アリソン・ローマン
出演者 ミシェル・ファイファー
音楽 トーマス・ニューマン
撮影 エリオット・デイヴィス
編集 クリス・リズデイル
公開 2002年10月8日 アメリカ合衆国の旗
2003年2月15日 日本の旗
上映時間 109分
製作国 アメリカ
言語 英語
製作費 $16,000,000
allcinema
IMDb
表・話・編・歴

『ホワイト・オランダー』(White Oleander)は2002年に制作され、日本で2003年に公開されたアメリカ映画。

原作はジャネット・フィッチの「扉」。
ストーリー [編集]

アストリッドは母親と一緒に幸せに暮らしていた。けれどもある日、母親は殺人容疑で逮捕されてしまう。 里親を転々とすることになったアストリッドだがその後嫉妬、自己嫌悪、金と言ったことに悩まされていく。ミシェル・ファイファーとレニー・ゼルウィガーの演技対決も白眉。
キャスト [編集]

* アストリッド:アリソン・ローマン(吹替:本名陽子)
* イングリッド:ミシェル・ファイファー(勝生真沙子)
* クレア:レニー・ゼルウィガー(安藤麻吹)
* スター:ロビン・ライト・ペン(山像かおり)
* バリー:ビリー・コノリー(辻つとむ)
* レナ:スヴェトラーナ・エフレモヴァ(宮寺智子)
* ポール:パトリック・フュジット(浪川大輔)
* マーク:ノア・ワイリー(内田夕夜)
* マルチネス:エイミー・アキーノ(磯辺万沙子)
* レイ:コール・ハウザー(楠大典)
* キャロリー:リズ・ストーバー(佐藤あかり)
* デイビー:マーク・ドネート(浅井清己)
* スーザン:カリ・ロチャ(竹村叔子)
* ビル:スコット・アラン・キャンベル(佐藤晴男)
* パティ:ドリンダ・ラルミア(重松朋)
* アン:リーラ・ケンズル(倉持良子)
* イボンヌ:サマンサ・シェルトン(よのひかり)
* ニキ:タリン・マニング(梶山はる香)
* 教師:サム・ケイトリン(飯島肇)
* 判事:ビフ・イェーガー(佐藤祐四)
* 女救命士:メリッサ・マッカーシー(大野エリ)
カテゴリ: アメリカ合衆国の映画作品 | 2002年の映画



ジャネット・フィッチの全米ベストセラー小説を豪華女優陣の競演で映画化したヒューマン・ドラマ。美しく独占欲の強い母親が逮捕されたことで、里親を転々とすることになる少女の心の自立と母との葛藤を描く。監督は「嵐が丘」のピーター・コズミンスキー。主人公の少女役には新人アリソン・ローマン。その母親にミシェル・ファイファー。共演にレニー・ゼルウィガー、ロビン・ライト・ペン。ちなみに、ホワイト・オランダーとは強い毒素を持つ美しい花・白い夾竹桃のこと。
 15歳の少女アストリッドは母イングリッドと2人だけで暮らしていた。父を知らないアストリッドにとって美しいが気が強く独善的な女性イングリッドが世界のすべてだった。そんなある日、イングリッドが恋人を殺害し終身刑で収監されてしまう。保護者を失ったアストリッドは福祉事務所の管理下に置かれ、里親探しが始まる。そして、元ストリッパーでいまは敬虔なキリスト教信者となったスターのもとに送られる。アストリッドは戸惑いながらも新しい生活に慣れていくが、面会にやって来た彼女の変化に気づいたイングリッドはそのことを厳しく非難するのだった…。
【ウェブリンク】

☆ホワイト・オランダ―

 純白の夾竹桃(ホワイト・オランダー)は、強靭な生命力を持つ植物である。乾燥や大気汚染にも強いため、空気の汚れた地域での緑化樹として広く植栽されている。白花は一重咲き、桃色は八重咲きが多いが、強い毒性があって、動物はおろか昆虫も避ける花をつける。第2次大戦後の翌年、広島で一番最初に咲いた花が夾竹桃だったという記録が残っている。花言葉は、「用心、危険、油断しない」。これを母子関係になぞらえ、夾竹桃の毒性を思春期の娘に心理的に植え付け、人生を支配下に置こうとする独善的でカリスマ的な母、それに従い、強い影響を及ぼされながら、自分の人生を切り拓く術を模索する娘の葛藤と拮抗の物語。そこに常について回る「肉親憎悪」の情は、程度の差こそあれ、あらゆる親子に通じる普遍的テーマである。

Netherlands - White Flower


娘と私の日々!

 今日は実を言うと主人の誕生日!

 それで家族してます!

昨晩から、娘は御雑煮が食べたいと言う。

それで、鶏肉、おぶらあげ、ほうれん草もしくは三つ葉、かまぼこを買いに行かせて、今は出汁を取り、お餅を焼いたところ。

 金欠病と言うので1万円上げて、おとりは揚げると言うことになって彼女は今出かけた

☆今日の予定は「悪人」を有楽町で観ようか?
今夜は7時からギャラリー出パーティだけど行かなくてもいいような立場。

 夜はしゃぶしゃぶの用意がしてあるので、やはり家にいよう。

 お昼はお好み焼きが用意してあったので、お雑煮とお好み焼きになるかも。

☆昨日と言うか今朝というか「ホワイト・オランダ―」の映画を観て、娘と母親と言うものの関係はどこも
強制、反撥から自立へ向かうと言うことだと思った。

 娘も26歳なのだが、まないたを買ってあげたのに「おしゃれな生活をしてないから返すからママ使って。」と言う。エコ運動の一環のまないたなので、高かったけれど買ったのだが、娘は馬鹿馬鹿しいほど使い物にならないと言う。

 もう、お洋服も買ってあげない。好みが違うので着ないのだ。
現金が一番いいのだろう。

☆映画の「ホワイト・オランダ―」の主人公の母親はアーティストで、父親は知らない。
母親は「ホワイト・オランダ―」という美しい毒性のある白い夾竹桃を育てている。

母親は美しく、主人公はあこがれて自分も絵を描いている。

母親の同棲相手は「漫画家」で、純粋アーティストの母親は彼をなじり、喧嘩になり、彼を殺してしまう。
それで、母親は終身刑となる。

主人公は16歳くらいか?
主人公は里子に出されるが、それぞれの里親も欠陥人間で大人社会をマジマジと観ることになる。

刑務所の母親は、娘がそれぞれの里親の影響を受けてファッションセンスや考え方が変わるのを許さない。自分を絶対として娘を管理しているのだ。

娘は美しいので、里親の夫に女性として目をかけられたりして、自分の長い髪を切って甘い自分から脱出を図る。

そんな彼女に同じ境遇の絵を描く彼氏ができる。
家から出て自分についてこいと言うのをためらう。
母親の呪縛でそんなことは許されないと思うからだ。

里親もそれぞれの罪悪感とか孤独とかから里子を得ているので淋しさから自殺してしまう里親のところから出ることになる。

主人公も母親から離れるために、自分のファッションセンスを見せて、母親に嫌われようと主張する。

母親も彼女への束縛を変える。

主人公は若いボーイフレンドを未知の世界に行く。

母親はアーティストらしく、自分の生きざまから作品を発表して、正当防衛を主張するために再審に立つ。

母親の作品を観ながら、主人公は母親の生き方と自分の解放を前向きにみる。

☆自分のアーティストであるので、自己主張の強い母親である。
娘の方が若い分、犠牲者となる。

娘には娘の人生がある。

そして主人と私とのバランスを取りながら危うい家族が修復を重ねながら生きながらえている。

やがて、娘が家から出ていく時があるだろう。

そして、私もアーティストだから譲れないもののために、自立と孤独に耐える訓練も必要か?

☆昨日は主人の洗濯物を出して、自宅の冷蔵庫を埋めるための買い物をしたら、荷物が重くなり一端自宅に帰って、冷蔵庫や冷凍庫に収め、それから果物と中華まんじゅうを持って、父の家に行った。

 いつものように、メゾンカイザーで食パン2斤。そして時間が無かったのでタクシーで父の家まで。

 父は元気だったので、柿とリンゴをむいてあげる。蜜柑もむいたが食べないのでそれは私が自宅に持って帰った。

 柿をおいしそうに食べていたのでアイロンをかけていた弟にもあげようと2階に上がったら、一切れ食べたらとんでもない渋柿だった。とても見た目は良かったが渋柿なのによく父親は2切れ食べたと思う。

 それで、帰る前には肉まんを温めて切って、父に出した。

 弟の車で「旗の台駅」まで着た時に、今夜は娘は友人と夕食なので、「蒲田に行くからここで下して、ユザワヤに用があるの。」と言ったら「なんだ。送って行くよ。近いから」と蒲田まで行ってくれた。

 映画のカードもくれたので12月からは東宝系の映画に限っては無料で観れる。

 「ユザワヤ」で、「雪の聖母」のイメージの平面作品を作ろうとビーズとボタンを買った。トータルで1万円くらい。

 池上線で五反田まで帰り、飲み物など買って自宅に着いたら娘の方が先に帰ってきた。

 私は肉まんで夕食にして、深夜にピザを焼いて食べた。

☆週刊誌「文春」「新潮」を買って読んでいた。
皆、大変なのね。生きることは!

 そう言えば、10月にした瀬戸内と愛知のホテル5泊代を含むカードの請求書が来ていた。
「いくら?」と娘が訊く。「5泊で5万円くらい。」「安いね。」「工夫して割引きのを使うもの。」
それで、全部で10万円くらいカードの引き落としがある。

 都会は高くつく。

 娘が定期預金の降ろせる春までお金を貸してということで、自分の信用組合から10万円降ろして私ことになった。

 「悪人」の映画はまだやっているので観ないことにした。

 主人の誕生日なので、ケーキを買ったり掃除をしてテーブルクロスを設置すること!

☆娘が美容院の予約が2時に決まったところ、私も銀行に行く準備をしていた。
「ママの銀行のハンコがどこかに行ってしまったので、信組と三菱のルイコ口座しか使えないのよね。」
「それって、もしかしたらこれのこと?」
とハンコを持って来る。
懐かしいハンコケースに入っているまさしく私のハンコだ。
「パパがこれを持って行けって。自分の信組のハンコはこれなのでママのを使っていたんだ。」
「御蔭で引き落としができなかったのだけど今日はここから出してくるわ。」
「ちょうどいい。あなたは一人っ子だから、教えておいてあげるけどママはこれだけ銀行口座があって。」
と通帳を見せる。
「しょぼいね。」と娘。
「そうなんだけど、簡保もあるからね。なんか会ったら、全部パパとあなたのものだから。」

あんなに探していたのに、主人は何も言わなかったから確信犯だ。
でも、使い込んで無くて銀行口座にそのまま入っていたから「まっ、いいか!」

このお金で明日は「レオニー」を観る予定だから、原宿に行ってフランスのボタンをたくさん買おう。
アートの材料だからね。

「ママは、長野に行くバスの安い情報もちゃんと仕入れていざというときはバスで2900円で長野に行くからね。」

「ふ~ん。不景気は嫌だね。」
「早めに収入が減って良かったわ。節約が楽だもの。」
「会社辞めなければ良かったのに!」
「うん、月にね30万円くらい収入が減ったわよ。でも、生きられるんだな。このくらい質素でも大丈夫なんだ。若い時には段ボール工場に行ったり、喫茶店で働いたりもしたりね。」
「段ボール工場でなにしたの?」
「それが思い出せないのよ、何か詰めていたんじゃないかな?」

☆冷蔵庫には高価な減脂茶が2本入っていた。
「あなたが買ったの?」
「パパ!」
「気にしてるんだ。(太っていること)」
「食べるのをやめた方が痩せるのにね。ママなんか長野で結構痩せた。もう50キロにするのは難しくない。」

「それでも、パパに電話してよ。今日は誕生日だからしゃぶしゃぶでケーキも用意しておくから、つまらないもの買ってきてはダメよって。」
「うん。」

 銀行は3時までなので私も出掛けますか。

ハイチの暴動!

【11月19日 AFP】コレラの流行でこれまでに1100人以上が死亡しているハイチで、コレラの感染源が国連ハイチ安定化ミッション(MINUSTAH)の部隊だと主張する群衆によるデモが拡大し、暴動に発展している。

 暴動は15日、ハイチ第2の都市、北部カパイシアン(Cap-Haitien)で始まった。警察署が放火され、数千人のデモ隊が国連施設を攻撃する構えを見せた。応戦したUN平和維持軍との衝突で3人が死亡した。

 18日には暴動は首都ポルトープランス(Port-au-Prince)にまで到達。群衆が火のついたタイヤや腐敗したごみの詰まった容器で道路を封鎖し、あたりには催涙ガスがたちこめ、時折銃声が鳴り響いた。

 また、コレラの感染源がネパールからの派遣部隊だと主張する若者数百人が、MINUSTAHの部隊を乗せたオープントップのトラックに向けて投石した。

 国連はこれに対し、ネパール部隊の一部に対して検査を行った結果、コレラ感染の形跡は見られなかったと反論。一方、保健衛生当局はコレラ感染源ではなく、感染拡大阻止に焦点を絞るべきだとしている。(c)AFP/Stephane Jourdain

【関連記事】コレラ流行のハイチでデモ、国連部隊と衝突し2人死亡

木嶋被告を追起訴

青梅の男性を自殺偽装し殺害、木嶋被告を追起訴



 交際相手だった東京都青梅市の会社員寺田隆夫さん(当時53歳)を自殺に見せかけて殺害したとして、東京地検立川支部は19日、住所不定、無職木嶋佳苗被告(35)(別の殺人罪などで起訴)を殺人罪で東京地裁立川支部に追起訴した。

 木嶋被告は否認を続けているが、検察側は状況証拠などから立証可能と判断した。

 発表などによると、木嶋被告は昨年1月30~31日、寺田さんの自宅マンションで練炭を燃やし、昏睡(こんすい)状態にさせた寺田さんを一酸化炭素(CO)中毒によって殺害したとされる。

 寺田さんは当初、自殺とみられていたが、警視庁が再捜査したところ、木嶋被告が寺田さんから現金計約1700万円を受け取っており、死亡前にはインターネット通販で練炭を購入していたことなどが判明している。
(2010年11月19日12時50分 読売新聞)

東京にいる日は忙しい!主人の誕生日だし!

 2時に家を出て、三菱銀行から口座から持ってきたハンコが使えるかどうかをチェックしながらおろします。そして「ルイコ」の口座に少し入れました。カードで引き落とせるのはこのカードなので。
 それが使えなかったんです。
 その代わり、信組で使っているハンコ(印鑑)が使えたのです。それで、娘に渡すお金と当座の生活費を降ろしました。
 次に「みずほ」銀行。やはり同じでした。そこからも端数のお金をおろしました。その口座はウルトラ・プチ・スタジオを解約した時に戻ってきたお金が入っているくらいでしたので10万円だけ残しました。
 次に住友銀行に多少入金しました。ドコモがここから引き出されるので、携帯が結構になるので足らないと困るんです。

それで、目黒駅にJRで行き、信組からも額代など降ろしました。
それから目黒駅のゴティバでココア2本とクリスマスのチョコを娘のために買いました。

それから恵比寿駅に行き、サラダと牡蠣のフライと南瓜と里芋の煮つけを買って、自分は大根の芯の赤いのとブラッド・オレンジのジュースと言うのを飲みました。
ケーキを買って、アフリカの薔薇を3本買いました。乾電池を4本。
結構の重さなのでタクシーで帰りました。いつもより300円くらい高かったのですが鷹揚にしてました。

☆帰って来てから、ご飯をかしいでテーブルのセッティング!

小ぶりのケーキです!家族3人ですから。あとで姑に4分の1あげるとしても4人分ですから。

ココア缶は1本が主人に。1本が娘にです。右の方が濃くて大人味らしい。インフルエンザを布施く効果があるのと、主人がバーホーテン・ココアは薄いというので少しいいのを買いました。

薔薇はピンクと白とピンクと緑の混じっているのなのです。
小さなクリスマスのケースの中にはかわいいチョコが3個入っているので娘に上げようと思います。明日に帰るそうです。

おととい買った「ビッグ・イッシュー」2冊。

留守の間に届いていた「聖母の騎士」。

今日買った「ぴあ」です。


2010年1月21日から26日までの「夢のイストワールド」展の案内状です。
O美術館の案内状です。



左下が私のですね!「Invisible flying Church」と言う名にしました。


やはり「妖精シリーズ」はやめて、新しいのを作りましょう。

☆今ご飯を炊いている最中です。
「しゃぶしゃぶ」も久しぶりなので楽しみです。ポンズで戴こうと思ってます。すだちも2個あるのでそれもしぼりましょう!

娘も帰ってきて、今は隣の姑の家に行っている最中です。

☆今夜はアートの小さなギャラリーで7時から女子会があったんですけど、今朝ドタキャンをしました。
ドタキャンが多くて定員の半分くらいの参加になったそうです。
ごめんね。

 やはり、家族は大事!
 特に皆、離れて仕事と言うか御勉強をしているので、一緒にいれる日は大切にしたい。

中国の圧力!

インドネシア大使も欠席 ノーベル平和賞授賞式
2010.11.19 17:35

 インドネシアのマルティ外相は19日、ノルウェーの首都オスロで来月10日に行われる中国の民主活動家、劉暁波氏へのノーベル平和賞授賞式に駐ノルウェー大使は出席できないことを明らかにした。大使欠席を表明した国はこれで少なくとも計7カ国となった。

 中国は劉氏の受賞に猛反発し、各国大使に出席を見合わせるよう要請している。マルティ外相は記者団の質問に対し、12月9、10日はバリ島で別の会議があり「駐ノルウェー大使はそれに出席しなければならない」と説明。しかし、外交筋は「中国の圧力に屈したのは残念だ」と話している。

 インドネシアは、正副大統領が10月に相次いで中国を訪問し経済関係の強化などを訴えた。一方、中国の呉邦国全国人民代表大会常務委員長が今月、ジャカルタを訪れて60億ドル(約5千億円)のインフラ支援を約束したばかりだった。(共同)

明日は「レオニー」を観るつもり!

レオニーLeonie
11月20日(土)[角川シネマ新宿]ほか全国ロードショー!!

お母さん、
私はこの子を連れて
日本という国に行きます。

天才彫刻家 イサム・ノグチの母、
レオニー・ギルモアの生涯

* THEATER

『レオニー』上映時間決定! (2010/11/07)

11月20日(土)より上映致します『レオニー』の上映時間が決定致しました!


●11月20日(土)のみ
10:15/13:35/16:15/18:55

※10:15の回は上映終了後、舞台挨拶がございます。
詳細はこちらをご覧ください。
※すべての回本編からの上映となります。予告編はございませんのでお気をつけください。
※シネマ1(300席)での上映となり、各回入替制、全席指定席となります。
各種前売鑑賞券をお持ちの場合も指定席券にお引換えが必要となります。
※作品及びその他詳細はこちらをご覧ください。
※当館入場システムについての詳細はこちらをご覧ください。


●11 月21日(日)から12月17日(金)
10:15/13:05/15:55/18:45

※但し、12/14(火)のみ18:45の回がシネマ2(56席)での上映となり、デジタル上映となります。
また、12/14(火)はすべての回で予告編が3分程と短くなっております。お気をつけください。

※ シネマ1(300席)での上映となり、各回入替制、全席指定席となります。
各種前売鑑賞券をお持ちの場合も指定席券にお引換えが必要となります。
※ 作品及びその他詳細はこちらをご覧ください。
※当館入場システムについての詳細はこちらをご覧ください。


●11/20(土)の上映については下記の通りとなります●
※11/20(土)の上映時間は10:15/13:35/16:15/18:55になります。
但し、10:15の回は上映終了後舞台挨拶の回となります。詳細はこちらをご覧ください。
※11/20(土)はすべての回本編からの上映となります。予告編はございませんのでお気をつけください。


※12/18(土)からはシネマ2(56席)での上映となりますが、上映時間は未定となっております。決まり次第、お知らせ致します。 『レオニー』上映時間決定!

平凡な日が暮れて!

 私と娘は6時に夕食。

 主人は8時半に夕食で、私はもう1度一緒に食べてしまいました!
 それから4等分したケーキを3人で食べました。お茶は栗紅茶です。

 サラダはこうして氷の下に置いておいたんですがね。


 神山コテージのシイタケもしゃぶしゃぶに入れましたが、おいしかったですよ!

娘が姑に主人(息子)の誕生日を知らせたら「忘れていたわ。」と言っていたそうです。
「それあ、そうだろう。」と主人。

悪知恵が発達しているのですね!木嶋佳苗!

木嶋容疑者、業者通じPC廃棄か 青梅の被害者の2台(1/2ページ)

2010年11月19日20時20分


 東京都青梅市の会社員寺田隆夫さん(当時53)が2009年1月、練炭自殺を装って殺害されたとされる事件で、殺人容疑で逮捕された無職木嶋佳苗容疑者(35)が事件直後、パソコン2台を廃棄などを請け負う家電リサイクル業者に送っていたことが捜査関係者への取材でわかった。寺田さんのパソコン2台が自宅からなくなっており、警視庁は木嶋容疑者が寺田さんと交わしたメールを隠すため、業者に処分させた疑いが強いとみている。

 東京地検立川支部は勾留(こうりゅう)期限の19日、木嶋容疑者を殺人罪で起訴した。千葉県警は、同県野田市の安藤建三さん(当時80)が死亡した事件で、木嶋容疑者を殺人容疑で逮捕する方針を固めている。

 警視庁青梅署捜査本部によると、木嶋容疑者は09年1月30~31日、マンションの寺田さん方で、寺田さんを眠らせ、練炭を燃やして一酸化炭素中毒にさせ、殺害した疑いがある。

 捜査関係者によると、木嶋容疑者は事件後まもなく、段ボール箱1個を埼玉県内の業者に宅配便で送付。伝票には中身として「デスクトップパソコン」「ノートパソコン」と記載されていた。

 寺田さんは自宅で普段デスクトップ型とノート型各1台を使っていたが、調べではノート型と、デスクトップ型のハードディスクがなくなっていたという。業者がデータを消去したうえ廃棄されたとみられる。

 捜査関係者によると、寺田さんは結婚相手を紹介するサイトで木嶋容疑者と知り合い、交際を始めた直後の08年6月から死亡の直前まで計約1700万円を木嶋容疑者の口座に振り込んでいた。

 木嶋容疑者のパソコンには、寺田さんと交わしたメールが残っていないといい、警視庁は木嶋容疑者が削除した疑いが強いとみている。

 木嶋容疑者は、ほかの複数の男性からも金をだまし取ったなどとして起訴されている。男性らには、主にパソコンのメールで金を要求していたとされるが、木嶋容疑者のパソコンからは関係のメールが削除されていたことが埼玉県警の捜査でわかっている。

○ 交際相手だった東京都青梅市の会社員を自殺に見せかけて殺害したとして、追起訴された木嶋佳苗被告は、警視庁幹部によると、先月29日に警視庁に殺人容疑で逮捕された直後は「私は殺していません」と容疑を否認したが、その後は捜査員との雑談にも応じず、取調室内の一点を見つめ、黙秘を続けているという。

 木嶋被告は来週中にも警視庁施設から、東京拘置所に移送される見通し。
(2010年11月19日15時10分 読売新聞)