December 4th, 2010

雪降れば!食欲!体力が無いと生きてはいけない!

 インターネットをしてその足で神山を下りて、そば屋「樹香」に行った。
ヤマネさんの話ではも菓子はイタリア料理も出していたそうだ。

ざるそばに焼き鳥を3本焼いてお土産にした。
イタリア料理のコックさんの奥さんが寒い黒姫に滞在するのは反対で留学以降東京へ帰ってしまったとのこと。わかりますね。

寒くて4時半だったが、客は誰もいなかった。

コーヒーをサービスしてくれた。

セブン・イレブンでクレンザーと食洗剤を買う。
外は真っ暗で5時なのに山道はやっとの明るさ。
雪になっていて、夕食を食べる8時ころにはこんな状態だった。



 本屋さんにもらった大根と生協から届いた里芋を調理して昨日のおでんにおつゆを足して根野菜の煮もの。油あげ、しいたけ、里芋、大根、ネギ、南瓜。


 ストーブはガンガン薪をくべて、シチュー鍋を乗せた。
人参、マッシュルーム、大蒜、万平ホテルの荒挽きソーセージ、玉ねぎ、じゃがいも。あとでブロッコリーでも買ってこよう。


 ぶりは長野の東急で来るときに買ってきたもので、豆腐は東京から持ってきたものだ。
煮物は本を読んでいて、気がつけばおこげだったが、味が染みておいしかった。
長ネギと南瓜は入れるタイミングを失った。

 お風呂に入って、洗濯をして、ビデオ作家のHさんに電話をして、本を読む。
本は真摯に生きた夭折型のアーティストの本で、心が暗くなった。

 雪はまだ降っていて、夜中の3時。


12月4日、朝は10時に起きた!
晴れていたので、雪が解け始めている!
お花のためにはホッとする。


ローズ・マリ―

プチ・パンジー

しいたけはイガイガになっているのを発見!


今日は山を観ながら食べることに!
テーブルクロスは雪!


卵とチーズの卵焼きにシチューに入れたウインナー、ジャガイモ、マッシュ―、にんじん。
昨日のおこげの野菜の煮物。見栄えはともかくおいしかったです!
焼き鳥の残りに素朴なキュウリとトマト。トマトジュースにタバスコをいれて!

☆寒いと体が鈍くなります。
食器でも衣服でもすぐ洗うようにしているのですが、今コテージの中にあふれているのは絵の材料で。
これは、制作が終わるまでは片付けられない。

それで、あっちぶつけこっちぶつけ、時々こぼれたりする(ビーズの類ですが)。

☆生きることは大変だ。
 63歳。
 絵を描く人としては長く生きている気がしますが、この現代と言う時代に空をつかむような前進をしていく作業は、かなりシンドイ。

 2階のアトリエに乾くのを待っている作品がありますが、(たぶん1年くらい乾かない)自分は正しい方向に向かっているのかは懐疑です。

☆とにかく、こんなに晴れた明るい日は庭でアートを始めましょう!
白いキャンバスを広げて!