January 22nd, 2011

今日も無事終わりました。

 O美術館は10時半からなのですが、私は11時に着くようにでかけました。
 今日は主人も朝はいたのですが、私は朝風呂に入り朝の洗濯などを終えてから出かけました。幸い干してからです。

☆今日は土曜日なので、昨日寄りは人が多い感じでした。
ボランティアで受け付けする方たちと仲良くなり、お話などできたのは今日の充実です。

 いろいろな作家さんとも作品や背景など知れて良かったです。

 長野在住のアーティストさんと長野の活性化のお話もしました。
 また、女子美術の後輩の方が若い女性で、家庭でのアートと生活の両立で苦しんでおられる様子も、女性なら誰でも通る道と言う感じで励ましました。

☆お昼はレストラン街に直結しているので、絵をちょうどお隣に展示している作家さんとおうどんやさんでてんぷらうどんを。

 DVDを流す装置があるので(有料)玉神輝美さん(男性 本名だとしたら凄い名前ですね)のDVDを流していたのですが、バイオリンの音色もきれいでここと良かったです。



 隣に座っていたら初対面だったのですが、「お母さんみたい」と言われ、仕方がないかと思いました。(笑い)世界50カ国で熱帯魚を描いた原画がジグゾーパズルが販売されているそうです。
お父さんが映画館で看板絵描きだったそうで、それってなんとなく素敵です。

 いつもお茶を入れてくださる方の名刺が机上にあって、「タロット占い」とあったので、いろいろお話をしていたら、弾んで楽しかったです。

 身内のような展示メンバーの女性3人が「マリア・コード」を買ってくれました。(売り切れ)

 また、中国の天女を描いている男性の方が「明日、二十四孝物語買うからね。」と言ってくれ、「絵がいいよ。」とほめてくださいました。

 明日は、私も「蚊帳教会」の英語バージョンと、第1回の軽井沢の短い写真だけのDVDのアヴェマリアの歌の流れるDVDを持ってきて流そうと思いました。

 七宝を焼く方が自宅のオリーブの木からとれたオリーブの実を松の実やバジルなどでソテーしたおつまみを持ってきてくれました。皆で摘まんで楽しくおしゃべり。

6時半に出て、自宅には買いものを本屋と食糧売り場で終えて、7時には家にいました。

主人も帰ってきて、「3冊売れたのか?じゃあ生活費は要らないな?」とのたまったのですが、「もっと売れて、早く辞退をしたいと思います。」と答えたのでした。