March 17th, 2011

用心にこしたことはない!

神戸女学院大教授 :内田樹氏が、朝日新聞で、次のように、関西への退避を主張しています。
「危機的状況では、リスクを過小評価するよりは過大評価する方が生き延びる確率は高い。避難が無駄になっても責める人はいない。「何事もなくてよかったね」と喜べばいい。」
わたしも同意見です。
子供や若い女性の関西への退避を真剣に考えてください。

この情報は富井玲子さんからの拡散です。

彦坂尚嘉


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
西日本へ「疎開」を 〈伝えたい―阪神から〉

■内田樹さん(60) 神戸女学院大教授

 阪神大震災が起きたとき、小学6年の娘と芦屋のマンションに住んでいた。タンスの引き出しが顔に飛んできて目が覚めた。歯が折れていた。周辺の木造家屋はほぼ全壊し、神戸の街から煙が上がっていた。マンションは半壊、近くの小学校の体育館で3週間の避難生活を送った。

 今回の東日本の地震で対応が難しいのは、まだ災害が終わっていないことだ。福島の原発が危機的な状態にある。気になるのは政府・東電の情報が遅く、被害を過小評価する解説が続いていることだ。首都圏から避難が必要ないと言い危機的状況では、リスクを過小評価するよりは過大評価する方が生き延びる確率は高い。避難が無駄になっても責める人はいない。「何事もなくてよかったね」と喜べばいい。「切る専門家もいる。だが、この後、大量の放射性物質が飛んできた場合、この人はどう責任をとるのだろう。

 安全だ」と信じ込まされて、いきなり「さあ逃げろ」と言われたらパニックになる。メディアの報道では「避難できる人は避難した方がいい」という専門家の発言が抑圧されているように感じる。

 しょうがないから、僕はネットで安全な西日本などへの「疎開」を呼びかけている。とりあえず、妊婦や幼児や病人、児童生徒たちは、用がなければ被災地と救援の活動拠点となる都市部を避けた方がいい。

 政府は可能な人には「疎開」を呼びかけるべきだろう。東北・関東から100万でも200万でも人口が少なくなれば、資源への負荷も軽くなり、救援の資材や人員の搬送も円滑になる。
彦坂尚嘉さんの200次元ブログからのコピーです。
彦坂さんの気体分子ギャラリーのメンバ―はすでに京都に原発難民として移転されました。

■ 西日本は被災者を受け入れて

 いま、西日本のわれわれに必要なのは疎開を受け入れる準備だ。安全な西日本だからできる支援策を講ずるべきだろう。大阪市長が市営住宅500戸を提供すると言ったが、こういう「歓待」政策が必要だと思う。

 私も16日、大学の宿泊施設の点検をした。授業再開のめどがたたない被災地の大学から被災学生を受け入れる計画を検討している。どの大学もそれぞれの規模で被災学生の受け入れを考えてほしいと思う。

 西日本の役割は支援する人を「東」へ送り込み、支援を要する人たちを呼び込むこと。一極集中の首都機能の一部を大阪に移す必要もある。オールジャパンで、それぞれの役割にふさわしい支援を工夫することが必要だ。

 被災経験から言えることは、被災者は「失ったもの」を数えないこと。命あってのものだねだと、「手元に残ったもの」を数え上げてみる。希望を持つ。希望を持っている人間はしのげる。そして最後は人情にすがる。16年前、人の情が身にしみた。(聞き手・中村正憲)

情報出典:http://www.asahi.com/national/update/0317/OSK201103160089.html

☆火災や爆発で深刻な事態が続く福島第一原発で、使用済み核燃料をなんとか冷却しようと、自衛隊などによる放水作業が始まりました。

 現場で最優先に進められている作業は、3号機にある使用済み核燃料プールの冷却、放水作業です。17日午前中の自衛隊のヘリコプターによる放水作業に続いて、警視庁の高圧放水車による放水作業が始まるという情報が入ってきています。自衛隊が消防車両を使って海水の放水を行う準備もしています。それと平行して、東北電力の送電線から何とか電源を確保しようという動きも始まっています。外部からの電源が一部でも復旧すれば、もともと原子炉にある非常用冷却装置が動く可能性があります。これがうまくいけば、炉心の冷却が一気に進む可能性があるということで、東京電力では、この作業に全力を挙げています。
 そして、東京電力に詰めかけている取材陣にも、爆発や火災が相次いだ16日と比べて雰囲気が一変しています。なんとかうまく収束してほしいという期待感に覆われている印象です。ただ、福島第一原発の危機的な状況に大きな変化はありません。放水作業による冷却効果も定かではないからです。原子炉の燃料棒も依然として水面から半分以上が出ている状態です。現場での作業は放射線量が高いという極めて厳しい状況のなかで綱渡りの状態で行われていますが、収束に向けてのめどが依然、立っていない状況です。

☆京都の中川晋介さんのブログより
2011.03.16 Wednesday
京都の一時疎開者受け入れ先
 京都新聞を見ると、京都府、京都市、滋賀県が、公営住宅の提供を申し出ています。いや、各都道府県や政令市も公営住宅の提供を申し出ていますが、私は実家に帰ってて、出来そうな事は地元京都の事なので分かった範囲を書かせてもらいます。

 さっき京都府住宅課、京都市住宅供給公社、滋賀県住宅課に電話して聞きました。分かった事を新聞内容と合わせて書きます

■■■京都府は府営住宅132戸を無償提供■■■

<16日 AM09:30頃の状態>

・現状は?: 申し込みはまだ始まっていない (受け付けは「16日から」とあるので、もうすぐ始まるはず)

・今後施設は増えるのか: 入居した人が退去すればその分入れる(ネットには増やすと書いてある)

・場所は?: 市内もあれば北部もある 選べる

※132戸というのは、大きさはバラバラで、10人入れるのもあれば、5、6人程度の住宅もある
※対象: 東北大震災、福島原発等、災害救助法に基づいた生活に困窮した避難者、災害救助法適用の県


■■■京都市は市営住宅20戸を無償提供■■■

<16日AM09:30頃の状態>

・現状は?: 申し込は多い すぐに埋まる見込み

・今後施設は増えるのか: 増える見込みで検討中

・場所は?: 市内各所 選べる

※対象: 東北大震災、福島原発等、災害救助法に基づいた生活に困窮した避難者、災害救助法適用の県


■■■滋賀県は県営住宅34戸(即時9戸、四月中旬から25戸)を無償提供■■■

<16日 AM09:30頃の状態>

・現状は?: 現在申し込みは二件 

・今後施設は増えるのか: 検討中

・場所は?: 県内各所 選べる

※対象: 災害救助法適用者限定、というわけではないみたい 要相談

■■■各電話番号■■■

・京都府 府住宅課 0754145366
・京都市 市住宅供給公社 0752232701
・滋賀県 県住宅課 0775284234



 どこも「災害救助法対象者」という前提が入ってくるけれど、万一原発がこれ以上ひどくなるなら誰もが対象者になる可能性があります。

 先ず、全国で住宅提供の準備が進んでいる事、京都であれば私が何かしら答えられる事を知っていてください。今のうち読んでおいて実際その時が来たら「あ、何か言ってたな」って感じで頭に置いといてください。

☆避難民受け入れの輪、全国で 神戸市も市営住宅用意
2011.3.16 19:15 (1/2ページ)

 東日本大震災で計43万人を超える避難民が出る中、他の自治体が小学校や空き市営住宅を用意するなど、続々と受け入れ態勢を整えている。「同じ東北として最大限の支援をしたい」「阪神大震災の時は助けてもらった」。理由はさまざまだが、支援の輪は全国に広がっている。

 「同じ東北として今、協力しないといけない」

 山形県は県内28施設で1850人の避難民を受け入れているが、うち1649人が県外から。「避難生活は長引くだろうが、少しでもリラックスできるよう要望に応えたい」(県担当者)と、東北の“結束力” を強調する。

 国道49号で福島県と繋がる新潟県は、福島県から避難民受け入れの緊急要請も受け、15日には支援を本格化させた。旧大和小学校(新潟県阿賀野市)など2カ所に避難民向け相談所を設置し、250人以上を受け入れている。同県広報担当者は「同じ原発を抱える自治体という縁もある」と“他人事”ではないことを強調する。
本州最大の湿原、尾瀬国立公園をはさみ、福島県に隣接する群馬県片品村は、民宿の空き部屋を利用し、避難民約1000人を観光シーズンが始まる直前の6月末まで受け入れることを表明した。

 遠く関西からも支援の声が上がる。16年前の阪神大震災で大きな被害が出た神戸市の対応は素早く、市営住宅など200戸を用意。16日朝から受け付けを始めた。神戸市は「阪神大震災の時は他の自治体に受け入れてもらった。困ったときは助け合うことが大事だ」と話していて、今後も状況に応じ態勢を拡大する。

 被災地から1000キロ以上離れた広島市も、避難民向けに55戸の市営住宅を確保。早くも15日に入居相談受け付けを開始した。

 また何かあったら書きます。



 長野廃屋にアート難民を受け入れることを提案したいです。

幸福への近道 照さんのブログより

#

Date: 2011.03.16 | Category: 管理人よりお知らせ | Response: 0

講演会の会場に付いて お知らせ致します。
会場変更に伴い 表記しているスケジュール及び内容について変更させて戴く事をご了承下さい。

【日時】 3月26日(土) 午後1時~4時

【会費】 3,000円
☆講演会の収益は、全額被災地へ寄付致します事をご了承下さい。

【会場】 台東区民会館 9F特別会議室

      東京都台東区花川戸2丁目6-5 都立産業貿易センター台東館9F
      アクセス 銀座線浅草駅7番出口から徒歩5分
      電話 03-3843-5391~3
      URL www.asakusa.com/S100209.html

【定員】 150名
※定員になり次第 打ち切りとさせて戴きます事をご了承下さい。

【お申込み】 
すべて完全予約制です。
お名前・ご連絡先の電話番号をメールでお知らせ下さい。
折り返し、ご連絡いたします。
予約メールアドレス:counselorshow@gmail.com
#
<世見> 2011/3/17

Date: 2011.03.17 | Category: 世見, 地震・自然災害 | Response: 15

私が書く事を怖がらないで下さいネ。
突然、揺れ始めるから人は動揺し、次なる行動がとれなくなるのです。
ご自分が現在、何処にいるのか、気になった時は、自分のいる位置を認識して下さい。
いつも、この事を神経質になって思っていなくてもよいのですよ。
「気になった時」と云うのが、ご自分の勘が働いた証拠です。
ご自分の勘を先ず信じる事、恐怖心が心に広がった時は、大切に思って下さる方や大切にしたい人の事を思い、乗り切れると思う真の勇気です。
今日も、心の中で「頑張る」と云う言葉の気を、ご自分に送って下さい。
では、地図を触りながらご報告していきます。



太平洋側の岩手・宮城県の沖は、かなり落ち着きを取り戻し掛けている様ですが、沖合が今見ている地図にはないので、目の前に見せられている地図では、この間の揺れがあった場所から青森の沖合、釧路方面の太平洋側。
これって、断層?なのか日本海溝なのか、ずれなければ良いのにと思うのも見えています。
今はこの間揺れた部分と下の力で持ちこたえている様にも見えています。
このまま動かないでと念じたところですが、少しだけではありますが峠を越えようとして下さっているようにも私には映りました。
ただ、この間の揺れの歪みと申しますか、揺れの原因の場所から内陸部で、揺れた後の調整で後々揺れにくくなる為の形作りなのか、揺れがあると思います。
心の準備と気構えさえしておけば、大事に至りません。



福島県の原子力発電所の事は今、最大の問題事項です。
私は福島の原子力発電所を東北電力と勘違いしていたくらいの知識人ですが、原発には耐用年数って法律や規則がハッキリしていないように思えて気掛かりです。
原発の安全性の見直しは今すぐ考えないと、事故は続くと思えて仕方がありません。
敦賀原発は本当に大丈夫でしょうか?
高齢の原発があるのではありませんか?
福島第一原発の第一号機って、39才くらいなのですよネ
人間なら働き盛りですが、原発ってどうなのでしょうか?
誰が継続運転を許可したのでしょうネ
やはり、今回の原発事故は人災です。
確かに大地震が引き金になりました。
でもネ
想定外なんて許せません。
チリの1960年5月に起きた大地震はM9.5だったのですよ。
51年近くも前に、この大地震が起きているのです。
様々な事を想定するのなら、最低このM9.5を基本に考えるべきだったのではと思います。
又、津波もチリの大地震では被害があった場所でもあり、やはり今回の事は、ある一部の人の思惑の人災と私は思います。
今回の大地震を天罰と言われた有名な方もおられますが、天罰で日々を健気に生きている人々が犠牲になるはずがありません。
大地震は、地球星の活動の結果です。
今回は我国が体験させられたに過ぎず、それ故に、犠牲に遭われた皆様は地球の今後のお役立ちに貢献されたいわば殉職者です。
きっとあちらに帰られて、ご自分の今世でのお役目をもうすでにお分かりになられていると私は思っています。
#
前を向いて

Date: 2011.03.17 | Category: 照の日記 | Response: 10

問題が起きると ご自分の考えが正しいと思いたくなる事ってありませんか?
どんな時でも 後ろを振り向いてはいけません。
過去があっての今日なのですもの。
今日 どの様に考えているのかが一番大切です。
もしも その問題になる出来事が 過去の事が原因だったら今の気持ちを先ず整理されて どのように その問題を解決されるかを考えられた方が良い答えを見付けられる事になります。
#
<特報> 2011/3/16

Date: 2011.03.16 | Category: 世見 | Response: 56

昨夜も揺れの為に眠りにくかったのですが、
朝方、結婚式に出席している時のあの何とも言えない幸福感を味わいました。
夢です。
夢を見たのです。
浜辺の石影には蟹が笑っているかのように、私を見ています。
空は青く、海も青く、白い鳥が数羽、心地良く飛んでいます。
キラキラと輝く水平線には船も見えます。
浜辺を歩いていると松の木の子供がたよたよと、風に身を任せています。
浜辺は白く、歩く足音は地球と語らっているようです。
声がするので そちらを見ると、少年の野球チームが練習をしています。
真っ白いユニホーム姿に、少年の心が映っているようです。
彼らの動きは生きている証。
私は坂道を歩き始めると、石段に座り、楽しげに語らっている老夫婦らしき人がいます。
女性は男性に魔法びんから飲み物をいれ、ハンカチを添えて渡しました。
長閑です。
季節は初夏のようです。
私は急に空を飛んでいます。
風が心地良く髪をなびかせています。
背がウーンと高い石碑が見えて来ました。
私はその石碑の前で「御苦労さま」とお声掛けをしていました。
何故、そんな言葉が出たのかは分かりません。
その石碑は御影石のように黒く光沢があります。
よく見て見ると、慰霊碑のようです。
私は手を合わせました。
するとその石碑から光の様な、鳥の様なものが、音もなく天高く昇って行きました。
悲しさは感じられません。
寧ろ「今の世にいて下さってありがとうございます」の気持ちが、心に広がります。
「夢なのかもしれない」
こんな思いが夢を見ながら思いました。
空を見上げると、やはり青空、その青空に寄り添うかの様に白い雲が幾重にも浮かんでいます。
すると、何処からか今迄聞いた事のない、多くの人の声で
「私達は皆、元気ですから」
私は空をもう一度見上げました。
すると先程の白い雲が人の顔に変わり、次から次と私に微笑んでくれています。
その時です。
虹が、それも数えきれない数の虹が石碑から、空に向かって延びています。
なんと美しい光景でしょう。
「皆さ~ん、私達も、元気ですよ~」
と言った時、目が覚めました。

夢かァ~
体中から力が抜けています。
テレビを付けていたので、すぐに現実に戻りましたが、そんなに遠くない年月の日に、何も起きなかったかのよ#

うに人々は暮らし、歴史を作り上げて行くのだなァ~と思ったのでございます。
ただ、あまりに白い雲になった人々の爽やかな表情、時が経つと人々は悲しみから学び取り、天使の様な笑顔が出来る様にも思いました。
夢の後、 
「希望を捨てなくてもいいんだなァ」
こんな風に思えた時、体中に息吹が注がれました。
あまりにも悲しみで心を凍らせていたので、こんな夢を見せて下さったのかも知れません。
夢のお裾分けですが、皆様どうか、未来を信じて下さい。
私が見た夢は、ほんの少し先にやって来る美しい国、日本の姿です。
アッ そうそう、街並みも以前とは違い、どこか外国にでもいるような家並みになっていましたよ。

頑張ろう日本
頑張れるよ日本
神の国と云われた日本なのだもの
皆が力を合わせると奇跡が起きます
恐怖心は少しだけ、お休みにして
起きた時は、心に気合を入れて
「大丈夫」と、言ってみようではありませんか
必ず一人一人に、いつもいて下さる神様が力を与えて下さると思います。

私にも、やっと気力が戻って来ました。
多くの方々が世界中から、私の拙い文をお読み戴いているのですもの
きっと、何か皆様にお役立ちが出来ると思えるようになって来ました。
「皆様を、恐怖の世界などお連れしてなるものですか!」
こんな気持ちが体中を包んでいますが、私も人の子、何処まで出来るか分かりませんが、心温まるお便りを読ませて戴くとこのHPの先には今、心を一つにしようとして下さっている多くの皆様がおられます。
間違いなく、皆様のお気持ちが私の体に充電されている「気」を感じています。
「ありがとうございます」
只々、心を暴走させる事なく、平常心を保ち、感じるがまま、見えるがまま、お伝えしてまいります。
どうか私の文を、当たる・当たらないでお読みになるのだけはお止めになって下さい。
人は信じ過ぎると心眼が閉ざされます。
お読みになられる時は、童心に帰り、ご判断なさって下さい。
私達人類も他の動物と変わりありません。
ご自分の生と死に関わる勘は本来持ち合わせているものです。
ご自分の勘を信じる事が今回の流れの最大の武器です。
知識や体験で判断なされると勘は鈍ります。
あくまでも私がご報告する事は参考とお考え下さい。
皆々様のご期待に添えないかも知れませんが、私の今世での最後のおつとめだと心してやってまいります。
#
<照の世見 時系列>

Date: 2011.03.16 | Category: 世見, 地震・自然災害 | Response: 2

本文は抜粋してありますので 全文は世見をご覧下さい。


2011/02/26
      フィリピン海プレート、ジャワ海溝・琉球海溝
      チリ地震M9.5 巨大地震に近い地震が近付いている気がしている

2011/02/25
      大地震の時期に入ってしまった今、防災対策や連絡先等忘れずに

2011/02/20
      地震大国日本
      日頃から揺れた時のステップを踏む心構えを持ち、一秒の無駄を無くす事
      今年の地震の傾向は続く事です
      フィリピン海プレート 南海トラフ M8 クラスの大地震 起きるのか
      駿河トラフから四国沖が気になる

2011/02/16
       「陸前高田」気になる
      広範囲に揺れる 岩手・秋田・山形・宮城・福島・茨城
      千葉 神奈川 東京 埼玉 群馬 栃木 長野
      大きな揺れを感じる私がいます
      日本の人口9000万人になるのか
      災害より病死が殆どか

2011/02/04
      地球全体が天災と云う名で私達を戒めている
      核の脅威
      核施設や原子力発電所、天災が避けているがいつ心変わりするか
      分からない
      その日は近い
      関東大震災の時と今が似ている現在
      「いよいよ 来るのか」大地震

2011/02/03
      北米大陸、太平洋側、活動期に突入した「近い」

2011/01/27
      地震はこれから起きて行きます
      大難を小難にするには、感謝を忘れずに