April 23rd, 2011

交通手段が途絶える!!!?

 割れものを運ぼうとラッピングしているうちに時間が経過。
友人の個展は明日までだが!今日、東京駅に行くまでに寄れたらと思ったんだが。

山手線に乗ったら、鉄道欄に〇〇線、人員事故のため運休。〇〇線、節電のため運休、〇〇線、不審物チェックのため運休のあとに、地震のために運休と出ていたのが、東北新幹線と長野新幹線!!!!

 ええっ!
 地震あったの?

 これから東京駅に行っていいのか?

 待てば動くのか?

 割れものをたくさん持っていたので、座席が空いたら、かごを置いていたら座っていた若者が、ここも座れると自分の隣の席を指さす。

 「荷物が多いので、置いておいたほうがらくなの。それより、地震で長野に行くのだけど、新幹線が動いてないみたい。」

 と言うと、
「調べてみましょうか?」
 と、携帯でニュースをチェック。

「震度3で、千葉の方らしいですよ。」
「それなのに、新幹線が運休なのかしら?」

「ナ―バスになっているんですよ。」
「それなら、ひとまず東京駅に行ってみよう。」
と友人の個展のため、京橋に寄ると言う心のゆとりを失ったのです。

 しかし、東京駅に行くと、7時4分に出るらしい長野新幹線に人はぎっしり乗っていて、4分で重い荷物を持っていながら走って間にあったのでした。

☆黒姫に降りると、すごい荷物なのでエレベ―タ―がないので2度にわたって運ぼうと階段を昇っていたら、若いお嬢さんが「持ってさしあげましょう。」と改札口まで持ってくれました。いいえ、タクシー乗り場まで。

 今日は、素敵な青年と娘さんに助けられたのでした。
 東京駅ではそんなことなかったですけどね。

☆幸い、お気に入りの陶食器は一つも壊れてなかったです。
お嫁入りのときのものや、自分で買ったこだわりの食器。

 娘と「東京で何かあった時に、ちょっと胸の痛むものは運ぼう。」と決意をしたのです。
 宅配便では運べない柔な食器はとっくに箱など捨ててます。

驚いたことに、東急五反田店では、「水ボトルは乳児のいらっしゃる家庭を優先。」と水のボトルは買えなくなっていました。
 「東京の水もダメなの?」
 それで、家では牛乳やウーロン茶ボトルを飲んでいたのですが、今日の電車が全部、動けなくなると言う現実にはかなり驚きました。こころなしか、みな軽装でおしゃれな人も減った感じです。

☆出かける前に姑に「金閣寺長寿お守り」を渡し、娘が仙台に行ったことや、これから黒姫に行くことを報告しました。姑はスポーツ・キャップをかぶってこれから、マンションの集会に行くらしい。とにかく元気で、父も姑も獅子座のせいか、企業人としても更けてないのですが「長寿?もういいよ。」と言ってました。父にも渡したのですが、こちらは91歳にしてにこにこ。世界1の長寿は日本人男性の114歳とか。食べ物がいいのかな?

それと、オリコ・カードのポイントがたまっていたので、母の日のカーネーションとおやつをセットに姑に送る手配をしておきました。行事と言うのはやるほうがいいと思ってます。

☆実家から持って来た漆のお弁当箱。娘とお料理を勉強しましょう。

これは、自分で買った龍の食器です。金が施してあるが、手書きではないかもしれない。でもお茶がおいしそう。

編み込みは好きです。でも、これはまねできない技術が要りそう!

伊勢辰で昔買った「豆花札」。サイズはマッチ箱。

こまごまと集めた小さなもの。ケーキの中に入っていたものや、若いアーティストの作ったお菓子等。やがて自分に作品に組み込まれて行きます。

母が買ってくれた布地。母は太っていて衣服はみなオーダーだったので、一緒について行ったときに洋服屋さんで売っていたものを「あなたのも作ってあげる。」と買ってくれたもの。機械刺繍ですが、がらは刺繍でスイス製だったかな?

たぶん、母が娘のために買って置いたものと思いますが、きれいなので、明日に高田教会のバザー用に持っていくつもりです。


4月23日(土)風強し。
朝食は、風でこんな感じでした。

お昼はビン類が倒れそうでハラハラ!

ようやく、雪が少し残る程度に道ができました。セブン・イレブンに行って、電気代を支払ってきました。

買ってきた「FLASH」に、被災地の福島・楢葉町の被災地の食事が載っていて、ちゃんとしていたので触発されてきちんと作らないとと思いました。若いお嬢さんたちが毎日の食事を8日間、写メールで撮影していたそうです。食事に文句は無いけれど、早く家に帰りたいと言っているそうです。
私の娘もいつもそう言ってますね。

だいぶ山肌が見えてきました!

衣類チェックをしてると、ユニクロの定価は1000円になっているので初日なので690円で、全部買ったのだと改めて驚き!いくつかバザーに出そう。もっと買えば良かったかも。