May 7th, 2011

お久しぶりの東京!どういうわけか娘もいた!!!

 今日も朝早起きで、お花に水をやり、外に出ているのもを皆家の中に終いこんで、掃除や洗濯をして10時21分のバスに乗りました。裏の婆さんに会ったので、冷蔵庫にあった「ほうれんそう」「オクラ」「菜の花」レモン1個をあげました。東京へ行ったら、別のものを買いたくなりそうだったので。

 




朝はコーヒーとトマト1個だけだったので、黒姫駅で「かけラーメン」320円を食べたのですが、あれは朝食と言うことで、お昼にはお弁当を買うことに。
長野駅で「信濃回廊」を。


 喫茶「しなの」でコーヒーと「婦人公論」を買って、新幹線で家に帰る途中に、浜松駅で降りて、もう使わないであろう全日空の株式優待券を2枚を現金に換えました。8200円。これで、新幹線代が浮くのです。

 ☆家に着いたら、娘のバッグがあったので驚いたら、今朝バスで帰ってきたそうで!
寂しいんでしょうね。
私も仙台に行くつもりで、割引きの「大人の休日」JRカードと20%引きの全日空関係のホテルを探したので、行ってもいいんですが。

 東京も、少し雨で、なんとなくどんより!
 
 今日、「しなの」であったお客さんが、「日光まで連休に車で行ったが、しなのが一番きれいだった。
桃の花や菜の花やこぶしや桜で!」と言った。

 そうなんですよ。
 一茶が「おらが春」って詠んだように。

 信濃の風景が一番きれいだと私も思います。
 バス停であった裏の婆さんも「孫のところに1カ月いたけれど、しなのが一番いい。」と言ってました。

「神々と男たち」

1990年代、アルジェリア山間部の小さな村にある修道院。イスラム教徒の村人たちにとってそこは診療所であり、修道士たちは共に働き援助の手を差し伸べてくれる頼れる存在だった。しかし、信頼と友愛を尊び、厳格な戒律を守って慎ましく暮らす修道士たちにも、アルジェリア内戦の余波で頻発するテロの脅威が迫る。非暴力を唱える修道院長クリスチャンは軍の保護を辞退するが、ある晩、過激派が修道院に乱入する。


映画『神々と男たち』をもっと深く知るための6項目!コピーです。
◆『神々と男たち』に使用されている聖歌

 実際の聖歌がどのようにチョイスされているのかはわかりませんが、映画の中では物語のシチュエーションや修道士たちの心情に合うようなチョイスがなされていることがわかります。(聖歌には、「詩篇」をテキストとした「典礼聖歌集」といった聖歌集があり、典礼にはそこから採用されることも多いが、様々な宗教家が作詞した「聖歌」もたくさんあり、そうしたものもごく普通に歌われるそうです。)

 ここではできるだけ日本語字幕を尊重して訳を書き出していますが、全く同じになっているかどうかまでは確かめられていません。

 各タイトルで検索すれば、オリジナルの歌詞にとどりつくことができます(もちろんフランス語ですが)。
 よく知られた聖歌として定番の「日本語訳」があるものもありますが、その「日本語訳」も必ずしも逐語訳的な訳ではないようです。

 ちなみに、カトリック教会や聖公会で歌われるものを「聖歌」といい、プロテスタント教会のそれは「賛美歌」(「讃美歌」)と呼ぶそうです。

 ・“SEIGNEUR, OUVRE MES LÈVRES”(主よ、私の唇を開いてください)
 詩篇51:15
 冒頭の朝の典礼で朗誦される聖歌。
 サントラCD 2曲目に収録。

 神よ 私の口を開いて下さい
 私はあなたに賛美を捧げます

 ・“PUISQU’IL EST AVEC NOUS”(我らと共にあるのだから)
 クロアチア人殺し事件のあった後のミサで朗誦される。
 サントラCD 3曲目に収録。

 暴力の時にも主は
 私たちと共にあるから
 いたる所に主を
 夢見るのはやめよう
 私たちが死ぬ所の他には
 急いで行こう
 忍耐をあの御方へ向けよう
 苦しむ御方の元へ行こう
 十字架の上で
 印を示された主の元へ
 復活の日の暁のように
 私たちと共にあるから
 あの御方を見失うことはない
 流れ落ちる血と
 パンを分かち合おう
 めぐり来る聖杯から飲もう
 自ら犠牲となった
 あの御方を迎えよう
 最後の時まで
 私たちを愛したあの御方を

 ・“VOICI LA NUIT”(今ぞ その夜)
 クリスマスの前にセレスタンがチャペルに新しいロウソクをセットしていく時に一人で口ずさむ。
 また、ファヤティヤらの乱入後のクリスマスのミサでも朗誦される。
 サントラCD 11曲目に収録。

 今ぞ その夜
 始まりの無辺の夜
 愛のほかに在るものはない
 生まれ来る愛のほかには
 砂と水を分かち
 神は大地を創られた
 御子を揺りかごとして
 今ぞ その夜
 パレスチナの平和な夜
 御子のほかに在るものはない
 神の御子のほかには
 私たちと同じ肉を取りて
 神はすべての砂漠を
 とこしえの
 春の大地になされた
 今ぞ その夜
 私たちが歩き続ける長い夜
 この場所のほか どこにもない
 希望が打ち砕かれた
 この場所のほかには
 私たちの家々に立ち止まり
 神は大地をご準備なされた
 天の炎が放たれる茂みとして

 ・“NOUS NE SAVONS PAS TON MYSTÉRE”(私たちは主の神秘を知らない)
 帰国派・残留派・慎重派に分かれた後、クリスチャンが独り森や野を歩いて、もの思いに耽るシーンのバックに流される。
 サントラCD 6曲目に収録。

 私たちは主の神秘を知らない
 限りなき愛を
 しかし 主は御心をもって
 道に迷った子らを探される
 そして 御胸に抱かれる
 この厄介な子を
 限りある人の世で
 私たちは主の御顔を見ない
 限りなき愛を
 しかし 主は御目をもって
 虐げられた人々の
 ために涙を流される
 そして私たちの上に
 光あふれる
 眼差しを投げられる
 赦しに満ちた眼差しを

 ・“CANTIQUE DE SIMÉON(SAUVE NOUS SEIGNEUR)”(シメオンの聖歌(主よ、私たちをお守りください)
 修道士のそれぞれがテロへの恐怖に怯えつつ、帰国か残留かで悩み、クリスチャンが「遺書」を認めた後の典礼で朗誦される。
 サントラCD 10曲目に収録。

 栄光は父と子と聖霊に
 初めのように
 今も いつも世々に
 アーメン
 起きている時には
 主よ 私たちをお導き下さい
 寝ている時には
 主よ 私たちをお守り下さい
 起きている時には
 キリストと共に心を配り
 平和に憩うことが
 できますように

 ・“PSAUME 142(COMMEUN TERRE ASSOIFFÉE)”(詩篇142(乾ききった土のように))
 クリストフがクリスチャンに苦しい胸のうちを告白した後の典礼で朗誦される。
 サントラCD 4曲目に収録。

 乾ききった土のように
 私の魂は主を慕います
 乾ききった土のように
 私の魂は主を慕います
 主よ 私の祈りを聞き
 あなたの真実と正義をもって
 私にお答え下さい
 あなたの しもべを
 裁かないで下さい
 人は誰も御前に義と
 認められないからです
 敵は私の魂を追い詰め
 私の命を地に打ち砕き
 死んで時を経た者のように
 私を暗い所に住まわせました
 それゆえ
 私の霊は私のうちで衰え
 私の心は私のうちで
 荒れさびています
 主よ 早く私に答えて下さい
 私の霊は滅びてしまいます
 私に御顔を隠さないで下さい
 私が穴に降りる者と
 等しくならないため

 ・“Ô PÉRE DES LUMIÈRES”(光の父よ)
 修道院の上空をヘリが旋回している時に、修道士たちが肩を寄せ合って朗誦する。
 サントラCD 13曲目に収録。

 父よ 光の父
 とこしえの光
 あらゆる光の源
 主は神々しい
 御顔の輝きによって
 夜の入口で
 私たちを照らす
 主において 闇は
 闇ではなく
 主において 夜は
 昼のごとく明るい
 願わくば主の御前で祈る
 私たちの祈りが
 香が立ち昇るように
 高く昇りますよう
 私たちの手が夕べの
 供物でありますよう

--------------------------------

 ◆「修道院」について

 清貧・貞潔・服従といった修道誓願を行なって、イエス・キリストの精神に則った、禁欲的な修道生活を送る者を修道士と言い、彼らが、世俗生活を離れ、祈りと労働のうちに共同生活を送るための施設を修道院という。

 修道院は、内部の交流を図り、外部からの敵の侵入を防ぐために、外壁を設け、その内側に、チャペル、集会所、食堂、共同寝室、作業所などを作り、自給自足を図っている。

 [修道士と聖職者]
 カトリック教会には聖職者を「神父」と呼ぶ言い方があるが、カトリックの修道士のすべてが「神父」なのではない。「神父」とは、一般的に、聖職者である「司祭」に対する敬称であり、修道士は自体は、身分としては、聖職者ではなく、一般信徒である。だから、修道士も、秘蹟(洗礼、聖体、婚姻の秘蹟、叙階、堅信、ゆるしの秘蹟あるいは「告解」、病者の塗油)にあずかるためには、最寄の教会に通う必要があった。しかし、修道院は、人里離れたところに設けられることが多く、修道院から教会に通うことは現実問題として難しい。そこで、修道士の中で、叙階を受けて聖職位階(司教、司祭、助祭など)につく者が出てくることになる。叙階を受けて聖職者となった修道士を「修道司祭」もしくは「司祭会員」と言い、叙階を受けていない「修道士会員」や、修道士ではない司祭「教区司祭」とは区別する。
 修道院長も、もともとは聖職者である必要はなく、したがってかつては司教の権威の下にあったが、時代を経て、司教から独立し、教皇のみに服従するようになった。
 かつて修道院長は、修道士たちにとっての絶対的な権威であったが、現在は、精神的な指導者であり、共同体のリーダーというにとどまっている。聖職者である「修道司祭」に関しても、以前は、「修道士会員」より身分が高いと見なされていたが、現在ではそのような区別はなくなっている。
 チビリヌの9人の修道士のうち、叙階を受けているのは、クリスチャン、セレスタン、ブリュノ、アメデ、ジャン=ピエール、クリストフの6人である。

 [シトー修道会]
 1098年、フランスのシトーに設立されたシトー修道院を発祥とするカトリック修道会で、「聖ベネディクトの戒律」を厳密に守ることを旨とする。
 「聖ベネディクトの戒律」とは、529年にカトリック教会最古の修道会ベネディクト会を創建したヌルシアのベネディクトゥスが、生活の規範として書き残したもので、修道士のあるべき態度、典礼に関する注意事項、生活の指針等が細かく定められていて、多くの修道会の会則のモデルとなっている。
 シトー修道会の特徴としては、規律によらない衣食の禁止、所有の禁止、絶対的な共同生活、手仕事による労働、などが挙げられる。僧衣は、染料を用いない白い修道服を着用する。
 本作に登場する修道士は、厳律シトー会(トラピスト修道会)に属する修道士で、厳律シトー会とは、1662年のフランスのラ・トラップ修道院におけるド・ランセによる改革を起源とし、シトー会の生活様式に厳格さを加えたものである。この改革は、もともとは修道院内部での改革で、いくつかの修道院に採用されたに過ぎなかったが、1892年の総会で、シトー会から独立した修道会となり、1894年に教皇から認可された。厳律シトー会の特徴としては、厳重な沈黙、完全な共同生活、菜食(のちに乳類も採用される)などが挙げられる。

 [修道院生活]
 シトー会/トラピスト会の生活は、聖書に基づき、聖ベネディクト会の戒律に従って営まれる。聖ベネディクト会の戒律は、修道士たちの典礼にも伝統的な形式をもたらす。

 「聖務日課」は、1日に7回、「詩篇」に基づいた修道士たちの典礼で、チャペルで行なわれる。聖歌は、典礼の重要な部分を占め、シトー会の生活にリズムを作り出す。声に出して歌うことで、「生命の息吹」(Breath of Life)に触れることができ、斉唱することで、彼らはともに精神世界に入り込むことができる。

 シトー会士は、1日のほとんどの時間を黙して過ごすが、それはそうするように定められているからでもある。また、彼らの生活は、修道院長(大修道院長もしくは小修道院長)の指導に従って進められる。重要な決定は修道院総会で行なわれる。

 シトー会/トラピスト会士に、伝道の義務はなく、改宗からも免れている。

 聖ベネディクト会の戒律では、修道士には、奉仕と共有の実践(特に貧しきものや異国人、傷病者に対して)が求められている。体を使って働き、近隣の住民と農作業を通して、関係性を深めることも定められている。

 修道士たちは、農耕をはじめとする手仕事に従事して、必要なものを生産するほか、余剰のものは町に出て販売したりもする。

 修道士は、自然の中で黙想することを好むため、修道院は、たいていは人里離れた地に建てられていることが多い。トラピスト会士は、1ヶ月に一度自然の中を歩き、黙想する。

 今日、厳律シトー会は、修道院が96と女子修道院が66あり、そこに約2600人の修道士と約1900人の修道女が暮らしている。
 日本には、北海道に当別修道院(灯台の聖母トラピスト大修道院)、大分に大分トラピスト修道院(お告げの聖母修道院)があり、女子修道院として、函館の女子トラビスチヌ修道院のほか、兵庫県西宮市、栃木県那須市、佐賀県伊万里市、大分県宇佐市の4ヵ所に設けられている。

 現代では、修道士も、隠遁生活ではなく、時代の求めに応じて、積極的に外の世界に出て行くことが多く、修道院も一般の建物と変わらないものも多い。

 ※参考:フリー百科事典Wikipediaの「修道士」「修道院」「叙階」「司祭」「シトー会」「ベネディクト会」「厳律シトー会」「詩篇」「聖餐」の項目、『ブリタニア国際大百科事典』の「修道院」「シトー会」「トラピスト修道会」の項目。

--------------------------------

 ◆アルジェリア内戦について

 1989年、アルジェリアでは、経済状況の悪化や食糧難など、国民の不満を解消するために、1962年の独立以来、社会主義政策を推し進めていた民族解放戦線(FLN)の一党体制から、複数政党制に移行する。
 その結果、1990年6月に行われた地方選挙では、イスラム原理主義者によるイスラム救国戦線(FIS)が50%以上の票を得て勝利し、続いて、 1991年12月の総選挙でも、FISは圧勝する。勢いづいたFISは、フランスの影響を大きく受けて、世俗化したアルジェリアを改めるべく、憲法を廃し、イスラム法による徹底した統治を進める。
 こうした急激で極端な政策は、激しい反発と混乱を呼び、軍部の介入を招いた。
 1992年1月、クーデターにより国家最高委員会議長に就任したブーディヤーフは、ヨーロッパ諸国の支持に力を得て、選挙結果を無効とし、FISの非合法化を断行。
 一方、イスラム原理主義者たちは、こうした弾圧に武力で対抗して、6月29日にはブーディヤーフを暗殺。10月には武装イスラム集団(GIA:Le Groupe Islamique Armé)を結成して、テロ活動を展開した。以後、政府軍とイスラム原理主義者勢力の対立によるアルジェリア内戦は激しさを増していく。本作で扱われている事件が起こったのは、こうした状況下であった。
 1999年4月、FLNと軍部の支持を得て、文民として34年ぶりにアブデルアジズ・ブーテフリカが大統領に当選。彼は、「平和と国民和解のための憲章」に対して国民投票を行ない(2005年)、一部の過激派以外で、武装解除に応じ、法を遵守すると誓ったGIAメンバーに対して、恩赦を発令するなど、内戦の沈静化を図った。
 10年以上におよぶアルジェリア内戦の犠牲者は、10万人以上、一説によると20万人以上とも言われる。

 ※参考:フリー百科事典Wikipediaの「アルジェリアの歴史」の日本語版および英語版。

--------------------------------

 ◆武装イスラム集団(GIA)について

 1991年のアルジェリアの総選挙で、イスラム救国戦線(FIS)が勝利したのにも拘わらず、軍部がクーデターを起こし、選挙結果を無効として、FIS を弾圧した結果、誕生したアルジェリアのイスラム原理主義の武装組織で、アルジェリアにイスラム国家を建設することを目的とする。略称は、 GIA(Groupe Islamique Armé)。

 1992年以降、アルジェリア国内で激しいテロ活動を行ない、政府軍との内戦を引き起こした。
 ターゲットとしては、民間人やジャーナリスト、外国人で、1993年9月には在留外国人に対するテロ攻撃を表明し、100人以上の外国人を殺害した。
 本作で描かれるような喉を切り裂いて殺す残虐なやり方は、アフガニスタン紛争に参加したアルジェリア民兵が広めたものと言われる。
 特に1997年から1998年にかけては残虐さを極め、アルジェリア北部の村で皆殺しを行ない、いくつもの村を壊滅させている。
 あまりにも残虐であり、また、内戦の終息にともなって、組織は内部崩壊し、一部は海外に逃亡した。
 アルカイーダとのつながりも指摘されている。

--------------------------------

 ◆トリビア

 ・修道士たちが招かれる地元のイスラム教徒たちの集まりは、ヌルディンの息子ジャマルの割礼祭(khtana)。

 ・本作では修道士たちの私服姿もたびたび映し出されるが、宗教儀式以外では修道士も私服が普通で、むしろイスラム社会を刺激しないために、外出時は私服のことが多い。

 ・修道士たちと地元民が共同で畑仕事をしたりしているシーンがあるが、あれは「修道院と地元民の共同畑のようなものだから」ではなく、「修道士が地元民に畑仕事で奉仕している」のでもなくて、修道院の畑仕事を地元民に手伝ってもらっているということらしい。しかも、修道院から地元民に労働対価も払っているらしい。

 ・診療所の入り口に書かれていた看板(MEDICINE)の文面は「土・日を除く毎日、8:00~11:30と15:30~17:30」(フランス語とアラビア語で)。

 ・修道院の正式の名前は、「チビリヌの修道院」ではなく、「Abbaye Notre-Dame de l’Atlas(アトラスのノートル・ダム大修道院)」。Tibehirine(チビリヌ)とは、ベルベル語で「菜園」の意味。

 ・クリスマス・イブに修道院を襲ったイスラム武装集団のボスは、サヤット・アッティヤ。映画の中では、アリ・ファヤティアとされていて、なぜだか彼だけ名前が変えてある。

 ・クライマックスで流れるチャイコフスキーの「白鳥の湖」は、ニューヨーク映画祭2010でのグザヴィエ・ボーヴォワのインタビューによれば、彼の単なる思いつきらしい。
 “I thought, this might not be very interesting because they’ve been singing throughout the film and also because these are non-professional singers it might not be that interesting. Then I hit on the idea of listening to music instead, and I was listening to a lot of music through my headphones, and I came upon this excerpt from Tchaikovsky’s Swan Lake and I suddenly had this idea in my head.”

 ・ラストシーンは、3月~5月のはずで、そんな時期に雪が降るだろうかとも思うが、実際に修道院があった場所は、標高が1000mくらいあり、5月はともかく、3月くらいであれば降雪は珍しくないらしい。ただし、実際の撮影は2009年12月から2月にかけてモロッコで行なわれ、ロケ中に降った雪を撮影に生かしたのだという。

 ・修道士たちの席次
 2回行なわれる議論の席と食事の席ではそれぞれの席の位置が違っています。
 2回ある議論時の席次:-リュック-セレスタン-クリストフ-ミシェル-クリスチャン-ポール-ジャン=ピエール-アメデ-
 食事(最後の晩餐)の席次:セレスタン-ブリュノ-ミシェル-リュック-クリスチャン-クリストフ-ジャン=ピエール-アメデ-ポール
 ひょっとすると特に意味はないのかもしれませんが、①議論が四角いテーブルを囲んで行なわれ、食事がコの字型の席で行なわれること、および、②議論の時に、セレスタンとクリストフとポールが退去派で、リュックとミシェルとジャン=ピエールが残留派、クリスチャンとアメデが慎重派という風に分かれるので、それがバランスよく見えるようにということ、と関係があるかもしれません。

 ・クリスチャン修道院長の「遺書」(フランス語版):http://users.skynet.be/bs775533/script/contemp/Atlas/testa-ita.htm

 ・チビリヌの修道院の公式ホームページ!:http://www.notredameatlas.com/
 映画で見てわかるように、この修道院には電気が通じているのはもちろんのこと、インターネット回線も引かれていたようです。(ただし現在は不通)

 ・修道院の中には、チャペル、共同寝室のほか、写本室、食堂、会議室、門番室、守衛室、さらにはイスラム教の礼拝室もある。

 ・雑誌「ふらんす」2011年3月号には、本作のシナリオの一部が中条志穂さんの対訳つきで掲載されています。

 ・キャロリーヌ・シャンプティエ 全フィルモグラフィー
 当ブログ記事:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201103/article_14.html

--------------------------------

 ◆チビリヌの修道院

画像

 画面中央の奥に伸びる棟が共同寝室で、正面から左に伸びる棟にチャペルがある。

画像

 チャペルのある棟の左側に別棟として建てられている客室(を塀側から見た風景)。客室の左サイドを通って進むと、マリア像があり、さらにその奥に行くとチャペルがある。
 画面手前、撮影している側に診療所(とその入り口)がある。

画像

 マリア像とチャペルの入り口。

画像

画像

 誘拐され、殺害された7人の修道士の墓。

画像

 チビリヌの風景。

--------------------------------

 ◆ポスター・ギャラリー(オリジナル版&その各国バージョン以外のもの)

画像
画像
画像
画像

画像

本当にあった怖い話!

コピーです。
432 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/05/07(土) 00:07:21.80 ID:Gy3d6nx+0
サンフランシスコ地震 1989・10・17
 1+0+17=18=6+6+6 

ロスアンジェルス地震 1994・ 1・17
 1+17=18=6+6+6

阪神淡路大震災 1995・ 1・17
 1+17=18=6+6+6 

湾岸戦争 1991・ 1・17
 1+17=18=6+6+6 

スマトラ沖地震(大津波の)2004・12.26
2+0+0+4+・(1+2)2・ 6→6・6・6

中国 四川大地震
2008・5・12
2+0+0+8+5+1+2=18=6+6+6 

東北地方太平洋沖地震 2011・03・11
2+0+1+1+3+11=18=6+6+6

990 :自分は名無しであります:2011/05/07(土) 18:04:45 ID:qvttVnAQ0
311テロ
2001.09.11
20+01+91+01=113
           =3月11日

☆ダンディ・ハリマオさんのブログよりコピーです。
ウランの核分裂よって生成されるプルトニウムは、もともと自然界には存在しません。
これらの語源は、ウランは「ウラヌス」=天空の主神。
プルトニウムは「プルート」=冥王星の主神。

「ウラヌス」は、グローバリストがご託宣をいただくために使っている占星術では「アクエリアス=宝瓶宮(ほうへいきゅう)=みずがめ座」の主神。
宝瓶宮の時代は通信や原子力の時代を象徴しています。ニューエイジ時代のことです。

また、「プルート」は、同じく占星術では「スコーピウス=天蝎宮=さそり座」の主神。
天蝎宮は、生殖と死、つまり冥界を意味します。

ウラン、プルトニウムの象意は両方とも意味深です。

ちなみに、古代バビロニアで使われていた数秘術で計算すると、

A


6


E


30


I


54


M


78


Q


102


U


126

B


12


F


36


J


60


N


84


R


108


V


132

C


18


G


42


K


66


O


90


S


114


W


138

D


24


H


48


L


72


P


96


T


120


X


144

ウラン=URANは、 U=126 R=108 A=6  N=84 
126+108+6+84=324=18の2乗=(666)×(666)

プルトニウム=PLUTONIUMは、
P=96 L=72 U=126 T=120  O=90 N=84  I=54  U=126  M=78
96+72+126+120+90+84+54+126+78=846→8+4+6=18=〔666〕

まあ、偶然でしょうね。この話は、別の機会に。
(オカルト話は面倒くさいです)

しばらくニュース映像で映し出される東電、原子力安全委員会の学者たちの表情を観察していました。
とにかく彼らは、「ガラスのような目」をしています。
私は、これは「人」の目ではないと思います。

東電を始め事故を起こした連中に対して、必要以上に悪印象を植え付けるつもりはありません。
ただ、どうしても彼らの目を見ていると背筋が凍るのです。

彼らは「人間ではない存在」に唆されて地獄の釜を覗き込んだのかもしれません。
人類は、知らないうちに「ファウスト」にあるように悪魔と取引させられた…。
人類が滅ぶとすれば、「核」以外にありません。
それも、私たちの税金によって。
「エネルギー枯渇」のペテンによって。

ここでも「被害者=加害者」の法則が成り立つのです。

愛の波動があれば、放射能の被害がないレベルがあるらしい。

波動時評:水と放射能汚染と波動性

今回の福島原発事故で、注意深く事の推移を見守っている方はお分かりの事と思いますが、放射能を防ぐのも水、それを広めるのも水と言う、二つの物質の切っても切れない関係です。実際放射能拡散を防ぐためにやっている事は、海水や真水を自衛隊員や消防隊員の方がリスクを冒して直近までゆきホースで放水しているだけです。また、その汚染は100キロも離れた東京の浄水場の水にまで及んでそれがすぐに感知された言う事は、空中や地中の水の分子が、放射能情報を速やかに伝搬したために違いありません。

何故そうなのか、原子核理論などは勉強した事がないので専門的な事は分かりませんが、日ごろから波動の研究をしているものとしての直感から、ハハーン、この二つをそのような関係にしているのは共に波動的特性によって存在している物質だからに違いない、と思っています。
もともと私の言う波動の世界とは、物質の最小単位である原子の向こうの世界、素粒子の世界のエネルギー動向を、微弱振動どうしの共鳴非共鳴関係を水を通じて観察するものでした。そして波動その物である水の世界と人の意識とはこれまた切っても切れない関係にある事を、結晶写真撮影の技法や、人の体を癒す事の出来る波動水の開発投与などによって、科学的に言えば全く低いレベルでしかありませんが、一応証明してきました。

ですから、今回の事故に対する対策もきちんと出来ると思っています。20年間勉強してきた波動の真理を当てはめればよいのです。
まず、下の写真をご覧ください。


1999年10月に起きた茨城県東海村JOC研究所で起きた放射能漏れ事故の時の水の結晶写真です。

私どもの波動会員がたまたま事故現場から400メートルの至近距離に住んでおられ、大変心配だからと言って自宅の井戸の水を送ってこられました。それをすぐに凍結させて結晶写真を撮影したものです。
結果は御覧のように、非常におぞましい、かって得た事のないような結晶となりました。明らかに放射性物質の影響を得てしまったものと思われます。

私はこの水の放射性物質を何とか除去する事は出来ないかと思い、当時私が使っていた波動測定器(転写機能もある)を使って、ある情報をその水に転写しました。そして再び結晶写真を撮影したのです。

そしたら、おぞましい結晶は、次のように美しいまるでダイヤモンドのような結晶に変身したのです。

問題は、この時に何の情報を転写したかと言う事ですが、それはMRAのコード上でB222と言うものでした。そしてそれは免疫力向上と言う情報だったのです。
その時は免疫とか自己治癒能力の意味は私にはまだ分かっていませんでした。しかし、その後の研究で免疫と言うのはストレス0の状態、つまりその人の体の情報が愛と感謝に満ちている時に、パーフェクトになるのだと気が付きました。
と言う事は、放射能の情報は、全くその逆の情報である事が推理されます。愛の反対は憎しみ、感謝の反対は恨みですから、憎しみと恨みと言う、まさにネガティブなエネルギーの塊の情報である訳です。
でもそれが分かれば怖い事は有りません。放射能に対処するには、いつも愛と感謝の思いを持ってれば良いと言う事になります。

それを証明するもう一つのお話が有ります。

1986年4月に当時ソ連、現在ウクライナのチェルノブイリという所で、大規模な放射能漏れ事件が有りました。この事件では都合9000名を超す方が無くなられたという世界最悪の原発事故です。
そこから100キロほど離れたある村に、アレクセイと50数名の老人たちが住んでいました。事故後政府は近隣の村々全てに立ち退きを命じますが、アレクセイと50数名の老人たちは頑としてそこを動きませんでした。政府の役人が放射能測定器を持ってきて、いろいろな所から、高濃度の放射能を測定しそれをアレクセイ達に見せますが、彼らはそれでも動こうとしません。そして言うのです。「僕らにはあの泉があるからね。あの泉は100年も前から僕らを守ってくれているんだ。」と。
実際に役人がその水の放射能地を測定したのですが、何の反応も無かったという実話です。今でも彼らはその泉のそばで幸せに暮しているとの事です。

なぜ、その泉は放射能に汚染されなかったのでしょうか?それはそこに住む人々が、100年も前から愛と感謝の思いをその泉の水に捧げてきたからに違いありません。
そう、愛感謝の思いを持ってさえいれば放射能など怖くは無いと私は思います。
もちろん政府や専門家の意見にまず耳を傾けながら、余裕のある方々は彼らの言う通りに対処すれば宜しいかと思いますが、そうでない方は例えば下の写真を水のボトルに貼ったり、「愛感謝」と言う言葉をボトルのうえに書いたりして、対応してくださる事が次善の策になろうかと私はお勧めするものです。もちろんいずれの場合でもその想いを込めて作業してくださるようお願いいたします。

2011年3月24日   江本勝

☆3月31日にアメリカのボストンに住む安達木綿子さんから来たブログにも記載されてしました。
これは、明日の3月31日に日本の為に一緒にできる祈りです。私も明日、ボストンで自宅で祈ります!


江本さんのブログは、ここです。


以下、江本さんの文章です。


「世界のみなさまへお願い 愛と感謝の祈りを福島原発の水たちに送ってください!!」


マグニチュード9の大地震、そして想像もつかない規模だった大津波、それによりまだ1万人近くの人が行方不明となっています。あれからもう16日も経つと言うのに。


そして福島原発の高炉の中の水までもが外に漏れ始め、付近の海や大気、そして付近の水分子を汚染し始めています。


人間の知恵は、為すすべもなくただ水を放水し冷却に努め、原子炉内の放射性物質の怒りを鎮めようとするばかりです。


本当に他にする手立てはないのでしょうか?


いや私は有ると思います。私が過去20年余にわたり研究してきた水の波動測定や結晶写真撮影技術により、水にはたとえどんなに遠くからでも、私たち人間のピュアーな祈りの波動は届き、ポジティブに変換されると言うことを見てきました。


アインシュタインのエネルギーのフォーミュラ、E=MCの二乗の本当の意味は、エネルギー=人の数とその意識の二乗であるのです。


さあ今こそこの本当の意味を理解して、出来るだけ多くの皆様が次のような手順での、地球人としての祈りのセレモニーに参加をしようでは有りませんか。そして日本だけでなくこの地球の危機を救ってください!!




『福島原発の中にいる水たちに、

愛と感謝の想いを捧げ送ろう!!』






日時2011年3月31日(木)
それぞれの地区の時間の正午

何を言うか





「福島原発の中の水たちよ
辛い思いをさせてごめんなさい。

我々を許して下さい。

そして有難う、愛しています。」




これを口に出して、あるいは心の中で、

手を合わせて3回祈ってください。 

お願いします。



愛感謝


                2011年3月27日
                 水の伝道師 江本勝    


To All People Around the World-DR.Emoto's Water Blessing Prayer for Japan that we can do it together!

Please send your prayers of love and gratitude to water at the nuclear plants in Fukushima, Japan!

By the massive earthquakes of Magnitude 9 and surreal massive tsunamis, more than 10,000 people are still missing…even now… It has been 16 days already since the disaster happened. What makes it worse is that water at the reactors of Fukushima Nuclear Plants started to leak, and it’s contaminating the ocean, air and water molecule of surrounding areas.

Human wisdom has not been able to do much to solve the problem, but we are only trying to cool down the anger of radioactive materials in the reactors by discharging water to them.

Is there really nothing else to do?

I think there is. During over twenty year research of hado measuring and water crystal photographic technology, I have been witnessing that water can turn positive when it receives pure vibration of human prayer no matter how far away it is.
Energy formula of Albert Einstein, E=MC2 really means that Energy = number of people and the square of people’s consciousness.

Now is the time to understand the true meaning. Let us all join the prayer ceremony as fellow citizens of the planet earth. I would like to ask all people, not just in Japan, but all around the world to please help us to find a way out the crisis of this planet!!
The prayer procedure is as follows.

Name of ceremony:“Let’s send our thoughts of love and gratitude to all water in the nuclear plants in Fukushima”

Day and Time:March 31st, 2011 (Thursday)
12:00 noon in each time zonePlease say the following phrase:

“The water of Fukushima Nuclear Plant, we are sorry to make you suffer. Please forgive us. We thank you, and we love you.”

Please say it aloud or in your mind. Repeat it three times as you put your hands together in a prayer position.

Please offer your sincere prayer.
Thank you very much from my heart.

With love and gratitude,
Masaru Emoto
Messenger of Water
http://www.youtube.com/user/WATERLOVEANDTHANKS