May 18th, 2011

東京も掃除で放射能が薄くなる!

拭く・測る ・・・ 効果を上げた方(東京)と18才学生




事故から2ヶ月。やっと国の「工程表」が発表されましたが、雑で抽象的、しかも最初にやるべき「除染」を後回しにするなど、相変わらず頼りになりません.

また東電の工程表は「原子炉の中の燃料が壊れているのに、それを隠して作った前回の工程表」を少し手直ししたぐらいのことで、「東電は原子炉しか関係ありません」と相変わらず「地元のこと」にはまったく無関心でした。

政府も東電もまだ「国民は毎日、畑や事務所で働いているのだ」ということが判らず(額に汗していることを実感できず)、放射性物質で汚れた大地を少しでも早く回復しなければならないという「熱意」は感じられません.

・・・・・・ともかく、我々は・・・・

雑草を取る、庭の表土を削る、畑の表面の土を除く・・・いずれも大きな効果を上げていますが、家の中を拭くのは効果があまり見られない場合と、次のように効果が高い場合があるようです。

【東京の主婦、お手柄!】(メールのまま)

「意を決して、家中を改めて水ぶきをしたところ、すべてが見事に0.06ずつ下がりました。

ホントに見事です。

部屋は床が0.06、床から1mで0.04です。

拭く効果は絶大でした。

今日も拭いた直後の状態でどうにか維持していますし、少しでも高い時は周りの壁や床をとにかくサッと拭くようにしています。

そういう心掛けだと外から帰ってきた時に服をはたいたりする気配りをするようになります。

庭は、私一人手に負えない森のように何mもの木々が生い茂った感じになっているので今週、庭師の方に来て貰い雑草を取り除いてから対処したいと思います。」

という例を寄せていただきました。

3月上旬の東京はかなりの放射性物質が飛んできましたので、その時に付着したものと思います.

良かったですね。

・・・・・・・・・

【学生も活躍する!】

18才学生の方がいわき市を測ってくれました。

(普通のところは0.2マイクロから0.5マイクロ(毎時)ぐらいです。)

1. 自宅玄関 コンクリート

先日計測した際は0.70μSv/h前後でしたが、デッキブラシを使って水で洗い流したところ数値が下がりました(0.50μSv/h前後)

【市内 芝生】

芝生を刈り取ると

芝生の除去前 約0.60μSv/h 

   芝生の除去後 0.30μSv/h前後

と半分になっています。また

2. 流れだまり

2

このようなところは、水で流れてくるのでしょう。実に10マイクロ(毎時)で学生が驚いています.

ありがとう。とても役に立った。さすが学生!

・・・・・・・・・

「この地域は放射線が高い」と諦めないでください。

また、「疲れて、除染は難しい」と思わないでください。

大切なのは、「放射線の強い場所を避けて行動する」というだけで、2分の1にはなります。側溝、ヤブ、吹きだまりなどに近づかないことです.

通学路で被曝を少なくするように考え、子供に良く教え、毎日を生活するのが良いと思います。被曝は「足し算」ですから、少しずつの積み重ねが大きな効果を上げます.

・・・

今の私の関心事は、「福島を1年でもとに戻せるか?」ということと、「日本の他の原発」です。

福島原発が「メルトダウン」したから不安だというメールを多くいただきますが、福島原発がメルトダウンしたのは2ヶ月前で、それを隠していただけです.

だから、今、危なくなったのではなく、2ヶ月前にすでに危なかったのです。しかし、すでにメルトダウンから2ヶ月が立ち、半減期が短い元素も少しずつ無くなり、今はかなり安全になっています.

つまり、福島原発は「力を失った原発」になっていますから、小さなことが起こっても3月のようなことは起こりません.

また福島全体を元に戻すのはどうしたらよいか、また機会を見て書いていきます.

(平成23年5月18日 午前8時 執筆)


武田邦彦

爽やかな風吹く5月は家事にいそしんで!

 主人の衣服のお直しを頼まれて(専門職に持って行くだけ)、今日は晴れて乾きがいいので、洗濯機を2度回して、干したり、掃除を始めたところ、深夜にやっていた映画が再び観れることで、じっくり見ることになった。



シャネルとストラヴィンスキー
1913年、パリ。シャンゼリゼ劇場では、ロシアの作曲家ストラヴィンスキー(マッツ・ミケルセン)が、自作《春の祭典》の初演を迎えていた。来場していたデザイナーのココ・シャネル(アナ・ムグラリス)は、まるで催眠術にでもかけられたかのような恍惚感を覚えるが、あまりに斬新かつ急進的すぎるその新作に怒った観客たちは野次を飛ばし、あざ笑い、騒乱まで巻き起こす。自信作だった《春の祭典》を酷評されたストラヴィンスキーは、ただ意気消沈するだけであった……。1920年。すでにデザイナーとして富と名声を手にしながら、初めて心から愛した男、アーサー“ボーイ”カペル(アナトール・トブマン)を事故で亡くし、シャネルは悲しみに暮れていた。一方、ストラヴィンスキーはロシア革命を経た後、全ての財産を失い、難民となりパリで亡命生活を送っていた。そんな中、二人はミシア・セール(ナターシャ・リンディンガー)とセルゲイ・ディアギレフ(グリゴリイ・マヌロフ)の計らいで出逢い、ストラヴィンスキーの才能に惚れ込んだシャネルは、彼が仕事に打ち込めるようにと、ガルシュに所有する自分のヴィラで暮らすよう提案する。彼はすぐさま4人の子供たちと、肺病を患う妻カトリーヌ(エレーナ・モロゾヴァ)を連れて、シャネルのヴィラへと移り住むのだった。至高の芸術を求めるシャネルとストラヴィンスキーは、たちまち恋に落ち、互いを刺激し、高め合い、心を解放し、悲しみさえも活力に変えていく。その恋は、二人の中に眠っていた新たな創造力を次々と開花させた。「女性そのものを感じる香りを創りたい」と、初めて香水創りに魂を注ぐシャネル。そして《春の祭典》の再演に命を賭けるストラヴィンスキー。だが、秘められた恋の行方は思わぬ方向へと向かっていた……。

☆☆☆
これはなかなかいい映画であった。途中からみたのだが、シャネルの創造の歴史も忠実で、やはり力ある女はいいなと思った。

 人は出会いから生まれる。

☆留守電にはいろいろあったが、Mさんのご主人が退院できた様で良かった。
 娘からは「ヤッホー!、ママ元気?」とか。

☆我が家は節電中で主人は電気代を3分の1に減らしたとか。
 昨日観た文化村のルシナマが火曜日は1000円なので、自分も火曜日に観たと自慢していたので、
「馬鹿ね、60以上は毎日1000円なのよ。」とお知らせを!

☆お布団も洗って庭に干したところ。
 東京の娘の部屋も片付けたいところだが、衣類もできれば片付けたい(他人にあげるとか寄付するとか)。

 それと自分の駄本も処分したいので、今日は映画はシャネルで良いことにして、働こうと思います!

☆ニュースを観たら、恐れていたことが始まっている。
 義援金の着服。
 震災で困って郵便局から略奪未遂。
 ボランティアを刺す。

 人間の心が荒れるのが一番いや。

☆今月のテーマ:震災後の消費行動についての調査

東日本大震災から1カ月以上がたった2011年4月21日(木)~2011年4月25日(月)。働く女性立ちの消費行動にどのように変化があったのか、イー・ウーマン(http://ewoman.jp)に集まる働く女性たちに問いかけた。

2011年5月18 日10時8分


【5月第2回】遊びの頻度も、6割は、変化なし

グラフ:Q:震災後、遊びに行く機会・頻度等が変わりましたか?拡大Q:震災後、遊びに行く機会・頻度等が変わりましたか?

 「震災後、遊びに行く機会・頻度等が変わりましたか?」の問いにも、なんと6割の働く女性たちは、変化なしと回答した。一方で、変化があったという4割の人たちの声を聞いてみると、「海外旅行の予定をキャンセルしました。この状況で出かけても、心のそこから楽しめないと思ったためです」という、気持ちを理由に挙げる人もいるが、多くは、「節電で電車の本数が減った為」「計画していたところが、閉鎖となってしまった」「4月初めまではイベントもほぼキャンセルになり、自分でも自粛で家にいました。しかし最近は、自粛はしていませんが、出かけていません」「毎日見ていた、自宅前道路での給油待ちの長蛇の列。ガソリンを減らしたくない事も理由だが、何より遊びに行く気持ちになれないというのが最大理由」「映画館など多くの人が集まる密閉された空間には行きたくないと思うようになったから」「私自身は自粛に反対でしたが、さまざまな企画等が中止になり、やむなく遊びに行く機会が減りました」「あまり家から離れたくない気持ちが働いている」「震災直後は交通機関の運転状況が悪く、移動の不安を覚え、遠出するのをキャンセルした」などと、交通事情や各地の閉鎖、休館などが影響していると回答している。

 また、変化した遊び方、行き先としては、「仏閣、神社、美術館、博物館などに行く頻度が増えました」「計画停電の影響で交通機関が全く動かない時期があったので自然に遊びに行けなくなり 家で遊ぶ方法を工夫するようになった」「遠い所、高いビルなどへは行かない」「近くで安らぐ行動を考えるようになった」「遊びにいくより、学ぶ機会を増やしています」などのクリエイティブな回答が。

 皆が、それぞれの遊び方を考えている中、東北地方ではないが、「電力会社のため不要な誤解を与えないようにレジャーは自粛している」という回答があったり、福島県の方からは、「原発事故で行くところが限られてしまっている。外に出ること自体、堆積放射線量を計算しなくてはならない状況です」という回答も寄せられた。

【調査概要】  

調査実施:2011年4月21日(木)~2011年4月25日(月)

調査方法:インターネットによる自記入式アンケート  

対象:イー・ウーマンピア(http://ewoman.jp)

有効回答数:回答 212人

☆旅館業者がキャンセルでずいぶん大変らしい。
旅に出かけましょう!

観光庁は、全国のホテルや旅館で約56万人分の宿泊キャンセルが生じたことを明らかにした。被災地の東北、関東地方が約39万人、その他の地域が約17万人だ。

 また、JTBは大型連休(4月24日~5月4日)の国内・海外旅行客が前年より3割近く少ない1609万人との見通しを発表した。この期間の旅行に関する総消費額については、前年比約27.7%減の6498億円との推計を出した。JTB広報室は「実際にどの程度の客が動いたのかは算出していないが、前年を下回ったのは間違いない」としている。

 Q 外国人客も減っているね。

 A 日本政府観光局の発表によると、3月に来日した外国人は35万2800人で、前年同月より50.3%減った。落ち込み率は、大阪万博の翌年に反動減が生じた1971年8月(41.8%)を上回り、過去最大だった。

☆☆☆
 経済評論家の荻原博子さんのコピーです。
被災した方の銀行口座についてです。

 公共料金や住宅ローンの引き落としの際に、お金を入れるのを忘れていて残金がなくなるといけないので、引き落とし口座に定期預金をセットした総合口座を利用されているご家庭も多いと思います。こうすると、引き落とし口座の残高がゼロになっても、定期預金から貸し越しという形で支払いができて便利です。

 実は、被災した人たちの中にもこの総合口座を使っている人がかなりいて、避難所暮らしで預金が足りないにもかかわらず、月々の引き落としがきっちり行われているケースが多いのです。つまり、避難所にいる間に、定期預金が減っているということです。

 金融機関に申し出れば、住宅ローンや各種保険料などの自動引き落としを止めてもらうことができます。生活を立て直すには、現金が必要です。津波で流されたり、震災で壊れた住宅のローンなど、引き落としによる支払いはしばらく止めた方がいいでしょう。

 ところが、その手続きをすることまで思い至らない人が多く、また、避難所にこういった情報が届いていないようです。この非常事態、支払先も事情はわかるはずなので、ぜひ金融機関に相談してみてください。

 ちなみに、被災者が抱えている負債をゼロ、もしくは軽減するという要望を、日弁連が政府に対して出しています。何らかの明るい方策が見えることを期待したいものです。