June 7th, 2011

爽やかに晴れてます!


 朝はふたりでクラムチャウダーと苺とサンドイッチ。
 セブン・イレブンまで行って、ガス代と電気代の支払いと虫コナーズを2本買ってきた。

 娘が出かけたので、お昼を外で食べてると、ガス屋さんがガスボンベを2本増やしたいと言う。
「いいですよ。」と私。料金も変わらないのだそうだ。

 黄色のトラックがガスボンベを積んでいる。

 お水やりが結構10往復くらい庭の水道蛇口まで通って、お花や野菜にかけることになって、いい運動。

 昨日、たかこさんが「るいこさんは、足が速くて本当に元気なのネ。」と言う。
それと、さし上げた筍で作った、サバ缶詰と葱の味噌汁が本当においしかったと言う。

☆今日は癌にならないための携帯シールを観おさんが送ってくれたので、郵便局に支払いに行くことと、娘が5万円ほどかしていたお金を返してくれたので、生協と電話代を引き落とす銀行口座に分けて振り込んでおこうと思う。

☆夜はねえ。ご飯を炊いてあるので、オムライスかな?
卵を買わなければ!
 苺は本当に真赤になった!

喫茶「しなの」と書房「しなの」がテレビで紹介された!

 携帯の発ガンを防ぐシートが届いたので、郵便局にカートを引っ張っていった。
ゆうちょうで、送金してかわいいハート型の切手とピーターラビットの切手を1シートづつ買った。50円切手って案外必要。

 バスに野尻湖から乗った。

 黒姫駅で降りて、第一スーパーで卵やヨーグルトやジュースなど重いのを買う。

 帰りのバスが5時20分なので、書房「しなの」で婦人公論を買って、喫茶「しなの」でコーヒーを飲んでいたのだが、運良くテレビ取材があって、これから上映されるという。残念なのは長野限定!

 内輪で集まって、峰けんじと息子さんが黒姫や野尻湖の店などを訪問するのを見た。

 お母さんとたかし君が書房で話しているところと喫茶「しなの」の風景がよく映っていた。お客さんは逃げてしまったのだそうだ。

 明治時代から開いているよろず屋さんや観光協会が信濃町でうつっていた。

 本屋さんを手伝っている佐藤さんのお嬢さんは、わたしがいつもいく古間松尾の和菓子屋さんで働いていて、挨拶された。兎に角、信濃は7000人くらいしか住んでいないので、みな知り合いなのだ。

 娘も午後に喫茶「しなの」に行ったそうだ。



 信濃町の素朴な関心が健康をもたらすかも。