June 14th, 2011

百姓リボリューション!

「平和」という名の薔薇!


 「百姓リボリューション」の言う本の紹介が「みお&ゆきツキアップ日記」に紹介されていて早速、購入のメールを出版者に送りました。
YOU TUBEの本人の本紹介があって、なかなか考えるところがありました。

☆「みお&ゆきツキアップ日記」のコピーです。
時の人、日本初のサバイバル・コンサルタントの伯宮幸明さんが、
東日本大震災のちょうど1か月前に出版された注目の予言本
小説『百姓レボリューション』

『2013年 貨幣経済が崩壊し、日本は無政府状態となる。

 東京は壊滅し、ゴーストタウンと化す。

 大混乱の中、500人の百姓たちが立ち上がった。』


新しい時代に向けたライフスタイルそのものを提案するコンサルタント
“サバイバル・コンサルタント”略して“サバコン”の伯宮幸明さんが、
経済危機が深刻化する中、一人でも多くの人に対処法を伝えていきたいと、
田舎暮らし、有機農法や自然農などの農法、パーマカルチャー、
地域通貨や物々交換、エコビレッジや地域コミュニティ、
トランジション・タウン、自然エネルギーなど、経済危機や食糧難を
生き抜く上で必要な情報を中心に世の中に発信されています。


これからは、“事実は小説よりも奇なり”って感じかもしれませんが、
まずは小説で、心の準備を始めましょう。

大震災が起きた後、新しい社会をそうぞうするために、
500人の百姓が立ち上がる。

備えあれば憂いなし!


読んでから体験するか、体験してから読むか。

『百姓レボリューション』

☆縷衣香記
 どのような本でも、うのみにして信じる必要はないのですが、一つの時代への考え方としてうなづける部分があります。

 私も、求めもしな買ったのに、今、長野県の神山でコテージ暮らしをしている。

 大きな意志に操られているように思えることがあります。

 理想郷には、稲や畑の耕作だけではないですよね。

 心のあり方が問われるように思います。

☆☆☆
 私個人はお百姓をする気はないんですよ。
 それよりは、どんな汚れも清める、どんな痛みも癒す
 そんな空間を創りたいと思っているんです。


 誰でも
 その場にいると
 エゴが消えて
 人の喜び即ち自分の喜び
 人の悲しみ即ち自分の悲しみとなって

 何も言わなくても
 言葉を発しなくても

 ただいるだけで
 心から歓びが湧いてくるエネルギー空間です。

☆どれが優先でもなく
 どれが正しいのでもなく

 生きるのには
 心や
 体の健康が必須ですから

 神山から降りて
 それぞれの地で
 しっかりと大地を踏みしめて

 天に感謝し
 人を愛し
 
 美しい水と
 空気が曇ることのない地をみなで
 創ればいい

 動物も植物も
 生きているだけで祝福されている

 あなたの心が完全に澄み切っていれば
 福島でも東京でも
 心も体も
 護られる境地があるかもしれない

 祈り
 行動
 そして
 ひたすら
 心からの感謝と
 生きるものすべてへの慈しみと
 愛でる神の似姿!

 きっと
 できますよ!

 天国と名づけられた薔薇!

 ナイス・デイという名の薔薇!今日もナイス・デイ!