June 18th, 2011

東北の旅。遠野物語、釜石、そして宮沢賢治!

6月16日(木)晴れ。
朝、5時ころ起きてしまう。


6時46分のバスで出かけるまでしっかりとご飯を食べて、お花にお水をやって出かける。まだ、ペンキは乾いてないのでスが、新しく買った丸テーブルと一緒に並べておきました。丸テーブルは折りたたみで1500円でした。そのうち、白くぬるかもしれません。留守中に野菜や果物が痛むと困るので、全部食べます。苺はパックに詰めて、長野新幹線の中でコーヒーと一緒に戴きまし

 信越線から新幹線で先に東京へ。山手線JRもパスが使えるので助かる。目黒駅の信用組合でお金を降ろし東京三菱銀行へ移動。東北ガイドブックとベーグルを買ってすぐ東京駅へ引き返す。

運よく東北新幹線で新花巻まで。
新花巻駅から釜石線で遠野へ。
とおのはボランティアの中継地で待っていたバスでほとんどの客は乗って陸前高田や釜石などグループで出て行ったようだ。
 着いたのは4時前ですが、インターネットが使えそうなホテルに直進しました。
「あえりあ遠野」で和室しか空いてないと言われ、「それでは、ほかのペンションや民宿に訊いいてます。」「他にも泊まれません。」「おいくらですが?」「5人まで泊まれる和室で2万円です。」「朝は要りません。釜石に朝1で出かけますから。」「それでは、1万8850円です。」「高いが宿泊。

 この部屋の番号はなんと407!凄いね。神は。私のために用意されていたんだ!


部屋の感じ!庭もありました。2部屋あって広々と!
すぐに町に出ました。



101年前に遠野物語を編集した柳田國男。







とおの昔村、遠野城下町資料館。海外で紹介されている日本のお伽草子を観た。






「お白州様」の本を100円で買う。遠野物語を買う。カッパせんべいと明ガラスを買う。南部神社。部屋でテレビを観て、水木しげるの漫画「遠野物語」を読む。カップ・ラーメンで夕飯。
6月17日(金)晴れ、曇り、時々小雨。
朝食はキオスクで冷麺。朝6時から釜石まで釜石線。釜石ローソンで一万円下ろす。1時間、アーケードを歩く。リアスラーメンを買う。
9時ころ出発。10時過ぎに遠野。
10時20分から「遠野物語めぐり号」1日コース。5000円。
南部曲がり家・千葉家、五百羅漢・卯子酉様、遠野駅で語らべ「おしらしさま」、福泉寺、遠野ふるさと村、「ひっつみ」お昼。カッパ淵・伝承園、遠野駅。15時13発の釜石線で新花巻まで。タクシーで宮沢賢治記念館、イギリス海岸。4000円17時52分の新幹線で大宮へ。大宮から長野新幹線で長野まで。
11時26分の信越線に乗る。最終電車だと思う。タクシーで、セブン・イレブンで泊めてもらいキャッシングをして、コテージまで。
6月19日(土)雨。お花に水をいやるところだったので神様の感謝!よく寝ました。8時間ぐらいです。

釜石の現実。私はただ歩いた。

6月17日。ホテルを出て、駅のキオスクで朝食。

赤十字のボラティアが遠野駅から花巻まで帰るところだった。

 電車から見えるお寺には新しい墓がたくさん並んでいた。
 車内の高校生から、コンビニの場所と被災地の訊ね方を訊いた。




 広い街並みのシャッターはどれもこれもまるで飴細工のように曲がってくねっていた。強い海の匂いと生活品が泥まみれになって瓦礫と一緒に積まれていた。























キオスクで食べたリアスラーメン500円!おいしかったよ!




遠野めぐり!

 再び釜石鉄道に乗って遠野に帰った。
10時20分から出ると言う観光バスに乗った。お客はわたしひとりだった。
昨年は遠野物語が書かれて100年だったので、水木しげるさんの絵のバスの絵のこんなバスができました!

ガイドさんはとてもいい人で植物の名前をたくさん教えてくれた。
 最初は千葉家。南部曲がり家。



 豊かな家で自分の家にお稲荷様が飾ってある。












アスパラガスのできてるところを初めて見た!

余った時間で駅で語り部から「おしらすさま」を聴かせてもらいました。

午後からは北海道から見えたご夫婦と、東京から見えた男性の4人で、祈りました。




ふるさと村へ!









宮沢賢治の話に出てくるシャンプーになる植物。

テンの剥製です。ガイドさんの家に今日遊びに来たそうです。

私は釜石線の乗っている時に雉の夫婦を見たんですが。ガイドさんに言ったら「雉は岩手県の県鳥でよくいます。」とのことでした。
大切に育っている草です。これも宮沢賢治に出てくる色を染める植物で根が赤いそう。


河童淵です。昔の子供たちはよく河童を観たそうですが。






狛犬の頭も河童の皿状態!




この方が柳田國男に遠野物語を語ったそうです。





いろりの上のお魚をいぶして燻製にするのだそうだ。

ガイドさんに薦められた買ったやきもちの中はとろりとしたお味噌が入ってました。いかせんべいは南部せんべい仕立てです。新花巻に向かう鉄道の中で。

ご一緒した方たち3人は、皆、おっとりといい方ばかりで楽しいバス旅でした。
小さなバッジが参加印!


ふるさと村の広い南部曲がり家にはボランティアの方たちが住んでいたそうです。わたしがつい「体育館よりここで被災地の方が暮らされた方が。」などと言ってしまったのです。
 みなで、2度と災害が来ないように祈りました。ボランティアの方たちも仕事が終わるとバスに乗られて観光をされる方が多いそうです。
 テレビでは「2人以上。宿泊所と自分の食べもの確保。」とのことで、長靴とパンツでということでした。
自分も黒の長靴とパンツ姿だったんですよ。機会があればしたいなと。

 私は岩手のおばさんたちと釜石線の中で楽しいおしゃべりをしました。やさいいおばあ三たちで、席を譲ったりするんですよ。「年齢順ですよ。座ってくださいよ。」と座って戴いたおばあさんは83歳だって。
そして「山の奥に住んでるんですよ。」って。時刻表をくださったおばあさんもいて、新幹線と釜石線が載っていたので、朝の釜石線の乗れたんですよね。みんな優しくて穏やかで、いい人生をおくられている。
 ボランティアのグループの方は、まじめ過ぎて一言も話さずに、黙った座っています。一緒に釜石線の乗り遅れないように走ってきたおばさんは汗が凄かったので、「よかったですね。間に合いましたね。」と話しかけたら、「がれきの山を片付けるんですから。」とおっしゃってました。
 
 そうですね。
 私たちにできることは、お金の支援ですね。
 そして東北に旅してお金を落とすこと。
 現実を観て、しなくてはいけないことを知ること。
 そして、元気で体力をつけて、できればボランティアができたらいいな。

ホテルの中はインターネットが使えなかったので、スマートフォンを使ってますがどういうわけが日本語が使えず、友人たちのメールの返事は下手な英語で書いてます。

宮沢賢治記念館とイギリス海岸!














帰りは5時52分までの新幹線までずいぶん時間があったのです。しかし、近くにコンビニがなくてキャッシングがなかったので、遠野のお菓子を食べて夕飯の代わりにしました(笑)
幸い300円くらいはあったのでお茶を大宮駅でも買って生き延びました。


大宮から長野まで行き、黒姫までの最終に上手にパスを使いました。
タクシーの運転手さんは顔見知りなので、途中コンビニで4000円下ろし、待ち時間を入れて1800円を支払ったのです。

☆この旅で思ったことは、
日本の座敷わらしが去ろうとしていること。
そして、人間の心がきっと離れてしまったんですね。

幸運を呼ぶのには秘訣がある。
やさしさ!
差別をしない!それは遠野物語の「おしらす様」のお話でもあるように、うまでも生物でも。
宮沢賢治の「雨にも負けず」で生きていかねばならない。
みなが、
粗食に耐えて、節約に耐えて、神への感謝を忘れなければ
日はまた上がるでしょう。

お百姓さんの仕事ってやはりすてきだな。
漁師さんの仕事も素敵だな。
大工さんたちは黙々と釜石で家を改造したリ、クレーン車を動かしていた。

東北は美しかった。
そして、今も。

日本のいいとことが詰まっている場所だ。

福島で!

【6/16東京新聞】大量の鼻血、下痢、倦怠感 子に体調異変じわり 原発50キロ 福島・郡山は今

「上の子が1週間くらい毎日大量に鼻血が出続けていたので心配で・・・。
下の子も、時期が違うけど、やはり1週間くらい鼻血が出て。」
NPO法人「チェルノブイリのかけはし」が十二日、福島県郡山市で開いた医師による無料問診会。

3月下旬に疎開先から郡山に戻ったら、6歳の長女が3週間鼻血が出続けて、耳鼻科で診せたら「花粉症では」と言われた。