June 26th, 2011

「風と共に去りぬ」を観る!

お久しぶりの銀座です。
足長おじいさんの無料チケットですが、今回はわざわざ、長野から帰って来たと言っても言い過ぎではないくらい観たかった!


帝劇100周年の記念らしい!

東北への義援金箱と役者さんのサインが親しみを感じます!

迷いながらもカタログを買いました!

本当は文庫本が欲しかったのですが、漫画が売ってましたので、つい。

☆舞台は、簡素なんですが、原作に忠実にいろいろと盛り込んで、南北戦争当時の考え方や、アイルランドのタラの丘にも昨年行ったので、アメリカ移住というほどの餓えがアイルランドに会ったと言うことを考えてました。
 日本の災害と再生という今日の問題とも重なる。
 生活のために、お金のために結婚したリ、上流社会へのあこがれや、少し度胸がよいくらいで無いと、アメリカの開拓史では生き残れないだろうとも思ったりしました。

 この話にも悲劇がある。
 好きな人と結婚できない。
 自分の子を失う。
 そして、戦争に巻き込まれ、病に感染し、父母を失う。
 それでも、たちあがって生きていかねばならない。

 美しいことは、強いことでもある。

 帝劇100周年の記念だったそうですが、観客は結構ガラガラ。

☆銀座がこんなに、暗いとは!
 日本はどうなってしまうんだろう?

帰りは阪急デパートで改装のためのバーゲンで、かわいいタオル・ハンカチを!
1枚300円!



8時ころに終わったので、六本木にも行ってみました!
メトロ線の「六本木」駅から、大江戸線の「六本木」まで、あるいて地下鉄で帰ってきました!
ヒルズにある蜘蛛。フランス人のブルジョワという女性の作品です。

夜の六本木はいろいろな顔があって、面白かったです。
帰りに、軽井沢の浅田屋の野菜ミックス・サンドを買いました。

10時半くらいに家に着いたのですが、主人がこの前出張の名古屋で買った海老せんべいの「海老姫」とか言うのを、持っていたので、私の「リンゴ」のお菓子と分け合って食べました。

☆今日は朝5時に起きて、掃除をしたり洗濯したリで、東京へ来て、父の家にも行き、銀座、六本木にも行ったのですが、私ってやはり元気なのでしょうか?

明日は東京の家の掃除を頑張りたいと思います。