June 30th, 2011

盛岡を経て、黒姫へ帰ってきました!

秋田新幹線の中で食べたおやつ。

東北新幹線で食べたお昼!

長野新幹線で食べたどういうわけか青森産りんごのアイスクリーム!

6月29日(水)晴れ。暑い日。角館
 朝は5時に起きてしまいました。長野電鉄の点検の希望日を30日までに、返事をしなければならないので、フロントで封をするために糊を借りて、郵便ポストの場所を教えてもらい、出かけました。もう、すっかり明るいのでした。

郵便ポストはすぐわかり投かんできました。


周囲には、丁寧な地図が多く、昨日通った武家屋敷とは違う武家屋敷があることが、わかりました。それで、6時45分からの食事まで時間が十分あるので、お散歩をしました。













 年季のある蔵など、外見だけでも十分楽しめました。田町武家屋敷通り。
西宮家や安藤家。保存状態がいいんですね。ピンクに塗った家もホテルとして使われている家もありました。朝から、よく歩きました。新潮記念文学館もありました。創始者佐藤義亮が角館出身だそうです。

 6時半ころ帰ったら、「そろそろ食事の用意ができていますよ。」とフロントに言われ、6階のラウンジに上がりました。桜並木が見える川がきれいに見えたので、春に来たくなりました。
食事は和食で、シャケや納豆、温泉卵、海苔、サラダなど定番ですが、良かったです。コーヒーも沸いていたので、いただきました。

 主人からメールで暑いとあったので、東京へ寄らず、お菓子や中尊寺の切手は郵便パックで送ることにしました。ローソンがあったので送ることができました。1000円でした!


7時20分にタクシーの迎えが来ていて、近いのですが駅まで行きました。690円。
秋田小町の新幹線で7時47分に出ました。隣のおじさんは、遠野に自転車で行ったと話していましたが、熊に会って危なかったそうです。熊と自転車の間にトラックが入ってくれて助かったそうです。

☆東京まで直行の予定を変更して、盛岡で降りました。新幹線の「こまち・はやて」と長野新幹線の指定席を予約しました。
9時前に着いたので、あこがれの「銀河鉄道」に乗って、石川啄木記念館の「渋民」に行きました。500円で乗って15分ですが、1時間に1本あるかないかです。
この駅からはタクシー。代用教員として、教えていた学校。生家の寺、宝徳寺。間借りしていた斎藤家などが移築されていました。






啄木の夢の家とか!


10時44分に、帰りはバスで盛岡駅へ。560円。
都心循環バスで「もりおか・啄木・賢治青春館」へ。無料。
都心循環バスで駅から「啄木新婚の家」へ。無料。






ひょうたんの花!

13時47分の新幹線に遅れると困るので、タクシーで駅へ。

正解でした。北口と南口があるらしく、コインロッカーもたくさんあって、ずいぶん探すのに時間がかかってしまいました。
コイン・ロッカーには「雉」の絵が。この間、釜石までの釜石線で雉のつがいを観たのでした。
「盛岡駅のロッカー」

 もっぱら、啄木を読んでいました。「いぶりっこチップス」を食べながら。
私は、かなり反省をしました。本業を怠けていたので。

 新幹線は混んでいました。仙台の次は大宮でした。指定席を取ってあったので、座れました。長野に6時に着いて、すぐに8分に信越線が出ました。喫茶「しなの」でアイス・コーヒーを飲んで、カートが重いのでタクシーで家へ。運転手さんがいい人で玄関までカートを運んでくれた。やはり、強烈な薔薇の香りに気がついた。だが、薔薇のそばでは、匂わない。夕焼けは薔薇色でした。そこから香っているような!

 お洗濯をして、乾かして!
生協が来ていたので、夕飯は、アサリと玉ねぎとアフリカ・バジルで蕎麦スパゲッティにする。
胡瓜1本と杏2個。


 今日は6月で最高気温のところが多く、熱中症で倒れられた人が多かったそうだ。
ここは山なので、やはり涼しい。ですから、まじめに仕事をする。

私は、「なぜ角館なのか?」と思ったが、どうやら桜の神に呼ばれたようだった。
遠野もガイドさんとふたりで、「早池峰山」(はやちね)の話を聴いたのだった。せおりつ姫が呼んでいる。大昔に女神あり。瀬織津姫命。

 なぜ、東北なのか?
 津波なのか?
 地震なのか?

もう少しで、答えが出そうだ。
そして、二人の天才、啄木と賢治。
生きるのに必要な他者への奉仕。
鍵が見えてくる。

6月30日(木)雨のち晴れ。
朝、8時16分ごろ。長野、松本市 震度5強の地震。篠ノ井線一部運休。
私も、感じましたがごくごく黒姫は、軽かったです。松本市内で合わせて9人がけが。

旅行中に読んでいたのは、東京に着いていた季刊通信です。

チェルノブイリ通信84号より。(要約してます)
1.☆原発労働者の町プチピャチは翌日に、半径30キロの周辺町村では事故から1週間後の5月2日に避難始まる。
☆福島の場合は始め3キロ、次に10キロ、20キロと範囲を広げ、汚染の高い飯館村では計画避難という形で始まったのは、1カ月後。
2.被曝するとどんなことが?
 体の外からの外部被爆。あるレベル以上の被爆、白内障や脱毛といった症状で、最悪は死亡。これらは「急性障害」と呼ばれる。
 食べ物を通して内部被害。被爆してすぐには症状は出ず、数年後、数十年後にがんや遺伝的障害がでる。これらは「晩年性障害」と呼ばれる。ただし、同じ程度に被爆しても症状は同じではない。被爆して時間がかかると、原因が放射線によるものか否かはわかりにくい。
3.チェルノブイリでは、原発の事故処理にどのくらいの人が従事したか?
作業者は60万人から80万人。

チェルノブイリ原発4号炉の石棺の写真があります。
チェルノブイリ被災者のために医療団を送っているほかに、コーヒーや紅茶など売っています。

私はベラルーシの民芸品やマトリョーシカの材料を買っています。被災者の作っている工房です。
1995年に発行した「子供たちの見た、チェルノブイリ」
作文集「わたしたちの涙で雪だるまが溶けた」
定価1300円から500円に値下がり、少し黄ばみがあるそうです。

「のぞみ21」福祉工房 ベラルーシのゴメリ市。被災者と障害を持つ人たちによる。
わたしは白木のきのこなど買っています。


支援にはいろいろある。
物を買うことも、贈ることも、訪ねることも。
☆「聖母の騎士」7月号より
「被災地の今、そしてこれから」千葉悦子
4月9日、気仙沼に高輪教会と吉祥寺教会から集めた500キロの物資を来るまで運ぶ。
仙台、塩釜浸水、「塩釜カトリック教会」仙台教区サポートセンター。
七ヶ浜、
4月13日、気仙沼、「気仙沼カトリック幼稚園」「気仙沼教会」唐桑、陸前高田、大船渡、「海の星幼稚園」「大船渡教会」
☆東北の物品を買い復興を支えてほしい。
「岩手県」「宮城県物産振興協会」ホームページ。

国家公務員夏のボーナス平均 564800円
ボーナスのない職業の私ですが、少ないそうです。

6月30日、朝食です。雨が降っていたのでデッキまで丸テーブルを運んで!

コーヒー・カップのふたを買ってきたのですが、リスの部分が桜の象嵌細工になってます。温かいのがさめにくかったです。


朝、お水をやっていたら、雨が降ってきたのでした!
 さといも

 葉の色が好き!

 胡瓜です!

 茄子を収穫しました!今夜は茄子の生姜焼きかお味噌汁!

 作っている職人さんの家で買ったのですが、信じられない安さ!小さなおたまが300円。胡椒入れが500円でした。桜の木の皮の象嵌です!



JRにたくさんのっているので、ポイントがたまり、ル・クルーゼの小物入れに交換できて、東京の家に届いていたものを持って帰ってきました!ラッキョウとか、福神漬とかいれるのにいいような!

ホテルのお茶パックなど持って帰ってくるんですよ。経済でしょ?(笑)



これはかなり高かったです。5000円くらい。しかし、マグネットがついていて、ピタッとお箸箱に入るんですね。桜皮の象嵌細工です。娘の大学時代の友人が来るのでプレゼントしようと思います。ヨルダンの方でアメリカから来ます。


これも、安かったです。こんなんで商売になるのか?1000円しなかったと思います。
お菓子は「おおさわ」の茶饅頭で冷蔵庫に入っていたもの。別に傷んで無いと思います。


仙台しだれ桜のサクランボの実。