July 19th, 2011

「わたしたちの涙で雪だるまが溶けた」子供たちのチェルノブイリ

 東京へ届いていたチェルノブイリの作文集を読み始めてます。

 チェルノブイリから300キロも離れたところに住んでいる子供たちまで被爆していたのにはショックです。

 この作文集を読んでいると、あの原発の事故まではベラクーシ―のむらの子供たちは緑に包まれて、家族といっしょに村の仕事や自然の食べ物を満喫し、笑い声の溢れるのどかな暮らしをしていたことがわかります。

 その事故の後は、お母さんの顔は哀しくなって、子供たちの未来を奪ってしまったというのです。

 美しい青空も消えてしまった。

 長い間住んでいた家の中の家具もそのまま、もう家にも入れなくなってしまった。

 あの素朴な村の風景が死んでしまったのです。

 あの寒い地に住む子供の心までが凍ってしまった!

☆留守が長かったので、家の中を片付けて掃除を始めてます。
 今日の午前中は主人のサプリメントが届くので受け取るように言われているので自宅待機です!
 それで、郵便物のチェックを始めてます。

 ギャラリーG2からは東北の被災地の子供たちの作品展示をギャラリーでするための寄金バザーのための物品寄付依頼が来てました。何か集めてギャラリーに指定時間に届ければいいようだ。

 次に山谷のホームレスさんの山友会にはお米券やスニーカーなどでもいいようなので、これも家中をチェックすれば何か見つかるでしょう。

 チェルノブイリ医療支援では、お金を送金する他にベラクーシ―の手芸などを買うことでもいいようで、
何か東北でも役立つようなものがあれば買えたらいいなと思う。

 ユニセフは現金で(クリスマス・カードなどもあるけど)、アフリカの子供たちの食べ物のために使われたり予防接種などのワクチンの費用もあるので、何とかキャッシュを作りましょう。今年は東北のこども支援も内容に入ってます。

 聞き慣れない名前の団体はタラのらい病支援が変わっていったもののようで、「サントニーニュ・フレンズ基金」というものも。フィリピンのボランティア団体からです。学校に行けないストリート・チルドレンや山岳地方のこども支援で、これおも無視はできないでしょう。

 いくど断っても来る「エスナック里親」からも。アジアとアフリカの教育支援で、唱っている内容はいいと思いますが。これは、もう300万円近く送ってきたのでパスさせていただきます。

 コテージを建ててくれたBESSからは、太陽光線の自然エネルギーを取り入れる改装と同じテーストの物置作りを薪置き小屋は10万円から物置は50万円からとあるので、ぜひ頼みたいのですが、先立つものがあるやら。トホホ。

 知人からの原稿記載誌は読んだので、感想文を送りましょう。

 

最近のショック!しかし、原爆に負けない心も体もできる!!!

「日本人は知ってはいけない」
という内容のブログである。

世界の権力と金融を握る一部の人たちの利益のために怖いことがたくさん起きていると言う。

すべてを信じるわけではないが、頷けるところが多いので困ったのだ。

☆しかし、
 いつも思うのだが、宇宙には法則がある。
 有史以来の大きな自然の法則が。

 それが因果応報だ。
 原因と結果の法則だ。

☆「日本人は知ってはいけない」という内容のブログによると、大きな「日本乗っ取り計画」から日本は逃れられたのだと言う。予定の富士山噴火は阻止されたのだと言う。

 それを阻止したのは、日本人の善のエネルギーではないか?

 私個人は、この世にどんなに悪事があろうとも死ぬ直前まで善をなし続ければ、転生という未来に「至福一千年」で復活できるのであるから、いいではないかと思う。

 今、お金や権力を牛耳るために大衆や弱者を食い物にしている人たちの未来の地獄は哀れなものだ。

☆福島原発の爆発の影響で、わらを食べた牛が日本各地に売られ、すでに加工されて人間の口に入ってしまった。
 チェルノブイリと同じことが起きている。
 300キロメートル離れていても自動的に被災してしまう。

 手はあるのか?
 免れる方法は?

 ある。

 具体的に被災にかかりにくい食べ物も心のあり方もある。

☆サッカーで日本の女の子「なでしこ」が世界一になった。
 アメリカに勝った。
 アメリカの選手は「日本には何か大きなエネルギーが働いていた。」と言った。

 そうなのだ。
 心の強さ。
 信じる力。
 国のため、被災者のためにという他者への愛のための力は奇跡を起こす。
 エネルギーは無限なのだ。
 澄みっ切った、純粋の愛の力があれば不可能は可能になる!

☆具体的には、
 できることを最大限することだ。
 被災地だけでは無い。
 会う人会う人、できるだけの善をなす。

 人を愛するときは人間には誇りが生まれる。
 愛し、愛し、愛し、愛するとどんどん自分のエネルギーが増してきて無限大になるのだ。

 そうすると、何をしたらより人のために働けるかがわかってくる。

 体が動けないときは心から愛の笑みを投げかけるのだ。
私はよく泣いてる赤ちゃんにそうするんだけど、泣きやんで岡ちゃんをだっこしているお母さんに感謝される。赤ちゃんも不安なのだ。「大丈夫よ。生まれて来てよかったね。幸せがいっぱいのこの世になるよ。」って愛を込めて、手を振ってあげるのよ。そうすると、赤ちゃんは泣きやむ。

 孤独なおじいさんやおばあさんにも話しかける。
 「いい天気ですね。」
 「いい顔色なさってる。」
 「今日もいい日でありますように!」って、その人の1日が幸せになりますようにと念じながら。

☆可能な限り与えることだ!
 キリストも言っているように、
 与えよ。さらば与えられん。

 遠くに行かなくてもいい。隣の人に与えること。
 
 私なんかはタカ子さんに、いろいろあげてきたら、この間「ちょうどいいときに来てくれた。お食べ!」って、特製のたれで焼き肉たらふく食べて、赤ワインやピクルス出で来て、夕飯はこれで済ませられてしまった!惜しげなく与えると惜しげなく返ってくる。返ってくることなど考えもしないんですけどね。

 情報もしかり、他人が知っていい情報はどんどん流す。
 そうすると、必要な情報がどこからでも来る。

 皆が幸福にならないと困る!
 そのためには、早く目覚めて、幸福の階段を上ってくださいと思う。

☆他人を自由にすると自分が自由になる。
 私たち家族がそうだもの。
 
 その人が最高に心地よくすることをいつも考えて行動していると、自分が最も心地よいところに運ばれる。運命はそういう風にできている。

 だから、いつも人が幸せになることを実践して、そのようにしていくと、自分が幸せの極致で暮らせるのよね。

☆食べ物も放射能からまぬがれる食べ物がわかっている。
 発酵物。
 ヨーグルトや納豆。
 お味噌。特に八丁味噌。名古屋人だもの。八丁味噌はなじんだ味です。
 野菜はよく洗うか茹でるか。
 できれば、有機野菜で、できれば自分で栽培したらいいらしい。

 お米は玄米。

☆何よりも大事なのは心の在り方!
 奇跡の起こる心の状態を作る。

 美しい心。
 神に近い心であるように心がける。

 神様ならどうするだろう?
 そう思うと、神に近い心になりやすい。

 宗教の本物の奇跡の人たちはどうして奇跡の人でありえたのか?
 
 それは、大きな愛で自分のことよりも人の救いを考えていたから。

☆間違った考え方は?
 たとえば、人のものをほしがること。
 侵略や奴隷化がいけないのはそういうこと。

 自分が楽をするために他人のタダ働きを強いる。
 自分がおいしい思いをするために他人をだます。
 自分がおいしい思いをするために他人を食い物にする。
 自分がおいしい思いをするために他人を無知にする。
 自分がおいしい思いをするために他人に危害を与える。

 世界史の中ではそんなことだらけ。
 考えるだけでもオゾマシイ。よその大陸から強制的に自分たちの奴隷として連れてくるなんて!

☆私たちも注意深く見ていると現代にも日常生活の中にもそういう人っている。
 気をつけて騙されないようにしよう。

 美しいことを言っても、実際の行動の違う人は多い。

 私も63歳までの人生で、現場を見れば見るほど、サギ師が多かったのにはびっくりした。

「可哀相に!」
 私はいつもそう思っていました。
 
 世界はこんなにも美しく、輝いていて、信頼に足るものなのに、
 詐欺師たちはわからない。
 騙してお金をとったり、騙してただ働きさせたりが得したと思っているんだね。

「可哀相に!」
 嫌がる人を恐喝したり、神の名を使って、
 お金を取ったり、友達風を装ったりしても、本当の出会いや感謝は生まれない!

 最近、テレビでアメリカの女の子を誘拐した人が捕まって、その女の子が手記を書いてアメリカでベストセラーになったのを知りました。

 彼女は言うのです。
不思議なことに、可哀相にという同情心が脱走できるのに、そうしなかったと。

 誘拐した小さな女の子を強姦しなければ満たされない男は悪魔だが可哀相なのですよ。
残念ながら、日本語翻訳はまだ。


Product Description
In the summer of 1991 I was a normal kid. I did normal things. I had friends and a mother who loved me. I was just like you. Until the day my life was stolen.

For eighteen years I was a prisoner. I was an object for someone to use and abuse.

For eighteen years I was not allowed to speak my own name. I became a mother and was forced to be a sister. For eighteen years I survived an impossible situation.

On August 26, 2009, I took my name back. My name is Jaycee Lee Dugard. I don’t think of myself as a victim. I survived.

A Stolen Life is my story—in my own words, in my own way, exactly as I remember it.

---

The pine cone is a symbol that represents the seed of a new beginning for me. To help facilitate new beginnings, with the support of animal-assisted therapy, the J A Y C Foundation provides support and services for the timely treatment of families recovering from abduction and the aftermath of traumatic experiences—families like my own who need to learn how to heal. In addition, the J A Y C Foundation hopes to facilitate awareness in schools about the important need to care for one another.

Our motto is “Just Ask Yourself to . . . Care!”

A portion of my proceeds from this memoir will be donated to The J A Y C Foundation Inc.

www.thejaycfoundation.org
Product Details

* Hardcover: 288 pages
* Publisher: Simon & Schuster (July 12, 2011)
* Language: English
* ISBN-10: 1451629184
* ISBN-13: 978-1451629187
* Shipping Weight: 12.8 ounces (View shipping rates and policies)

☆本当に、世界は可哀相な人で溢れているんです。
 だから地球がなかなか平和にならない。

 このジェシーという女の子は「自分は自分のことを恥じてはない。」という立派な女性で、犯罪者都の子供2人を「マリアさまのように美しい。」という強い女性です。

☆私はタカ子さんとその友達のYさんと話した。
 日本人は韓国の人には本当にひどいことをした。でも、韓流のイケメンたちが、日本人を変えた。
何か、神様の力が働いている気がすると。

 でも、誰にも何かつらいことがある。
 それを通して人間は完全に近付くとYさん。

☆世界は確実にいいほうへ流れている。
 多くの英雄たちのおかげで。

 この間、見た映画「デザート・フラワー(砂漠の花)」もそう。
 黒人たちのアフリカは美しく豊かでみな幸せだった。
 それを悲惨な大地にしたのはだれか?

 私は映画を観て、多くの人たちが美というものを愛するという公平な目を通して、戦っているのを感じる。

☆☆☆
 私も頑張らないとまずいな!

追伸
 姑が「私も恐山に行きたかった。」と言っているそうだ。
 また、秋の割引きチケットで行くか!
 やはり、連れていくべきでしょう。

それと、主人がサプリメントを買ったので、
「それと延命?」と訊いたら、
「そうだ。」という。
「恐山の冷水で1杯飲むと10年若返るというのを3杯飲んできたから、あなたのサプリメントが利くか私の冷水が利くかかけようか?」
と言ったら、ちょっと嬉しそうだった。

それと、主人が浄化槽代金とグリーンのクラブ費を払ってくれなかったので、現金で「今日、郵便局へ行くんなら払って。」とくれたので、つくづく、信じられるのは自分だけだと思った。

表現活動の危機!

被災で「東北の芸術」危機 ホール4割再開できず

 天井が崩落した「イズミティ21」大ホール=3月20日、仙台市泉区(イズミティ21提供)

 演劇やコンサートが催される岩手、宮城、福島3県のホール93カ所のうち、4割に当たる39カ所が震災の影響で再開できていないことが19日、各県の公立文化施設協議会の調査などで分かった。長引く閉鎖により、関連企業2社が活動を停止するケースも出ており、関係者は「東北の芸術が下火になってしまう。心の復興には文化の力が不可欠」と訴えている。

 被害では音響などを考慮して設置されたホールのつり天井が落下するケースが多い。

 仙台市の舞台監督(32)は「勤務先が被災して、生活に支障が出ている劇団員もいる。表現活動をやめる人が出るかも」と打ち明ける。
2011/07/19 08:33 【共同通信】

ベーグルも進化しているんですね。

 ずんだ餅ベーグルですって!

 お餅まで入っていて、クリームチーズでもあえているが、甘いお菓子味でした!

☆主人から23日に、地震のため空調機が壊れたので、業者が入るから1階と2階の掃除を頼むとうことで、掃除中です。

 郵便局の振り込みと銀行から少し他銀行に移す作業があったので目黒駅まで行きました。
 お久しぶりの駅ビルのⅠ階には福島支援で野菜を売ってました。

 2階のスーパーで大きなお茶ボトルと水蜜2個。

 経済を少し考えて、余計なものは買わないんですが、1階のベーグル屋で枝豆スイートの新種を発見したので、遅めのおやつに買いました。

 肉体労働って、やはり休みが必要なので、インターネットを開いたり、おやつやアイスコーヒーを飲んでひと休みが多いのでした。

☆午前中に主人に頼まれたサプリメントが届いたので、一安心して銀行に出かける準備をしたのですが、姑が恐山に行きたいと言っていたのを思い出して、お土産のお守りを持って寄りました。

 退屈していたらしく「おあがんなさい。」と言われて、上がりました。

 「恐山は本当に行きたかったのに、息子が止めて行けなかったの。」
と集めていたパンフを見せてくれました。

 こちらも、恐山のガイドパンフを持っていたので、いろいろとお話。

 9月の下旬に行きたいとのことでした。

 私でも娘でもご一緒しますからと話しておきました。

☆今日は午前中は雨だったので、止んでからも涼しい。

 いざ出かけるとなると、洋服が意外とないのです。
 
 それでも、昨年買った麻のワンピースが涼しげで良かったので着替えたのです。

 今日が特別なのかは知らないけれど、今日はしのげる。

 自業自得ですが、貯金は目減りが激しいので、少し対策を考えてます。

 それで、お昼は冷蔵庫にあった(自分が前に買った)、帝国ホテルのグラタンにして、何も買わなかった。

 中元時で、いそいろ寄せられていて、今半もあるし、好物の柿山の煎餅もあって、お金を使わないでも生きられそう。

 郵便局でユニセフとか山友会の郵便で送るお金の用紙がたくさん出てきたけれど、「保留」にしておきますと、今日は支払わなかったです。
今日は、浄化槽代とグリーン・クラブ代金。

☆そう言えば被災地のママさんのブログで10円でもいいので送ってくださいというのがあった。
 赤ちゃんがいて、いろいろ調べたりしているらしい。

 今日のように、皆が被災地のために何とか考えながらも、節電や節約を考えさせられていると、ボーナス時を狙って来るのだが、遠くの気の毒な児童の教育支援と打たれている遠い国の支援ができにくくなる。

 なでしこ元気が、明るい復興になりますように!

「三銃士」を観る!

☆いつものように、足長おじいさんのプレゼント・チケットで行きました。
6時半からで、17日から始まったばかりです。

『三銃士』(さんじゅうし、仏: Les Trois Mousquetaires)は、アレクサンドル・デュマ・ペールによる小説。1844年に新聞『世紀』に連載された。
フランスの片田舎ガスコーニュ出身の若者ダルタニャンが、立身出世を夢見て、銃士になるべく都会パリに出てきて、銃士隊で有名なアトス・ポルトス・アラミスの三銃士(ダルタニャンが銃士になるのは後の話)と協力しながら、次々と迫りくる困難を解決していく物語である。フィクションだが、ダルタニャンを始めとする実在人物やラ・ロシェル包囲戦などの史実が多く登場する。

日本では『三銃士』のみが有名だが、『三銃士』は第1部に過ぎず、全体の分量からも4分の1以下である。続編に第2部『二十年後』と第3部『ブラジュロンヌ子爵』がある。3部作をまとめて『ダルタニャン物語』と呼ぶ。

表題の銃士とは、もともと最新式のマスケット銃を装備した乗馬歩兵で竜騎兵の一種だが、『三銃士』の中では銃撃戦は少なく、剣での斬り合いが主になっている。

ラグビーなどで有名な言葉「一人は皆の為に、皆は一人の為に」("un pour tous, tous pour un")は、本作が出典である。もっとも平尾誠二によれば、ラグビーでは再度の「un」が指すのは“一人”ではなく“一つの目的”つまり勝利だという。

ところはフランス王国、時はルイ13世の治世。

ガスコーニュ出身の田舎貴族ダルタニャンは、銃士になることを夢見てパリに出てくる。ところがパリへの道中で謎の騎士に紹介状を盗まれてしまう。何とか近衛銃士隊長トレヴィルへの謁見を成功させたが、またも謎の騎士のせいでトレヴィルの好意を無下にしてしまった。挙句、成り行きで銃士隊でも名を馳せる三人衆アトス・ポルトス・アラミスと決闘をする羽目になる。

ダルタニャンは意を決して三銃士との決闘に赴いたが、アトスとの決闘を始めた途端に枢機卿リシュリューの護衛士が現れる。過去の因縁から決闘は中断となり、三銃士と護衛士の戦いとなる。ダルタニャンは三銃士の仲間として護衛士と戦う事を選び、枢機卿派きっての剣客ジュサックを下して三銃士側を勝利させる。この事件でダルタニャンは三銃士の仲間入りを果たした上に、トレヴィルや国王からも一目置かれる存在となる。

ある日、ダルタニャンは家主ボナシューの依頼で彼の妻である王妃の下着係コンスタンスを探す事になる。ダルタニャンはコンスタンスに恋をし、そこから枢機卿リシュリューの陰謀に陥れられる寸前の王妃アンヌ・ドートリッシュの危機を知る。強引にコンスタンスの依頼を受けたダルタニャンはバッキンガム公爵からダイヤの飾り紐を返してもらうため、三銃士とともにイギリスを目指す。

一方、イギリスでは謎の貴婦人ミレディーが暗躍していた。
☆帝国劇場
ぴあのコピーです!
「観ないとソン」と井上芳雄が自信を見せるミュージカル『三銃士』、いよいよ開幕

2011年7月19日(@ぴあ)
ミュージカル『三銃士』開幕ミュージカル『三銃士』開幕
井上芳雄井上芳雄

7月17日、井上芳雄らが出演するミュージカル『三銃士』が東京・帝国劇場にて開幕した。開幕に先立つ15日には、出演者たちによる会見が同所にて行われ、それぞれが作品に対する意気込みを語った。

アレクサンドル・デュマによる文学作品『三銃士』をミュージカル化した本作。銃士に憧れる青年ダルタニャンと三銃士の友情を軸に、恋あり戦いあり冒険ありのスペクタクルな物語が展開される内容で、2003年にオランダで初演、ヨーロッパでは上演を重ねる人気作だが、日本では今回が初演となる。

主人公ダルタニャン役の井上芳雄は「いろんな良さが詰まっていて、帝国劇場100周年にふさわしい最高のエンタテインメントになっていると確信しています。観ないとソンです!」と自信満々。またアクション満載の作品ということで「殺陣の稽古があまりに壮絶で、正直、“僕はこんなことをやるためにミュージカル俳優になったんじゃない!”って弱音はきたいくらい大変だったんですが、それだけ迫力あるシーンになっています。お客様の反応がとても楽しみ」という話も。またダルタニャンたちと対立するリシュリュー枢機卿役の山口祐一郎も「みなさん、溶けちゃうんじゃないかと思うくらいの熱演です。こんなに楽しいミュージカルはないと思います」、謎の女・ミレディ役の瀬奈じゅんも「とにかく早くみなさんに見ていただきたい」とそれぞれアピールした。

豪華な舞台衣裳のキャスト陣は、この夏の暑さもあり汗だく。「衣裳の中にヒヤロンとか入れようかと画策中」(ポルトス役・岸祐二)、「この暑さに負けずにさらにエネルギッシュにいくしかない」(アラミス役・石井一孝)、「汗かいた分、自分たちもやったぜ! という気持ちにもなるので、それがお客様に伝われば」(アトス役・橋本さとし)と暑さとの折り合いを考えている様子。そんな中シンプルな衣裳の井上は「俺の衣裳地味だなぁと思っていたんですが、蓋をあけてみたら一番涼しかった。良かった、みなさん豪華な分暑いのざまあみろと思ってます(笑)」とニンマリ顔。と言いつつも「節電も必要ですし、暑さをみんなで共有して、あの夏は暑かったけどみんな頑張ったねとあとで言えるように、前向きな暑さにとらえたい」と真面目なコメントで締めていた。

 公演は8月26日(金)まで、帝国劇場にて。チケットは現在発売中。9月3日(土)から28日(水)には福岡・博多座でも上演される。



 25分のお休みには地下の讃岐うどん屋に行きました。
安くて280円に海老てんぷらが110円でした。たぬきかすと長ネギは取り放題なので、随分お得感が!

 ディマの息子は「椿姫」を書いたそうな。
 物語は、シンプルでしたが、今の日本に必要な「勇気、誇り、分かち合い」をテーマにした3人の銃士の誓いがなかなか納得。