July 25th, 2011

神は愛!

 ロッジを降りたところで、樹香でざるそばでも食べようと思ったいたのだが、リンナイのデモストレーションをやっていて、かき氷など出している。
お風呂や台所や瞬間湯沸かし器は家を建てたばかりで、必要ないと言うと、そうでもどうぞとかき氷を出してきて、椅子など勧められる。
アンケートがあって、興味あるものは「太陽光線」というところに〇をつけたが、今お金がないので当分は無理とも答えておいた。この台所洗剤もくれた。若い社員と新潟地震のときの話をして、これから大切なのは近所つきあいということだった。

 1時のバスに乗って、黒姫駅に行ってお昼の蕎麦を食べようと思ったが、ラーメン屋の暖簾がかかっていたのでそちらに行った。今日は「さっぱりラーメン」550円。オーナーはパンを食べていて、そのパンも手作りだと言う。「石釜を作ってピザを焼きたい。」と言うと多いにいいと言う。彼女は調理師の免許を持っていて、何でも料理はできそう。
 それから、第一スーパーに行って、バナナがきれいで以上に安かったのでひと房。と言っても44本くらいついていて、タカ子さんに分けてあげようと思った。黄色のトマトやアスパラガスも買う。
 喫茶「しなの」で買えるのバスまで25分アイス・コーヒーを飲んでいたら、お母さんが、キュウリとピーマンをまた持ってきてくれて、自家製のお漬物をおさらに入れて持ってきてくれた。おいしい!
「バスは間に合いますか?」「バスに乗り遅れたって、また、アイス・コーヒーを飲めばいいんですから。」
持ってきた、バスケットのパンフレットを傷まないようにケースに入れて「どなたに上げてもいいですよ。」とさし上げた。

 バスに乗って、グリーンタウンで降りて、頼まれていたアンケートを全部書き終えたものを渡した。
私って、律義なんです。(トホホ)
 それから、バス停1駅歩いて、途中、トウモロコシの朝もぎを1本買った。ゆでた後に焼くといいらしい。

 坂を上ってコテージに向かっていたら、やはり、タカ子さんがいて「ルイコさ~ん。」というので、
「渡したいものがあるから。」とバナナを4分の1ほど上げた。今日は、タカ子さんは「梅ジュースが冷えてる。」というので、ベランダで梅ジュースを飲む。
裏からカートを引っ張って行って、自宅に帰った。

 本当は、月曜にの10時21分にバス停で待ち合わせて、一緒に「コメリ」に行って、果樹酒用のビンを買う予定だったのだが、実は1時間前にキャンセルした。

 サイコロ・ステーキを食べるためにご飯を炊いた。もう少しで白米が終わる。玄米が1箱買ってあるのだ。また、サイコロ・ステーキはごちそうのようだが、私の買うのは、せいぜい7個くらいのサイコロで800円もしないレベル。

 タカ子さんの家にいるときに雷がゴロゴロ鳴りだして、家に着いてから数分で雷雨になった。
しかし、ご飯が炊けるときにはもう、雨はおとなしくなっていた。

 しかし、7時であったが、庭のテーブルで夕食は不可能だったので、丸テーブルをデッキまで運んで、そこで夕飯をいただいた。
その時に、冷蔵庫に置いてあった果実酒の杏を飲もうとコップに入れたのが、かなり強かったのだ。
しかし、おいしくて、ついつい、ぐいぐいと。


 さっぱり味のピクルスも白ワインしたてでおいしかったので、いい夕飯ではあったのだが、
その後11時ころまで、少し酔ったような。
 それで、反省をして、これ以上果実酒は作らないと決意したのであった。

 夜は、フランス漫画の「☆の王子様」を読んだ。
うん、凄く切なくて、やさしい。

7月25日(月)雨あがリの晴れ。
 庭のテーブルには水滴がいっぱい!
 テーブルを拭いて、朝は庭で!

 なんとなく、二日酔い気味なので朝の水風呂に入った。
 今日は暑いのだ。

 そして、タカ子さんに、「昨日、自分で作った果実酒を飲んだらきつくて、少し二日酔いなの。今日はコメリに行くのよすね。」と御断りを。

 気が着いてみたら、手紙のお返事をまだ書いてなかったので、2通書いて、せめて、ユニセフには寄金しなくてはと用紙を持って、出てきた。

 何か、忘れているときって、私に場合は体調に何か起こります。

 できることをしない時って、気がつかせてくれる。

 お花にお水をやって!山谷や東北支援のバザー用のパッケージを作る日にしましょう!
このように、考えてると体調が全く完全になりました!

 神は愛!
 誰にとってもすべては最善!