September 12th, 2011

宮芳平

P301.
39 原罪
 王良 はいい絵さえ描けば、食えると思っていた。

 食えるなどという言葉は考えたこともない。

 ただ自然とそうなると思っていたのである。

 それは一つの信仰であった。

 そう世の中を信じたのか、

 そう自分の芸術を信じたのか

 それは知らない。

 子供のような無智な信仰であったとしても、

 王良 はそれを捨てることができなかった。

 それではいい絵といいものはどういう絵であるか?

 彼は何も知らない。

 ただはるかなる空の彼方に眼を向ける。

 ひたむきにそこへ行こうとする。

Posted via LiveJournal app for Android.

宮芳平

P301.
39 原罪
 王良 はいい絵さえ描けば、食えると思っていた。

 食えるなどという言葉は考えたこともない。

 ただ自然とそうなると思っていたのである。

 それは一つの信仰であった。

 そう世の中を信じたのか、

 そう自分の芸術を信じたのか

 それは知らない。

 子供のような無智な信仰であったとしても、

 王良 はそれを捨てることができなかった。

 それではいい絵といいものはどういう絵であるか?

 彼は何も知らない。

 ただはるかなる空の彼方に眼を向ける。

 ひたむきにそこへ行こうとする。

P303,
40 吾は永遠に向かて昇る

王良 はブレークを思い出した。

「吾は永遠に向かひて昇る」という絵だ。

 足枷につながれた老人が、光を見ることなく、

 苦しみ終わろうとする姿である。

 世の中から充分に迎えられ始めた一人の若い画家が

「ブレークは善き詩人であるかもしれない。

 けれども画家出はない。」と言った。

 そうかもしれない。

 この頃、文学めいた絵の題材がたくさんある。

 すぐれた造形美術家は、彫刻家も絵描きも

「造形は文学の力を借りない。」と言っている。

 そうだろう。それは正しい。

 けれどブレークの絵がつまらない絵だろうか?

 そうではない。

 おれはむきにかまわず描けばいいのだ。

 そんな風に思う。

Posted via LiveJournal app for Android.

宮芳平

43.K先生
P311.

人のものを盗めば

そして見つからなければ

盗人にならない。

人のものを盗んで

そして見つかれば

盗人になる。



☆聖人は

 見つかっても見つからないでも

 盗めば盗人だと教える。

 そういう教えの守られている時代は聖代だ。

 そういう教えの守られない時代はあるだろうか?

 今の時代はどうだろう?

P318.
  それは劉生の如く、つねさんの如く

 そしてその意味に於いて同等の確信の上に立つべきであった。

 その確信が 王良にとっていつになったら来るか?

 その確信が初めて王良の芸術の発足であり、

 その確信の無いところに 王良の芸術の流浪と淋しさがある。

 王良の心の淋しさは、

決して貧乏から来るものでなく、

恋愛への盲目から来るものでもないのである。

 王良 が自分の芸術の行くべき道標をはっきりわきまえているならば

漠然とした芸術への憧憬でなく

こうであらなければならないという確信を持つならば

貧乏も貧乏でなくなるし、

恋愛も更に

そてへの行進に火となるのである。

Posted via LiveJournal app for Android.

宮芳平

43.K先生
P311.

人のものを盗めば

そして見つからなければ

盗人にならない。

人のものを盗んで

そして見つかれば

盗人になる。

☆聖人は

 見つかっても見つからないでも

 盗めば盗人だと教える。

 そういう教えの守られている時代は聖代だ。

 そういう教えの守られない時代はあるだろうか?

 今の時代はどうだろう?

P318.
それは劉生の如く、つねさんの如く

 そしてその意味に於いて同等の確信の上に立つべきであった。

 その確信が 王良にとっていつになったら来るか?

 その確信が初めて王良の芸術の発足であり、

 その確信の無いところに 王良の芸術の流浪と淋しさがある。

 王良の心の淋しさは、

決して貧乏から来るものでなく、

恋愛への盲目から来るものでもないのである。

 王良 が自分の芸術の行くべき道標をはっきりわきまえているならば

漠然とした芸術への憧憬でなく

こうであらなければならないという確信を持つならば

貧乏も貧乏でなくなるし、

恋愛も更に

そこへの行進に火となるのである。


☆51 会話-運命の会話

 絵を描くということと

絵を売るということと

全然違ったもののような気がする。

絵を描く時は素晴らしい気持ちで描いている。

それは少しも衣食と関係しない。

ところが矢張りお腹は空いてくる。

すると絵を売ろうとする。

するとそこに商売の道が生まれてくる。

商売の道は「自己の主張」など無意味なのだ。

すべてご無理ごもっともでなければならないのだ。

相手の主張を容れるに吝かであってはならないのだ。

商売の道は宣伝と叩頭とそれより他にないのだ。

そしてどれは絵を描くということと裏腹の道なのだ。



Posted via LiveJournal app for Android.

宮芳平

P336.
私は一つの玉を持っていた。

 誰も知らない玉だ。

 わたし許が知っている玉だ。

 だから、わたし許が大切にしなければならない玉であり

 わたし許が育て上げなければならない玉なのだ。

 わたしがその玉を離した時、

 玉はふらふらと人魂のように消えていくだろう。

☆わたしにはまだライバルがいる。

 ライバルがいると思わぬ力を出す。

 わたしは東京へ帰りたい。

 けれどもひたむきに自然に向かえば、自然そのものがライバルとなる。

 このライバルを見出だせ、

 お前は偉大となれ、

 孤独となることを恐れるな。

Posted via LiveJournal app for Android.

宮芳平

P336.
私は一つの玉を持っていた。

 誰も知らない玉だ。

 わたし許が知っている玉だ。

 だから、わたし許が大切にしなければならない玉であり

 わたし許が育て上げなければならない玉なのだ。

 わたしがその玉を離した時、

 玉はふらふらと人魂のように消えていくだろう。

☆わたしにはまだライバルがいる。

 ライバルがいると思わぬ力を出す。

 わたしは東京へ帰りたい。

 けれどもひたむきに自然に向かえば、自然そのものがライバルとなる。

 このライバルを見出だせ、

 お前は偉大となれ、

 孤独となることを恐れるな。

☆P344.
絵描きにとって、東京が戦場ではないか?

 東京だけが戦場ではないか?

 その戦場へl帰ろうとしないで

仕事があればこっちにいてもいい。」

 などという言葉はすでに敗者の言葉ではないか?

 捕虜になろうとする心ではないか?

 校長の顔が鰐に見えたってしょうがない。

 それは安住を欲するものに対しての警告ではないか?

 
☆だがもうきまっていた。

約束を取り消すことはできない。

戦場はもっと彼方にある。

歴史の上にある。

歴史の上で戦うために、

充分な作品をのこしておくのだ。

充分な作品の前に東京も田舎もない。

ただその人の心構えの上にあるわけだ。

ライバルが欲しければ歴史に求めよ。

ミケランゼロ、ダ-ヴィンチ、ラファエロ。

Posted via LiveJournal app for Android.

新月!満月!

9月11日(日)雨。夜 ハヤシ・ライス




朝6時半まで読書。
9月12日(月)晴れ。暑いくらい。
断水と聞いたので、お皿を洗わなくてもいいようにさつまいもを!



お昼は冷やしバジル・パスタ!

紫のお花をつけていたミントは自家製。


お天気がいいので、洗濯ものを干して、少しづつ疲れが癒えたので、片づけ始めてます!

☆ロッジに来るまでの道にススキが揺れてました!月見団子でも買ってきましょうか?




私が一番、インターネットを使っているみたいです!
ハンカチは、私の好きなスペインのブランドでJOCOMOMOLAのもので、スカートとかパンツとかジャケットとか持ってます。色がかわいいのです。
ノート・パソコンはなだめすかして、動かしてます。

震災の後遺症でしょうか?

生後3カ月の長男と海に飛び込む  殺人未遂容疑で母親逮捕「育児に悩んでいた」
2011.9.12 14:50

 仙台東署は12日、生後5カ月=当時=の長男と無理心中を図ったとして殺人未遂の疑いで、宮城県登米市東和町米谷山崎、無職、及川あさか容疑者(38)を逮捕した。

 逮捕容疑は昨年2月12日午後5時半ごろ、仙台市宮城野区の仙台塩釜港の埠頭から長男を抱いて海へ飛び込み、長男を殺害しようとした疑い。2人とも近くにいた男性に救助され、けがはなかった。

 同署によると、及川容疑者は「育児に悩んでいた」と容疑を認めているという。