September 15th, 2011

9.11にツインタワーで終えた人生!

川中島で、9.11で27歳で亡くなった早苗さんの絵が素人なのだけど、いいから見たいと、しなの書房のたかし君に教えられ、いってみることに。川中島のたかはしギャラリ-と危機、てっきり、桜華書林さんと、かってに思った。



しかし、「うちではない。長野1の額屋さんのギャラリーだ。」と言う。
 親切なことに、車を出してくれた。


結構ある。駅は「今井駅」。
ギャラリーまで送っていってくれた。本当にありがたい!


10年前の9.11にニューヨークのあのビルで仕事をしていた27歳の女性。

叔母さんが作品を預かっていて、額屋に持ち込んだのが個展になった。ご両親はまだ、立ち直れなくて絵も見れないと言う。

この叔母さんが会場にいて、色々お話できた。めいごさんとは一緒に暮らしていたときもあって、お兄さんの娘さんだそうだ。

彼女の17歳のときの作品で、世界中の民族が地球から出ているコラジュ。


彼女の人生は短いけれど見事。国連で働きたかったようです。

 オランダに4年生のと気に入って、オックスフォード大学を出て野村総研で働いていたそうです。

 自分にも27歳の娘がいて、5年生のときにアメリカにいったので、他人事には思えませんでした。

 地震台風で、家族を失った人は多い。どの生命も同じように尊い。

 明日我が身の厳しい時代。

 早苗さんのメッセージは伝わっていると思う。


 こんなに哀しい犠牲を生むテロ行為。

 平和を説に望む。そんなメッセージ。

帰りは歩いて「今井駅」に出ました。


Posted via LiveJournal app for Android.