September 26th, 2011

ドロタ-ケンジェジャフスカ監督のメッセージ!

 弱者である老女の実際的で、前向きで、勇気のある。
 自分のたいしても誠実で、最後の日でさえ人々に善のある女性。

 ある人たちにとって、正義を信じるに足るものであり、なかなか手に入らない価値。
   (プログラムP10から)1957年生まれのポーランドの女性監督。

☆昨晩から、ジェームス-アレンを読んでいるんですけど、これこそ普遍的な善でしょうね。

Posted via LiveJournal app for Android.

曇りのち晴れ!

9月26日(月)曇り。



 自家製のパプリカです。色づくまで待っていると、カラスに突っつかれてしまうので、緑のうちに家に取り込み、ほおっておくと色づきます。すごくおいしい!


 まだお花が咲いてるパプリカ!


 曇っている今日は、実は制作には最高の日!

 
 絵具も買ったし!


 「木漏れ日の家で」のプログラム。この家はワルシャワ郊外の別荘地の家でほとんど完全な姿の家はもうないとか。今は解体されたとか。



 コテージにあったジェームス・アレンの本を3冊。
自分の好きなのは1冊目の緑の表紙の。

 この白い本の芸術論は全く私と同じ考え!

 線がたくさん引いてあったので、よく読んだのでしょうね。


 お昼は林檎ジュースに、パンにはチーズを載せて。自家製のパプリカを載せていただきました!


☆ある人たちによると、今日の9.26は大地震の可能性のある日なんですけど、ジェームズ・アレンに夜と、原因のある人にはその結果が起きるので、人それぞれということでしょう。

 宇宙の法則は愛!
 悪いことは起こらないでしょう!