October 18th, 2011

「若きちひろへの旅」

 ようやく「若きちひろへの旅」平山知子著新日本出版社を読み終える。
 
 絵はもちろん素敵なのだけど、彼女のひたむきな人生を知ることができてよかった。

☆今は夜中の4時で、雨が降っている。昨晩、検索して40%の確率で雨だったので、12時過ぎて、庭で乾かしておいたキャンバス16枚とビニール-シートをコテージ内にしまったのは、正解だった。

 「若きちひろへの旅」は、なにか重苦しかった。

 時代の価値観で女子美術にいきたかったが、親に反対されたとう。はじめの結婚が、夫の自殺で終わり、ちひろは長野から絵でみを立てるべく単身、東京へ出てくる。原爆の絵で有名な丸木俊に学んだこともあったそうだ。

 共産党に入党し、絵は文を描く仕事をして給料で自立していたそうだ。

 8歳下の松山善明と結婚し猛を生む。

 夫の司法試験受験時は彼女が働いて支え、子供は長野の両親にみてもらっていた。

 無事、司法試験に合格して東京、練馬に家を建て家族3人で暮らすが、結婚条件に「芸術を犠牲にしない」との約束のため、お手伝いさんを雇って仕事を続けた。

 夫は弁護士から衆議院になる。

 息子は芸大を出て、卒論は「絵本」。

 母、千尋は合格に安堵するが、原発性肝癌を煩い55歳で帰天。

☆結婚生活は幸福で、戦争体験の悲劇から、子供を守る目で平和を描いた。

 息子さんは長野の東山魁い美術館の館長をしていたそうだ。「安曇野ちひろ美術館」に「世界の絵本美術館」を企画しているのもライフ-ワークで、昨年は共産党から知事に立候補もしている。親の偉業を受け継いでいる。(落選)

☆私とすこうし、似たところがある。
 私も結婚しないで、絵を描くだけの人生観をもっていたところ。

 私も若いときにストーカーに自殺未遂されて、罪悪感をもっていたこと。

 でも、私は美術学校へ行けたし、お手伝いさんに家事を任せるほどは仕事中心でもない。

 彼女の共産党が、私のキリスト教で、同じ方向に向いているとは思う。

 弱い者の権利が不当に扱われていることへの憤り。

☆今、縁あって長野-黒姫に住んでいるが、時代は戦争はないものの、
東北-関東大震災と福島原発の放射能が農業、漁業、畜産業を脅かしていること等の不安で不穏なことになっている。

 中近東の革命から世界中の格差反対のデモ。

 人間は、誰でもが幸福になるまでは、人類は愚かしい戦争も自然のなす災害を潜るしかすべはないのだろう。

 しかし、99%の貧困と1%の富める人の情報は、本やインターネットで誰でも知るようになった「至福1000年」への通り道なのだろう。

 現実には、ちひろさんの聡明さもご主人の明晰さも、庶民には格差のあるものである。

 生きることは難しい。
 

Posted via LiveJournal app for Android.

生活!

 寝不足ですが、庭で朝食兼昼食を頂きました。
今日は寒いです。空には青空が出てますが、夜中の雨が未来だ乾いてなくて、水滴を拭かないとテーブルも椅子も使えないです。 椎茸を取っていたら、タカコさんから声をかけられたので、3個のうち1個もらっていただきました。
 今日は第一スーパーが2時に迎え に来るので、コメリで今日も球根用の土を買うつもりです。

☆昨日もコメリにいって、土や巨大ビニールシートを買ったのですが、隣の薬屋でもお風呂洗剤や固形石鹸や洗濯用洗剤等、切れはじめた物を買ったのでした。

 ビニール手袋や雑巾、コップや瓶用のスポンジ-ステック。お風呂の香りなどバカにならない出費なのでした。

 第一スーパーでも、浅蜊やパプリカ等買ったのですが、パプリカって高いんですよ。黄色とオレンジ、赤の3色ほしかったんですが、1つ200円近くするので、黄色1個で我慢!

 ピザパイを1枚。胡瓜もトマトも結構高かったのでやめたら、セブン-イレブンで安かったので買ったのでした。

☆普通の暮らしをするだけで、本当に大変なご時世になりました!

 私は10月27日で64歳になるので、年金暮らしを楽しみにしていたのですが、延期されそうな気配も!

☆今、頂き物の栗を茹でているところです。無駄なく食べ尽くしましょう!

 それはそうと、昨日、油絵を描いていて驚いたのは、筆洗油の高さ!
2500円もするので、ちょびちょびと使ってます。ユザワヤで20%引きで買っていたので、定価の高さに驚いたのです。

☆薪はすでに押さえてますが、お店の主人が腰をやられたので、自分で運ばなければならないので、こう少し1階を片付けてからにしましょう。
でも、お金はとっておきますが。

☆テレビを観ていると、タイの洪水もひどいですね。

 自然にはかなわない!

 それでも、人間力を試されてるのですから、人のことを考える余裕をもっていたいと思いました。

「聖母の騎士」11月号より、
聖コルベ
 明日は知れず 昨日は過ぎ去りしこと 汝にあるのは現在のみ

アシジの聖フランシスコ
 愛されることよりも 愛することを...


☆ 今日は寒いので、庭で絵が描けるかどうか? 
絵を描くのはとても幸せなのですが、疲労度はもっとも高いです。

☆茹でた栗を食べたら美味しかったです。秋の恵みには感謝尽きることがないですね!

Posted via LiveJournal app for Android.

収穫でスープ!

 コメリから、球根用の土を買ってきたので鉄砲百合、水仙、チューリップ、ポピー等植えた。

 土を耕していたらジャガイモがたくさん出てきた。それで、数ヵ所掘ったら出てきたので、シチューを作り食べてみたら美味しかった。

 栗の剥きかたも、地元の人たちに教わったので試してみるつもり。

 第一スーパーのお迎えのバスは地元のお客を乗せるため、家をめぐっていくので、信濃の町の色々な風景が見えて楽しい!

☆土でてが汚れたのでお風呂に先にはいり、それから調理!

 たらこ、浅蜊、海老、エリンギ、ピーマン、トマト、玉ねぎのソテーを、スパゲッティで絡めて。
安曇野で買ったりんごが美味しい!☆何だかんだと言っても、家のことをちゃんとして、仕事もきちんとするのは大変だ。

でも、紅葉があまりにも綺麗で空気が美味しいので、体の細胞が喜んでいるのがわかる。

☆今日は、睡眠不足が響いて、眠たくて眠たくて仕方がない。

明日は晴れるそうなので絵が描けると思うので、早く寝て体力をつけましょう!


 

Posted via LiveJournal app for Android.