January 12th, 2012

初めての雪かき!

仙台スターバックスで買ったコーヒー-ボトル!







 朝、起きたら雪でコテージから出れそうもないので、雪かきをロッジに頼んだら留守電だったので、「昨日の豪雪であちこちに呼ばれていないのだな。」と思い、自分でやり始めました。S字になっているのでかなりの距離で自分の背の高さはあります。

 それで、頑張って熱いコーヒーを飲みながら3度に分けて頑張りました。気をつけてないと雪に埋まるので慎重にやります。明日から土曜日までも雪なので、今日頑張らないと生きていけません。

 着ていたセーターは雪でびしょびしょ。
 もう一度着替えて、出かけようとしたら、ようやくロッジから管理人の北村さんが来てくれました。

「これだけやってあれば、立派だ!どうしますか?」

「やはり、やってください。スマートフォンの接続が悪いので長野に行きます。帰りに雪でコテージに入れなくなる可能性があるので、しっかりお願いします。」

「それと、お願いがあるのですが、坂が氷で滑って怖いのでバス停まで乗せていってくれますか?」軽トラックで北村さんが来たので。

雪掻きで体力を使ったので、あの凍った坂を下りるかタクシーを呼ぶか考えて悩んでいたのです。

快くバス停まで送ってくれたので、今は黒姫駅前のきっさ「しなの」のたかし君にインター-
ネットを使わせて貰っているのです。ロッジまでも雪の中を往復する気力がないのです。

☆というわけで、写真は撮影していますが、スマートフォンの接続に問題があってのせられません。

☆昨日にはセガッティーニの画集とゴッホの新しい「ファン・コッホの手紙」が届いたので読み始めました。
 
 どちらも、厳しい人生を送られた方で、こちらも真摯な気持ちになって拝見してます。
 




転載の転載の転載です!

■ 富士山ニニギさんの日記(1/11)

毎日地震に繋がる現象が起きております。

それなのに地震は一向に起こらない。
地震雲などは明らかに地震雲と言えるものが毎日現れております。
この前の東日本大震災の前に起こったいろいろな兆候もほとんどありました。
それでも来ない。何故なのでしょう。

ニニギが以前から言ってるように、地震は皆さんの潜在意識が関係して起こります。潜在意識こそ人間本来の自然の姿、すなわち地球に直結してるからです。だから皆さんの潜在意識が地震を起こしている、と言っても過言ではありません。

それ故、地震がきそうだと身構え、準備をしていくと、潜在意識はその逆の地震を起こさない方向に働きかけていくのです。その結果地震は遠のきます。
これだけの人が地震に目を向けてる現在の状況では地震も起こりようが無いのです。

しかしいつまでも自然は待ってくれません。
みんなが忘れたり、ほかの出来事で緊張を緩めると、その隙を狙って自然は地震を仕掛けてきます。いつまでも伸ばすことは出来ないからです。自然にはそれなりの理由があります。粘り粘っただけ激しいものが来るのです。だから地震は必ず来てしまうのです。逃れることは出来ません。準備は絶対に必要です。

今度来る大地震は人類の文明をリセットするものと思ってください。
そのためのサバイバル生活の準備は不可欠と言えます。大丈夫でしょうか。
ニニギは後「ラジウム発電」の研究テーマが残っておりますが、ほぼ準備は終わりました。ラジウム石(姫川薬石)の粉末も入手しました。ソーラーパネルの上におくだけで光も無いのに発電することが確認できました。実用まで後一歩です。

ラジウム石の粉をほしい方は陶器用に天草陶石を粉にしたものを売ってるとの情報が入りました。九州の天草で採れます。エネルギー源に使ったり、植物育成に使ったり、用途は広いです。

このように地震がきそうでなかなか来ない状況もあと少しだと思います。
阪神淡路大震災は1月17日に起こりました。
ここ10日間が最も地震が起こる可能性があると思います。

厳重な警戒と共に放射能問題も絡めた準備に取り掛かってください。
今回は「何も無かった」と言うことは無いと思いますよ。
金融情勢も2月までにはキリが付くと思います。

重要な事は。

水の確保。
食料の確保。
塩の確保・
燃料の確保。
マキストーブの確保。
ソーラー発電の確保。
放射能汚染されない地区移住の居住環境の準備。
非常用住居の確保。(テント等)
寝袋の確保。
ソーラーランタンの確保。
トイレの準備。
衣類などは捨てずに全て取っておく。
ラジウム石の確保。

等々。

ご準備ください。
避難できない方は、せめて避難場所の確認と行き方の練習はしておいてください。準備すればするほど災いは遠ざかります。
しかし準備したものが必要な時も必ず来ます。(転載終了)

明るいうちに帰ってきました!

12時55分の「信越線」で長野へ!
「油屋」で天ぷらそばを?1140円だったかな?
美味しいです。

 それからDOCOMOショップへいって、スマートフォンの接続をなおしてもらいました!

 東急の地下で食材を買い、3時15分の「妙高高原」行きに乗り、4時20分頃帰ってきました。
青空がきれいで、リンゴ園の背景の山々も素敵!



妙高山も雪を被って本当にきれいです!




人生は幸福階段を昇るが如し!

 今日はお寿司を買ってきたので、賞味期限が今日のはんぺんと一緒にいただきました!


☆人間は違っていてもちろんいい!

 私は仮にエルメスで上から下まで決めたスーパーモデルのような女性もかなり好きだ!
同時に素っぴんで清楚な女性が無印やユニクロをさりげなく着こなしているのをみても、「見事だ!」と思う。

 さらに、極端だが、ほとんど洗濯してないように見えるい服を着ている路上生活者をみたら、その過酷な人生をなるべく理解したいと思う方だ。

 誰にでも、ブランド品の1点かユニクロの1点かは、持っていると思うし、忙しすぎたり疲れすぎたりして身だしなみに手を抜くこともあったのではないか?

 だから、他人の価値観や生き方はあるがまま受けいれたい!
☆私の場合も、主人は「お仕事だって!」(クスッ)と言うし、娘は「ママはお仕事って言っているけど、どうみてもあれはお遊びだよね。」と、個展を見てから主人に報告。

 当人は、氷点下10度のところで、いかに新しいアートを作ろうか唸っているんですけれどね。

 このように、当人の心がけは他者には計り知れない。

☆☆☆
 私の住んでる神山は始めは(50年前)、別荘地として安価で売りに出された。

バブルが弾け、維持できない人は安く売りに出し、定年後の住まいとしたり山暮らしを好む人たちがその安い(100万から)家を買い、直して暮らしているので地元のスーパーで働いてる人もザラ!

 そして、野菜や魚なども異常にやすいので、節約能力にたけた人ならずいぶん安く暮らせ
らしい。

 そして、住民も賢く、他人の生活に全く関与しない。
 独身も既婚者も年よりも若い人もいて、この山から小学校に通っている子もいる。

☆私は貧乏も富裕もそのものを軽蔑も尊敬もしない。

清貧もあれば怠けたり遊びすぎた結果の貧乏かもしれない。
富裕もケチや貪欲の結果も絶えずの勤勉の結果もあるだろう。
 
 昨日読んだ「ファン-ゴッホの手紙」に、神さえ知ってればいいのだとあったが、私も同意見!
そして、自然から学ぶと!

☆私の建てたコテージは、別荘ではなくて「ノアの方舟」!

☆たぶん、私の生きてきた学びの回答が、神山コテージに集約される。
 
 今年の年賀状の中に、他宗教の人から「同じ人類の幸福を願う立場から」とあった。
そう言う個々の歩み寄りが神の意。

 私は少しぐらいの学歴至上主義者も考え方は違っても受け入れる方。
そのかたがそれを絶対と思うのは自由だと思うのだ。
 (少しぐらいという意味は低学歴者を虐めたり、差別しなければという意味。)

多くの人間が平和に暮らすというのはそう言う包容力が必要だ。

お洒落命の人も、髪振り乱して木を切っている人も。

☆美しい山や湖を眺めていると、小さな人間のわだかまりのようなものは消えていく。 

神とは理屈でない。
神とは感じるもの。

☆☆☆☆☆
 今、日本に1000年に一度の災害がおき、復興のためにまだ確実な光が見えないと言われてい
る。それどころか1週間以内に、より大きな災害が起きる徴が現れておると予言者や研究者がいる。

 放射能から守るために、12時間から24時間以内に原発から250キロを越えたところに避難しろと言う指示も出ている。
 因みにここ神山は270キロ離れている。

 どういうわけか?
 私は3年前に、「建てなさい!」と神に命じられたかのように、急に土地もお金も集まり
テージが建ってしまった!
 そして、東京の家や実家から運んだものは本や絵や古着や母の人形!

たぶん、来るべく新しい時代はお金が要らないのだと思う。
そして、新しい時代が始まるまで3年くらいは耐えなければならないようだ!

その物質的な価値観の変換期に精神的に堪えられないひとが越えられないと言う。
☆新しい時代は神意にあった人しか生き残れないかもしれない!

神のように、他者の幸福をいつも考える人。

神のような気前のよさ。私有財産の意識のなさ。
神を讃え、生きし生きるものすべてを愛するもの。
神と共に生きる!

デザートは洋梨!