February 2nd, 2012

雪Peak!



 さすがに寒いです!
 雪は延々と降ってます。
 テレビも雪で時々見えなくなります。


「放蕩記」を読んでます。私には読みにくいので時間がかかります。

10時のおやつ!アップルティーです。
 居間からも窓を開ければ雪がてに届く!
3メートル以上積もってます!






女の生き方!


「最後から2番目の恋」を時々、テレビで視ている。

40台の女性が独身の場合。既婚して子供のいる場合。

☆私は35歳まで独身だったので、両方の気持ちがわかるような気がする。

ドラマによると、どの人生も絶対的な保証はなく危うい。

その通りだと思う。

☆この中で主婦の役の飯島直子さんが、主婦だと安全だと思っていろいろ手を抜いてしまうというようなことを言う。

 外で働いている女性はそれなりに外見も構っているのだと思うけれど、年を重ねる度に痛みのようなものを感じるらしい。

 今の時代、テレビやグラビアで見るように、美しくセンスもよく、家のなかも小綺麗でお食事も上手に料理できるのが、スタンダードという風潮。

 そのうえ、できのよいこの子育て両親と義理の両親の介護も愚痴ひとつ言わずさわやかにこなし、友人とのランチやプチ旅行もこなす現代女性。

 何か欠けると痛いのだろうか?
☆ドラマのなかの台詞は厳しい。
こんなに現実は厳しいのか?

 然しながら、主婦しながら1流の仕事をキープできるほど甘くないのはわかる。

 絵を描く学校にいっていた私は、絵を描き続けるために離婚する夫婦も多く見た。

 主婦しているとどうしても社会性が低くなり、鈍くさくなってしまう。

☆極稀に何もかも完全にこなしている見事な女性もいるけれど、人生は医学のお陰で結構長いので、専門的な勉強を若いうちにしっかりして、死ぬまで仕事ができるのが一番いい気がする。

 できればね!