February 9th, 2012

細かいミクロの世界からきた妖精のような雪が降ってます!






外は冬ですが、家のなかはもう春です!


絡み餅!鶯きなこ餅!


☆半額セールで買った!

これがいるんだなあ。
電気毛布とベッド側のナイトランプと携帯の充電のため、2つしか選べないので携帯を選ぶと、寒くなったりベッドで本を読めなくなったりするのでした。
それが、コメリでひとつだけ半額になっていたので「神様、ありがとう!」

日本を占いました!



☆2階に上がって本をチェックしたらフランスで買ったものとアメリカで買ったものが出てきました。
 それらを参考に、日本を読んでみましょう。
 
 この易カルタは私が21歳の時に出会った「易経」を、自分もボランティアで多くの人を占い絵にし、誰でも簡単に占えるように占いかたも考えたものです。
26歳くらいの時に、「週刊朝日」の記者に銀座出会ったのが縁で出版されたものです。

 「易カルタ」は現在英訳、仏訳、独訳、西訳ありますが、出版はまだです。
☆中国の易経は、東洋のバイブルとも言われてます。
 亀の甲羅を焼いて皹が割れるので吉凶をみた古代から歴代の賢者が改良に改良したもので、最後はこうしがさらに綿密な見解を加えました。英訳を初めてしたのは心理学者のユングです。今では幾国語にも翻訳出版されてます。





表紙のマークは古代の「易」という字で、蜥蜴が原型とか!






日本の今!

☆64枚の易カルタを裏にしてシャッフルしてから、「日本の未来三ヶ月まで教えてください。」と念じ、二つに分けて上下を替えて、裏を上に山に積みます。

 次に8枚目づつ左回りに口の字を書きます。
始まりは、口の字の下の一の字の真中です。



このカルタだと、47の数字のある「沢水困」です。「たくすいこん」と日本語では読みます。
この卦が、現在の日本です。
この位置はすべて易の思想である陰陽でできてます。
つまり、日本の対角線には、日本を囲む他国が出ます。

現在の日本は「困」の字が示すように困窮の極みです。
沢と水は、易の示す8つの自然現象のひとつです。
この卦は4大難卦のひとつです。
水のあるべきところに水がない。
水に流され、渦に巻き込まれて救出方法がわからない。
フランスの易の本には、「湖に水がもう一滴もない。賢者は命の危機に陥って彼の意志を生き抜かねばならない。」とあります。

 易の解釈は多様を究め、自分で判断しなければならないのです。
そのための日々の学びと教養がいるのです。
 あのこうしですら、「もし、自分が20の時に易の経典にであっていたら、自分は完璧に人生を生きられただろう。」と悔やんだそうです。
晩年にであったようです。

☆次の左の卦は3カ月後の未来です。
 このカルタでは、7番の「地水師」です。「ちすいし」と日本語では読みます。
 地に水が流れるという私には慈愛を感じるカルタ。

 原経典が中国のものですから、漢字でだいたいわかりますね!
 指導者が現れるとも指導者になるとも読めますが。
 日本がリーダーシップをとらざるを得ない状況にいくのでしょう。
 このカルタの対角線は過去を示すカルタです。

☆次のカルタは51番「震為雷」です。「しんいらい」と日本語では読みます。
 このカルタ位置は「結婚、恋愛」をみる場所です。
 しかし、国単位では、日本では真実の愛がないと読めます。
 なぜなら、「雷」の重なる卦ですから、ゴロゴロと音はすさまじい。
 しかし、意味は「口ばっか。実態がない。」という卦なのです。
 例えば、「福島の子達を放射能から守りたい!」と、国がいっても口ばかりということです。
 易卦の警告に出たということは、もっと実態の愛のある行為が必要とされているということでしょう。そして、家庭の幸福も恋愛の幸福も中身のある愛が必要ということでしょう。

夕食Break time!

 熱々のチキン-グラタン美味しかったです。
易のカードを並べっぱなしなので、いつもと食べる場所を変えました!


☆天気予報で明日も冷え込み、信濃町は雪崩と低温注意報が出てました。

☆信州は日本一の味噌の生産地だそうですが、例年、お味噌の売上が落ちていて、「味噌のアイスクリーム」「味噌餃子」「味噌どんぶり」等を、売上を増やすため実験的に作っているそうです。
☆途中でグラタンがさめてしまうので、こなチーズを振りかけてもう一度オーブンにいれました。

日本の今!その2


☆左の上の卦はとてもいい卦なんです。
11番「地天泰」です。「ちてんたい」
「天下泰平」の意味です。天と地が逆さになっているのです。
 易の哲学の深いところはそういうところにも現れてます。

 易の64卦のなかで最高の卦です。
もっとも理想とされる卦です。

 しかし、易カルタの位置は「欠点」「Weak point」の卦なんです。
これをどういう風に読むかというと、
「日本人は危機感がない。」とか「平和呆け」と言うことです。

 悪戯に恐怖感をあおるのは感心しませんが、現実をしっかりみて、しっかり対応する必要
でてます。

 情報は多いほどいいのです。
 その中から、どのような人がいっているか人格や経歴をしっかりみて、本物の情報を得る
です。
 今回は命取りですから、安穏としてはいられません。

☆次はその対角線のカードに飛びます。
 5枚目は「欠点」の反対の「長所」のカルタです。
 日本の長所は、19番「地沢臨」です。「ちたくりん」と呼びます。
 このカードもいいところです。臨むという意味です。
 日本の歴史から地震が継続10年あった江戸の地震など色々な学者が諸意見をのべてます。
 少し高見の見学気分的なところもあります。
 しかし、それが長所に出ているのでパニックにもならないのでしょう。

☆その上のカルタは27番「山雷顎」です。「さんらいい」と読みます。
このカードの位置は 「恋愛-結婚」の対面なので、「仕事-学問」です。
「ライフ-ワーク」も見れます。
日本の仕事-使命でしょうか?
顎の字は「噛み砕く」の意味です。
「消化」の意味もあります。また、「言葉」です。
この卦をよくみると、真ん中が開いてます。それが口を開いているように長方形です。

 日本の使命は生産も資源も無いのですから、鍵は口を示す「コミュニケーション」でしょうね。生産性も今は他国に脅かされ始めました。世界中の規制も受け始めている。

 そして、「口」。食べ物です。
日本の使命は食べ物にあります。日本の仕事も食べ物にあります。
安全で健康的な日本の食事こそ生き残る特典です。
自給自足も課題です。
汚染されないことも今放射能で大きな学習要項です。
日本はもっと「口」を使って、世界に発言すべきでしょう。
被爆国の悲しみを誰よりも知っているはずですから。

☆次はその上のカルタです。対角線に「未来」がありますから、「過去」を示す位置です。
火が重なる卦です。30番「離為火」の卦です。「りいか」と読みます。
炎が激しく燃えてます。
日本の3月前燃えていたというのです。
まだ、福祉の心や原発の被害に火との心が「燃えて」、助けたい気持ちで寄付やボランティアが頑張れていたのでした。
増税で疲れてきたのかもしれません。

☆次の左ののカルタは「日本」のことの対面ですから、「日本を囲む外国」ことです。
 これは、水と火の卦で、63番「水火既済」です。「すいかきさい」と読みます。
 これも、とてもいい卦なんです。既に整っている。落ち着くところにいるという卦です。
 「?」と思いました。幾度もカルタを確かめたけど最後のカルタでした。

日本の今!その3 総結論!


☆☆☆
 日本の今は困窮の極み!
 どん底です。
 精神的にもストレスで体調も崩れ、インフルヘンザが猛威を振るう。

 しかし、いつまでもこのままではない。

 この経験が生きる近い未来がある。
 
 日本人は広島、長崎、福島の被爆体験を世界に発言すべきだ。
 
 そして、こんな危険な方法でエネルギーを得るのはよくない!

 日本人は島国で単一民俗だったので危機感がない。自分達の被爆による未來や国の政策によう老後の未来に対しても。

 現実をしっかりみて、きちんとした情報を皆が見えるようにしましょう。
 
 情熱も一時的だけではなく、永続的にもちつづけ不幸なひとがなくなるように、皆が愛ある行為をしましょう。口だけでなく!

 日本を囲む諸外国はすでにその国のあるべき姿なのです。

 日本はもっと幸福になれる。そのためにやるべきことをすれば!