April 22nd, 2012

おはよう!

庭を歩いてみました!





☆昨晩は娘と初鰹のお刺身に空豆とお豆腐と小松菜と油揚げのお味噌汁プラスサラダで食事をしたんですけど、世ほど疲れていたらしく、2階のベッドで携帯を弄っているうちにそのまま普段着のまま朝まで寝てしまいました!

 朝は6時頃起きてお風呂に入り髪を洗って、お洗濯を干したり洗濯したり、台所を片付け終わって携帯を2階まで取りに行ったところ。
☆思い出すと、ベッドで末の弟と2階で話していたのだ。
 そこへ娘が上がって来て、充実している感じで私に構ってということで、娘と雑談していたのだ。
 娘は大掃除中でかなり徹底的にやっていて、漫画の「断捨離」を2冊貸してくれて、それを読み始めてすぐ寝てしまったのだ。

 姑ももの持ちなのでお片づけをはじめていて、娘はそれを手伝っていたので大姑のハンドバッグを捨てていたという。
そして、「救世軍」に1000円送っていたという。

 娘は、自分の小さい時に遊んでいたお人形のエミリーちゃんや母が入院中に枕元に置いてあった足に名前の書いてある赤ちゃん人形などを、鳥取の人形供養に7000円出して送ったそうだ。

 今は捨てるのにもお金のかかる時代である。とにかくものにあふれているので、玄関のテディベアも処分するというので、「駄目!そんなことをするんなら黒姫に持って行く!あれはおばあちゃまにもらったんだから。」23日にはブックオフが本を取りに来るそうだ。明日ではないか?

 娘の断捨離によると、「マリアさまはそんなにいるの?ひとつでいいじゃないの?」という。
あれは、いろいろな思い出がそれぞれにあって、家のどこにいてもマリア様の像を目にするたびに心を戒めるという私の考え方なのだが。

 娘の膨大な衣服についてどう思っているのでしょう?家中で一番衣服の少ないのは私なのだ。クローゼットも5分の4は主人のオーダースーツなのよ。

☆とにかく、私が朝起きたら娘と主人が隣のベッドで寝ていて、川の字スタイルで親子3人で寝室にいたのだ。
 それが妙にたぶん12時間にわたる睡眠を誘ったのだと思う。

☆とにかく衣類も着ないものは処分しようと思う。
 本もいい物だけは黒姫で送ってブック・オフに持って行ってもらおう。

☆それと、娘はこの家を「自分の家だから奇麗にして住みやすくしたい。」って言うんですね。
 私は姑と同居しているせいか姑の家(代々)という認識で、庭などもいじる感覚ないんです。
 勝手なことは一切控えようという認識。

 住んでる住居にしても姑がお金を出してくれたので、アトリエなんかとんでもない(まだ若かったですから)、自分の部屋はありますけど小さいです。主人の部屋は書斎で娘の部屋は一番日当たりのいい部屋で大きめ。

 なーるほど。
 私の父の家は、私のもと住んでいた部屋がそのままあるので、自分の家という認識があります。
 でも、こどもたちはとても親には遠慮しておねだりするとかの子供はいなかったです。
 
 ですから、庭は母の使用物でお茶花などたくさん植えて遊んでました。

 だから、本当の意味で自分の家って神山コテージです。
 
 でも、父の家はなんとか末の弟と力を合わせ維持したいと思ってますが。

お昼です!

 娘と一緒にランチ!
 新じゃががおいしかったです!


明日にブックオフが来るというので私の本箱と寝室のベッド脇の本棚から段ボール2箱詰めました!

☆介護で死にそうと言っていた友人から電話!
 お舅さんが7日に亡くなり葬儀も終わったそうだ。
 今度は片付けの相談。

 彼女から前に電話を頂いたときはこちらが葬儀中。
それで、父が逝った事を知られることとなり、お花券を頂いたので、こちらも同じことをさせてもらおう。
今日の3時頃、広尾で会えないかというので上手に動けば可能なのでハーブティのお店を開かれたcosmos さんのところにも行きたいのでアクセスを考え中!

 主人は出掛けたので(床屋かな!)、夜も娘と私の食事心配でいいので楽!

久し振りの友と!

 雨が降りそうなので傘をもって!




 友人のKさんからは思いの外早く電話があって、目黒でも恵比寿でもいいという。
それで、不動前に行きたいので目黒の「To the herbs」であう事にして、急いで着替えた。

 父にお花カードを送ってくださったので、こちらもお舅さんがなくなったので同じことをさせてもらおうと、お花屋さんでカードを買ったり、ご霊前袋を買いにいったりなかなか忙しく、電車で目黒駅でおり、エスカレーターで延々と昇った。

 私的にはご霊前にお渡しするものと、彼女の元気な姿を拝見して、介護疲れと葬儀疲れを慰労できればと思ったのだが、家の片付けなど色々な問題等訊ねられて、気がつくと6時10分前。


 何となく、ハーブの喫茶店って7時頃までは空いているんではないかと思ってしまった。
友人もそんな風に思われて、最近のお子さまたちのお写真やお姑さんなどの様子など聞いているうちに、話すことは溢れていた。25歳のお嬢様の友人の結婚ラッシュだという。早目に結婚するのは賢いやり方かもしれない。
 
 お店を出ると雨。
 傘を持ってきて良かった。

 それから、目黒線のひとつめの駅の不動前へ。幸い道はスムーズにわかりすぐお店に着いたのですが、ドアを叩いて鍵を開けてもらい、現れたのはご主人。ハーブ喫茶は4時までだったそうだ!

 あいにくなことに、携帯を落として今は交番に届けられていたとはいえ、不自由なので新しい携帯を購入して[cosmos]さんのメールアドレスも電話番号も携帯には記録がない。

 それで、近いので歩いて家に帰りました。家族へのお土産は「生八橋」とカステラ。今日はそんな気分なのだ。

 娘に電話をするとパパが帰って来ておうどんを分けてもらって夕食中とか。
それで、お寿司の折を自分用に買って帰った。

☆私と言うのも思い込みがあって、なんとなくしつこく電話をしたりメールをするのが嫌いなのだ。
 それで、お店の時間を調べる手間を省いた私は爪の甘さのドジを踏んでしまったのだ。

☆今日の発見。
 ご主人のアーテストのご学友の友人たち(年は団塊の世代で64,5))は、香典袋を確かめると中身が空っぽだったという。
何人もいたそうなので、それが洒落なのだろう。
 冠婚葬祭のお付き合いは大変である。
 自分も絵の具代金やアトリエの維持費で四苦八苦しているので、世間の常識とかかわるときにやはりしんどいのだ。
 Kさんも「アーティストだけとは結婚させたくない。娘もそっちの道にいかないで良かった。」と言う。

 そう言えば、1昨日、白金台で降りて買い物をしたのだが、陶芸ギャラリーがブランドの中古店になっていた。経
営者も変わっていた。陶芸家は厳しいと言うがお店も厳しくなったのだろう。

 私もお話があって3日ほど個展をした。「くれあ」というショップ!
 
☆今日はコテージの電気代を払った。今月は多くて22000円以上。
 寒かったので仕方がないのだけど、きつい!
 それと、グリーンクラブ費用が66000円に水道代が1万円以上で真っ青!
 今月に限って、引き落としカードの買い物も結構してしまったので、どうやりくりしていいんだか考え中!

 少ない給料がこれで全部消えそう!

☆今日は本当は不動前から父の家へ行き、余力があれば藤沢で個展をしている人の所まで行きたかったのだけど、甘い見通しでした!

懐かしいアメリカ!懐かしいフランス!

ポロック展で買った昔のパッケージのキッスチョコ!



 長い間取っておいたフランスで買ったブラウスを捨てた。オーガンジが黄ばんでいる。
でも、ダイアモンドのようなボタンは取っておいた!
爪がきれいだ。
細い黒と白のストライブにオーガンジの襟と三角の前飾りがあり、白いユリの刺繍のあるとても品のいいブラウスだった!


 他には子供のガールスカウトの制服や子供のサイズのセーターなど。寒いときに着そうなものは、やはり捨てれなかった!
今日は45リットル袋一つ。

☆家の薄い白のカーテンが傷んで破れている。
サイズを測って新しいのに替えないとみっともないことになっている。

 電化製品も壊れ始め、新しいトースターが明日届く。

 姑の方もオーブン等壊れ始めたので寿命なのであろう。

 何かと物入り!