June 24th, 2012

麗しい朝です!

朝、5時頃起きました!
パジャマのまま、バジルの苗と桔梗、ちりめん青紫蘇、秋桜の種を蒔きお花たちに水やりをしました!

どのお花もすくすくと育ち、3種の薔薇も開花してます!
「ミニエデン」「夢乙女」「永遠」という薔薇はどれもピンクで小さな「ミニエデン」は7ミリくらい。次の「夢乙女」も2センチくらい。「永遠」が4センチくらいでしょうか?

 黄色の薔薇も植えたのですが育たなかったようです。

☆今年のテーマ-カラーはピンクのようです。
 娘がくれたスーツケースがピンク!
 タバサのなが財布も小銭いれもピンク!

☆昨年のテーマ-カラーはグリーンだったのですが。
☆朝食はサンドイッチで冷蔵庫に有ったミニ-カラーピーマンの赤、オレンジ、黄色とキュウリをきって味もつけずにいただいたのですが美味しかったです!
 サンドイッチはペッパー-ビーフとトマト、キュウリのライ麦パンサンドイッチで、最後のオレンジジュースといただきました!

☆パジャマと今日着ていた下着を洗濯し、冷蔵庫を拭いた布巾もそのあとで洗濯し、ごみ捨てをしてお外に出してあったはしごや如雨露もいれたところ!

☆結構、難航なのがお洋服で飛行機で寝た次の朝に到着後、すぐニース観光なので朝の着替えが可能かどうか?
 金沢を歩き回るので、汗もかくだろうしどうしても、エクストラをカートにいれざるを得ないのだが結構一杯!

☆心残りのないようにチェルノブイリ医療寄金の郵便振り込み用紙もいれたので、金沢で月曜日の午前中に振り込めると思う。
 

妙高高原で列車待ち中!

 直江津行きはホームの反対側なので階段を重いカートをもって上がったり下がったりすると、まだゼイゼイするので今朝はタクシーで妙高高原駅につけてもらった。

 昨晩、タクシーに訊いたら2000円くらいとのことだったが、実際は2750円。
風景はとてもよく、昔の難所と言われるトンネルをいくつも通った。

 冬は長野から黒姫までで、妙高高原は雪のため行けないことが信越線ではざら。

☆タクシーさんはつり銭を持たずに来たそうで、私もうっかりだったので、3割引の特急チケットを金沢まで買ったのだけど、60歳以上でお安くJRが乗れるのが幸せ!

 妙高高原駅はさすがに高原で澄んだ空気。
 駅は標高510メートル!
 時間にも余裕があるので(8時55分発)散歩などしたりして。

輪島特急バスにのりました。

12時近くに金沢駅につきました。
ホテルにカートを預ける時間がなくてバスに一緒に乗せました!

今日は暑いくらい。
電車のなかで「漁り火」というお弁当をいただきました。
海の幸が一杯です。

眩しいのでサングラスにしましょう!
金沢は来たことがあるし、帰りも寄るので、友人紹介の「能登巡り」です。
今日はしっかり疲れてよく寝ることが課題です。

☆「幸せへの鐘」って言うのがありました。
高速にはいる前で、日本海が見め始めました。

 この辺りの田畑のきれいなことと、同じ質の黒い瓦の家並みもとても美しいです。

☆「能登空港」
☆「輪島駅」で降りました。
 「しおサイダー」をかいました!200円
 江戸時代の初めから奥能登-珠州で続けられてきた揚げ浜式製塩法で作られた希少な海水塩を使用した贅沢なサイダーとのこと。
 それを飲みながら朝市の場所や漆店の散策。
 ゆべしを売る和菓子やさんで「柚ぐると-ソフトクリーム」を。300円。柚味とヨーグルト味が上手に溶け合って!
 海の見えるところまで歩いて、そよ風を浴びながら鴎を見てました!
 神社で交通安全を祈って!

 足湯があったので、靴下を脱いで入ったら熱くて本当に疲れが飛びました!
可愛い中国の女の子が2人いたので、話して中国語を直してもらったり!

 街並みも凄くいいのです。 
 お餅や焼き鳥を炭で焼く四角い火鉢のようなものを購入し、送ってもらうように手配を
お餅を焼くのに、適当なものがなかったのです。

 かなり陽射しがきついです。
☆今は最終バスが6時10分で出るので喫茶店でコーヒーを飲んでるところです。

 日本の良いところをしっかり知ることが、世界の良いところをしっかり知ることに繋がると思う。
☆帰りの夕日はとてもきれいでした。
 日本の穏やかな海が優しくて。

☆金沢駅のレストランでお寿司。
9時頃「日航ホテル」に入りました。
21階で夜景がきれいです。
お風呂に入り髪を洗ってくつろいでいるところ。

輪島に寄ってよかった!
能登って穏やかな感じです。
帰りのバスで「ハーメルンの笛吹き男」読み終えました。一橋大学の学長さんが書かれたせいか、とても資料や時代のドイツの状況が丁寧にかかれていて読みでがありました。

吟遊詩人やアッシジのフランシスコの謙遜のことがよく理解できるようになりました。
「差別」、庶民の厳しい暮らしが生け贄を求める弱さ。

ちくま文庫

原発事故から1年超、内部被害を最小限にするには!

「婦人公論」(7/7)P132より
広島原爆の福島原爆は20倍とか!

一度に大量の放射能を浴びたら「急性障害」を起こす。白血球の減少、発疹、下痢、黄土、発熱など。

毎時3~4シーベルト以上、全身の細胞、特に骨髄が破壊され約50%が死亡。
6~7シーベルトを超えると致死率99%。
1986年に発生したチェルノブイリ原発事故では消火にあたった消防士が50人死亡。
一方、低線量の放射線をじわじわ浴び続けると、5~20年後に癌や白血病等の「晩発性障害」を発生する可能性が出てくる。

☆放射能から身を守る食生活の3つの知恵!
 1,洗って落とす
 2,吸収を阻害する。
 3,活性酸素を打ち消す。坑酸化物をとる。
 人参、ブロッコリー、ほうれん草等に豊富なBカロテン。
 アスパラガス、カボチャ、ブロッコリー、アボカド、ればーなどのグルタチオン。
 トマトのリコピン、緑茶のカテキン、赤ワインのアントシアニン、蕎麦のルチン等のフィトケミカル。