July 15th, 2012

夜の優しさ!


ひさしぶり!
今日は雨でしたが、昼過ぎから晴れました。


ようやく写真が入れるようになったのですが、まだ難航中!
写真はノートルダムの写真展でのリジューのテレジア!
「小さな道」の提唱者。

ゆっくり眠りました!



上の写真は7月8日に栗の木テラスで頂いたハーブティー!

朝、気が付くと娘が主人のベッドにいたのでやはり親子3人で寝ていたのでした。

それで、なんとなく平和な気持ちでまたぐっすりと寝たのでした!

かなり、ゆっくり起きてゆっくりと素麺を3人で頂きましたが、主人はその前に肉まんでお昼を済ませていたようです。

☆東京の家に帰ると掃除を一通りするのでかなり疲れます。

でも、留守中に届いていたもののチェックなど結構ある。

 お中元の季節は、いつもながら釜が崎やフィリピンの昔ライ病、今は母子家庭援助、山友会(山谷ホームレス支援)、IAVEの日本支部の寄附依頼等。

 チェルノブイリ医療の応援の麻珈琲もこちらの家に届いていたのでした!

 まあ、いる間にできるだけのことはしますが。

☆娘がクリーニング屋から帰ってきて、野菜をいっぱい買って来たので冷やしパスタを作ることに!
それで、私が東急に海老や烏賊など買いに。

 ついでに夏用の雨靴とレインコートをかって東京用の下着等も無印で買いました。
無印良品はパリでもあって、結構人が入ってました!

 山梨の桃なども買って冷やしパスタも美味しかったです。

☆主人が韓流のドラマを観ていたんで、半分くらいしか観なかったのですが、ニュースで苛め特集をやっていて尾木先生が出てました。

☆娘が古本屋で買ってき本は、児童養護施設で育ち18歳くらいまで少年院や感化院に入っていた人で巨万の富を築いた人の本で「貧乏は病気」という考えで、なかなか元気な本でした。

 私は著者が北海道の児童施設で小学生の低学年のとき、施設内の路地で300円のお小遣いを増やすために苗をかって育て、園内でできたメロンを売ってお小遣いを増やした話を読み、生命力の強い子供と感心!

 家にいると雑用で結構忙しい。

☆支払いを調べていたら保健の支払いが6ヶ月分くらい来ていて、なかなかの支払いです。
☆野尻のグリーンクラブからも福島の子供を野尻の信濃町小学校に呼んで気球とかに乗せたりするそうで、一口1万円の寄附依頼が来てました。ボランティアのスタッフも募集してるようです。

☆IAVEからの手紙には北京にいったときの写真が数葉入っていて礼状を出さねばならないと思いましたが、時間のある神山からだそう。

☆画廊からも案内が来てましたが、どこも運営が厳しそう!