July 21st, 2012

セザンヌ学習!

オーギュスト-ルノワールがセザンヌについて言う
 「ローマ帝国が終焉してこのかた並ぶものがない。」

P190
 私たちはそういう絵にふれることによって、画面に描かれていないものまで、見る力を、徐々に、身に付けるようになる。

 ポンピドー美術館でのお茶タイム!
とにかく、足が棒になるまで絵を観ると言うのは生き方。



☆セザンヌの言葉
「時間の法則を受け入れることによって、昔ながらの風習に暴力を加えずに年をとった人々の表情を見るのが、私はなんにましても好きです。時間の法則がもたらす作用そのものは嫌いですが。」

「鉄道の切り通し」1870年頃 最初にサント-ヴィクトワール山が登場した絵。

「ポール-セザンヌ」ウルニケ-ベックス=マローニ著
P20

 この山こそ、堂々と高みにそびえながら、そのごつごつとした構造によって非現実的とも見える永遠と持続の象徴なのだ。

 戦争が終わると、セザンヌとオルタンスはパリに戻り、1872年1月には息子のポールが生まれる。セザンヌは自分自身にも世間にも不満と苛立ちを感じていた。家族を養わなければならず、かつてないほどその絆に縛られている。
友人のアンプレールは数ヶ月滞在する予定だったが、ほんの短時間でジュツスー通りのセザンヌのアパートを立ち去った。
「こうする他なかった。そうしなければ、僕も他の連中と同じ運命に陥っただろう。
彼はみんなに見捨てられている。話のわかる仲間や心からの友人はもう誰一人居ない。ゾラもソラーリも、他の誰かももう居ない。およそ考えられないほどおかしなやつだ...

ポントワーズのカミーユ-ピサロから訪ねてこないかとの招きがあり、セザンヌはこれに応じた。

「ピサロは私にとって父のような、、、いや、慈悲にも満ちた神にも等しい人だった。」
ピサロは「3原色(赤、青、黄)とその混色だけで描きたまえ。」とセザンヌに薦めた。

 画家とは、事実を抜かりなく忠実に見つめる観察者以上の者であってはならないと、ピサロは考えていたのである。

ピサロの言葉。
 「師はただ一人、自然だけだ。」
ガシェ医師が初めてセザンヌの絵を買った。

雨ですが明るい!志賀高原ロマン美術館と渋温泉!

今朝はロールパン!
ハーブティー。
ポテトバター&ペッパー-ソティー!
ライチ!

雨!
東京で買った紫のレインシューズと紫と白のギンガムチェックのレインコートでお出かけ!

☆3人でタクシー。1280円で観光客割引券が700円で一人230円くらいでバスのひとり500円よりや安い。
観光客には1日2枚の割引券を出すそうだ!タカ子さんのお友だちが観光協会からもらったもの。

☆黒姫駅では、雨で川が氾濫し不通。
 次の11時11分の信越本線は出発するかわからない。
 タングラム駅のバスがきたので長野駅まで(1000円)乗る。
 長野から長野電鉄の「特急」にすぐ乗れる。

☆晴れ上がってます。
 湯田中で。
 朝市にであいました!

 山葵焦がし醤油等の調味料と柿だけ(きのこ)の瓶詰め桃をかう。
 志賀ロマン美術館に!タクシーで!

 ☆美術館のレストラン!
お昼の渡りがにのトマトスパをサラダとアイスコーヒーと。
凄く調理時間がかかっていたが美味しい!


 10人の長野の若手の作品展。
 4人まで知ってる。
 ビデオ作家のChikaちゃん、じゅんくん、ちひろちゃん、きのこの作家。きのこ作品はコテージの窓に1個載っている。

 黒川記章の建築。
 遠くから観ると巻き貝に似ていて、新国立美術館とも似ている。
2012-07-21 13.52.23
☆歩いて渋温泉まで!
 途中は雨だが、風景が霧のなかで美しい。
 山道を地獄谷まで
 2012-07-21 14.06.21
 ドクダミがたくさん!
 ニホンカモシカやモモンガが出るそうだ!
 お風呂は500円。
 スペイン人が入っていた。小さいが国際的。

 外の露天風呂は男女共同でおさるさんが3ひき。

☆300メートル歩いて自動車の駐車場からタクシーを呼ぶ。

☆駅から中野まで乗り、特急に乗り換え。
☆長野駅に5時半頃着いたので、東急でかいもの。
 夕飯の御寿司や山芋やお肉など。
☆6時36分の信越線に乗る。
☆タクシーで帰る。タクシー券があったので助かる!

東急で「塩サイダー」を見つけたので2本買って、1本をタカ子サン達に渡した。
輪島で飲んだ塩サイダーおいしかったです!