August 4th, 2012

百合の香りが蔓延!

2012-07-31 05.35.39
夏らしい日が続いてます!
昨日はいつものように第一スーパーのバスで薬やお野菜やシュークリーム等買いました!

帰ってきてからタカ子さんの家の胡瓜と玉ねぎ等の収穫をみにいきました
前から胡瓜を私い見せてから摘むと言うことだったので。

玉ねぎの方は本格的にやったのに
小さい(2センチくらい)のが少しとのことですが、胡瓜は売られているのと同じぐらいの大きさのが3本でトマトも小粒ながら、真っ赤になったのが3個。

私がシュークリームを2個買っておいたので、お茶タイムとなりました!

 それから、白馬で買ってきた百合の苗を植えて水やりを3度くらいしました。
暑いので、庭に咲いてる黄色のカサブランカを1輪切ってテーブルの真ん中に透明な瓶に差したのですが、これから部屋のなかで絵を描こうと思ったとたん、体調を悪くして散々な夜になりました。

 冷凍庫がある日扉が空いていて、冷蔵庫に一時移動させていた食べ物が悪かったようで重度の食中毒に!(困)

 インターネットで検索したらよくあるパターンのようで、一晩は地獄でしたが今朝は解放に向かってます。

 お風呂にやや黒ずんでいた黴が気になり、冷たいお風呂に入って髪を洗った後に床の黒ずんでいたところを強力な黴落としで、ごしごし擦っていたときに消えて良かったと思った途端、急にお腹が痛くなったので、「黴落としが他の洗剤と混じってなにか悪いガスを発生したのかしら?」等と不安でした!

 もう、夜の8時くらいでタカ子さんを呼ぶのもためらい、それからは腹痛がなおるまで大変!

 からだがすごく冷えて、寝室の窓を開けていると気持ちがいいのですが15度?

☆冷静になるとよくある食中毒のパターンのようで、一晩開けると良くなりつつあります!

☆お庭の水やりにでるとピンクの百合も白の百合も開化していて、朝顔は役目を終えたように1輪咲いていたのみでした!

 コスモスはとても小さくて可憐なのですが、色とりどりもう、20くらい咲いてます!

 そんなわけで昨日は絵を描けなかったのですが、そんな日があってもいいと思えました!

夏の日を快適に暮らすには!心とお部屋の掃除かな?

2012-07-28 11.00.38

今日は暑いのでとてもワークを外でできないし、体調もいまひとつのなので徹底的に室内の掃除をすることにした!

☆先ず、カーペット類から。
 ソファーのしたのマットを今、洗濯機にいれたところ。
 台所の床マットを次に洗い、テーブル下のやや大きいカーペットは月曜にクリーニングに持っていこうと思う。

☆今日は涼しくなったらゴミ出しをしましょう

☆思いきって模様替えもしましょう。
ワーク用の真四角のテーブルは庭に出して、長方形のテーブルを真中においてゆっくり食事ができるようにしましょう。

☆☆☆
 テレビでビートたけし等が出て「教育問題」をしている。
 苛めの問題やゆとり教育の失敗。

☆「森のしずく」と言うアイスコーヒーが美味しい!
☆心の掃除に関しては、ある牧師の書いた本がとても衝撃的なのでどこか体で受け入れてない気がする!

果実の恵み?

2012-07-31 13.53.03
2012-07-31 13.52.09
お昼はデトックスのティーにフルーツにしました!
Cosmosさんが送ってくれたハーブティーで、

鎮静バランスデトックスtea
ボリジ-スカルキャップ(心の疾患にx)
 サルサベリラ(肝-腎臓の弱いかたは△《多用は×》)
 ミント-ネトル-ローズヒップ-ラベンダー

水でといたのですが、いい感じです!

☆今日のフルーツ


温室みかん小
長野パープル 大きな紫の葡萄です!3粒

桃1個
ワッサー 桃と李の混血らしい。

☆フルーツを果実酒に足した!
 とてもゴージャスになった。
 タカ子さんも昨日ホワイトリカーを買ったのだが、私が杏を昨年は一袋あげたのだが、今年杏を買ったときにタカ子さんはいなかったので、杏は痛みやすいのであげれなかったのだ。
杏の果実酒は本当に美味しいので残念!

☆庭に出てお花にお水をあげたのだけど、水が乾くのも早い!


 新しくかった百合の名前はリッチモンドとサムール!
ピンクの百合は色がだんだん変わるそうだ!

☆小さなマットを2枚干したついでにお花に再び水を!
 真四角いテーブルをデッキに出して、テーブル下のカーペットを出したら洗濯機に入りそうなので洗濯機に入れて洗濯中。
 カーペットの下の床を雑巾がけしたらかなりスッキリ感が!

 デッキにおいた真四角テーブルの上と下に油絵の具の道具を置いた。

☆明日も暑いそうなので、庭に干しておけば乾くでしょう!

癒しは福音!


志賀高原ではまだ雪がありました。


少し暖か目のヘイフラワーのお風呂で!

☆まだ封を開けてない「生命の光」《無くてはならないもの》を読んでます。
おたあジュリアのことが記載されてました。
 400年前に徳川に流刑され神津島で一生を終えた韓国の貴族の娘のことです。

文禄元年(1592)と豊臣秀吉が朝鮮に兵を送ったとき、大将のひとりであり小西行長が戦によってみなしごになった子供を日本につれ大切に育てました。3歳のころでした。熱心なクリスチャンだった夫婦は洗礼を受けさせ、おたあジュリアと名乗るようになりました。

 関ヶ原の戦いで処刑された小西行長によって、一家はちりぢりになりおたあは養女と言うことで捕まrず京都のホレモン神父のところに身を寄せました。

 美しいので徳川家康に召しだされ、自分の側室になるようにキリスト教を捨てるよう家来に命じて脅かしました。

 脅かしのため、伊豆大島、新島と送ったが心を変えず流人船にのり神津島に行き、いわおやまをカルバリオ山と見なし、大いに幸福を感じる信仰生をおくったそうです。