September 4th, 2012

秋の空!

 今朝も早起きしてしまいました!
 庭木も雨で濡れて命が輝いている!

 今日の水やりは午後でも良さそう!

 朝ご飯は鰤の照り焼き。おしょうゆにつけてます。
 それとジャガイモのお味噌汁にしよううかな?
 崎陽軒のしゅうまいもあるし。

 晴れているので絵も描けそうだし、家の中の衣類なども片付けましょう!

☆昨日、友人が電話でかたっていた有名な女優の娘の苛め事件。
私も週刊文春で記事を読んで、女優さんの名はピーンときた。
しかし、ずいぶん悪質な苛めでびっくり!

 中学二年生で女子生徒4人と男子生徒2人で、一人のきれいな同級生女子を追いかけトイレに逃げたところ、男子生徒が天井からトイレに入り、女生徒の着ているものを脱がし一人はビデオ(携帯)で撮影し流布したと言う。
それが私立の青山学院のことで、首謀の女生徒は男子生徒に2万円支払いやらせたと言うのだ。
そして、情報によると首謀の女生徒はブスとのこと。被害者はとてもかわいいきれいな女の子だと言う。

☆なんだか、世相の悪さを鏡に写したような悪質な事件だ。

 被害者の父親が学校に報告し、男子生徒は退学、女子生徒は3日間の停学で多額の寄付でことを納め、ご主人の力でマスコミ封じをしているものの、義憤を感じた父兄がマスコミに知らせ、今回、女性セブンや文春に書かれて女優の名を検索するとこの事件のことが多く出てくるほどだ。

 大津の苛め自殺事件もあるので、一般人の怒りを相当買っているようだ。

☆今日は、大掃除を使用とテーブルをどかして、下のカーペットを今、洗濯機にいれている。
 3畳敷きで薄いので洗濯機に入るし、晴れているので庭に干しておけば乾きそうなのだ

 兎に角、地下が使えれば片付けられるものばかりなので、銀貨貯金で22万円をためようと言うことになって、娘も私も駅まで往復歩いて1000円分の銀貨を貯金箱にいれているのだ!

☆年相応に老いは来ていて、重いものを運のも少し休みつつ。
 人生は公平だといつも思う。
 誰でも老いる。

 同じ年齢の男性アーティストのブログを読むと65歳くらいだと死ぬ準備を始めているようだ。
 そして、最後の仕事と言う言葉を使う。

 それぞれ、体にガタが来ているようだ。

☆悔いない生き方というのを書いている人もいた。
 やはり、それだけの仕事を残せる人は幸せだ。

 個々の人生を辿れば、家族のために犠牲になったり、思わぬアクシデントで実力がありながら断念せざるを得なかった人生もあるだろう。

 名を出すことを好まず、気高く孤高に生きて人には知れないながらも神には愛でられた人生もあるだろう。

☆苛めと言うのはそういう生き方の格差に迫ると思う。
 子供心に「美貌、頭脳、育ち、才能」自分の人生にはないだろうと言うものを持っている人へのどうしようもない苛立ちや敗北感が叩き潰そうと言う本能でコントロールできなくなるのだ。

 だから、社会が熟成してないと思うのだ。
 美人やかわいい。イケメンやタレントのある人たちだけが勝ち組であるような社会がいけないと思う。

今日も慌ただしく日が暮れました!

 雨が降ったり止んだりでしたが5時頃から7時までワークしました!

 お昼は少し遅めで2時頃、頂き物のダッタン蕎麦。写真やさんで昨年たくさん現像したときに自分お家の蕎麦畑から作ったと蕎麦を頂いたのです。それと、第一スーパーで昨日かった山芋。お海苔をかけてとろろ汁と蕎麦汁でとろろ蕎麦をいただきました。

 それから衣類のお片付け!
 旅行用にコーディネートをしてなるべく一ヶ所に整理しました!

 娘がローラアシュレイのグリーンの長袖をかわいいといったのでプレゼント!

 絨毯を洗って庭に干していたのですが、雨が降ってきたので室内の椅子の上において乾かしてます。

洗濯物は室内でハンガーで乾かしてます。

☆明日は8時20分にタクシーのお迎えを頼みました。
8時47分に信越線の直江津方面に乗りますが、娘の乗車券を買わねばならないので時間にゆとりえを。

☆雨が少し上がりかけた5時頃から80号を庭に出して描きました。
終わりのない旅ですが、絵を描いているともっと透明にもっと澄んでと思うのです。

☆娘の頼んだ宅配便が佐川便で届きました。
やまくらしも便利です。

 あっ!生協が明日来る日なので注文表を書いておきましょう!

☆夜は冷蔵庫を空にしなければならないので、ピザ、キュウリとトマトとレタスのサラダ
桃とラズベリーのヨーグルト和え。
黒姫高原牛乳。
茄子のしょうが焼きです。

☆これからお風呂!パッキングは終わったのですが、明日の朝は分別ごみをロッジに出しに行けたらいいのだけど。

経済的DVと言う言葉があるのですね!

今日は片付けたせいかさっぱりとした気分で湯上がりを寛いでます!

先程、「発言小町」を読んでいたら、「経済的DV」と言う言葉が出てきました。

 何でも、結婚相手の夫がが自分の働き収入17万円のうち、2万円以外を取り、贅沢品は自分のおこづかいの範囲でと言うそうです。それで、不服を言うと舅、姑も出て3人で批判されるとのこと。

☆私の友人は皆自分のお金を持っている人で贅沢品は自分で払っています。
「金づる」と言う言葉も最近覚えたのです、私の友人はある方が払えばいいと言う考えで、奥さんの方が多目に出していてもあまり文句は言わないなあ。

 42の男が30の女に月に17万円のうち15万円引き出させるのは屑のだめ男だと離婚を勧めるのです。
☆この頃の時代の人は皆頭がいいせいか非常にメリットを言うのですね。