September 15th, 2012

アートの力!

 昨晩、末の弟と話していて、父の家は気がいいという話になりました。
それで、父亡き後からも毎日父の家に通っているのです。
「この家好きだし。」

 そうなんですよね。
 私も父の家が大好きなんです。

 高校出た頃からお嫁に行くまで、フランス滞在の2年ほど引いて15年ほど住んでました。

 毎晩、自分の部屋から星と多摩川を照らす街頭の光が川に映り、それはそれは美しい風景で飽きずに神と対話をしていたものです。

☆「パパの徳なんだろうけどパパに神様が与えたものは最良のものばかりだったような気がする。
パパの縁で手にいれた神山の土地も皆が一番いいところだって言うけれど、何よりも
気がいいもの。ここにいると癒されるしエネルギーが無限に降ってくる!」

☆私の父の家は黒と白の現代建築で唯物論者の母が明け方4時頃小型円盤が庭の空池の近くにに着陸しているのを見た。

それは1メートル直径くらいで、専門家に言わせると偵察機だそうだ。
私の妹の友が遊びに来たときに前後の脈絡なく
「宇宙人の基地のような家ね。」と言ったという。

☆多摩川公園が沢になって斜景になっているこの地、ここは9個の古墳のある昔から豊かな地だったのがわかる。
 
 最近知ったことだが、無教会派の幕屋のキリスト教のリーダーも住んでいた神に近いところだ。

☆人類を救うために「美を使って真理を人類愛のために伝えよ。」とメッセージを受けたのもこの家。

 20歳の時の4月7日だ。
 今から44年前か?

☆今、福島の牛乳を学校給食で飲ませたり(川崎)、軽井沢できのこにセシウムが摘出されたり、福島の子供がガン発生が始まったり、日本人殺しが始まっているという時代だ。

 中国では日本人に危害を加える市民運動が始まっている。

 誰が図っているのか日本人抹殺運動があるという。

☆一方、日本人に限って、福島の被爆を浄化するような薬や食べ物も作れる賜物があるそうだ。

☆目覚めれば、祈りには大きな力があり、日本人抹殺の悪いエネルギーから救出し転換させる効果があるという。

☆急がないではいられない。
 もう、放射能での被爆と汚れた地で作られた食物が日々かたちを変えて、日本中の人々の口に入っているのだから。

☆ルルドの水には人間の知力を越えた癒しがある場合がある。
残念ながら、ごく少数の選ばれた人ではあるものの、奇跡があるのだ。

☆私が友人のテレサと話していること、

「神様にはでkないことがないもの。」

「私が描いている絵は、見たひとが病や苦しみから解放される絵でありたい。」

そんなことは人間にはできない。

でも、神様ならできるのではないかしら?

毎日、絵を描き終えるとほんの2,3分だけど、大粒の光が降ってくる。

天にいらっしゃる多くの地球を心配している聖人たちが、どうもエネルギーを与えてくれてるようなのだ。

☆悪魔なんかに負けるわけがない。

これからの時代は、万人が神の声を聴き、自然の恵みに感謝を捧げる時代だ。

お金も地位も名誉も神の目から見たら塵、あくただ。

自然の緑と汚れのない大地と美しい空気が誰にも与えられますように!

人は愛から離れたら生きるに値しない。

特定の個人でなく誰をも愛する神のレベルの愛を獲得しなければ、誰をも地上には生きられなくなるでしょう。

自分が儲かれば誰が傷つこうとも死のうともいいと思うような人は大地には住めなくなるでしょう。

愛があれば人は救われます。

しかし、その愛は誰をも犠牲にしない愛でなくてはいけません。

我良しでは生きられないのです。

☆森に住んでいると生命が満ち満ちているのがわかります。
どんな名のない花も虫も生かされて支えあって、森は豊かさを保つのです!

 人から奪わなくても
 人を殺さなくても

 人間は豊かに暮らせる!
 大地を神様はそのようにお創りになったのですから。

☆この間、てんとう虫を描いていたら、娘は「そんなてんとう虫はいない。」と言う。

それでは、探してみようとインターネットで検索したら、そっくりなのが写真にあった。
「ママ、すごいね。神様と同じように創造するね。」と言う。

「いや、神様の独創性には人間の知力を越えている。」

☆神にはできないことはない。
放射能に汚れた大地すら、人間の魂が浄化されたときは甦るのだ。

☆私たち普通の人間のできることは愛すること!

☆この間、妻有ツアーで台湾から来ている若い女性が髪の毛がつるっ禿げで細い髪の毛が所々はえているのを見た。
彼女は帽子も被らずあるがままで堂々と屈託なかった。
凄い!

 そして、昨晩、日本の小学2年生が顔にアザがあって毛細血管の病なのだが差別偏見を克服するのに闘っている男の子の映像を見た。

 親は「障害を持つ体に産んで。」と、罪悪感で自分を責めていた。

 人間は誰にも見えなくても誰もが障害はあるんだと思う。

 生きている間にそれをひとつづつ克服して行くのが人生だ。

 その少年はアザのことを言われると首を絞めてしまう。
それを両親や先生は厳しく叱る。

 正当防衛ではあるけれど、暴力はいけないと。

 悔しいだろう。
 辛いだろう。
 哀しいだろう。

 でも、かわいい顔立ちの運動神経のあるスキーで優勝できるような男の子。

私のような運動神経のないものは、それも眩しい。

 皆があるがまま幸せにいきれる時代を作るために見えない努力をしている人は多い。

 小さなことのようだが、労りや思いやりは人を救う。

☆私の娘にはアトピーがあって、主人が「娘にはそのくらいあったほうがいい。」と言う考えなので、あまり治す努力はしなかった。

 しかし、日本ではそれをネタにチクチク言う子供もいたが、アメリカではそんなことをいうこなどいなかったせいか驚くほど逞しい。他人の見る目なんかはどうでもいいと言う。そして、傷ついているひとに優しい。

 私も何のために勉強するのかわからなかった頃、全く勉強をしなかった時期があって自分は天性とろいと思っていたのだが、だんだん、そうでもないと思えるようになってきた

 簡単なことだが、やればできるのであった。
 だから、娘の学歴等は私から思えば何と恵まれたと思うが、等の本人はどうでもいいことのひとつであるようで、そんなもんかと驚く。

 しかし、自分がとろかったり、ブスだったりは優秀だったり美貌に恵まれていると思っているよりは遥かに安全だと思うのだ。

 お陰さまで、誰にでも優れたところがあるのを発見できるし、まだ、誰でも美貌だと思えるもの。
☆苛めの問題は人間の弱さのもっとも弱い部分を露呈していると思う。

 できるからしゃくにさわる。
 できないからいじめてやる。

 美人だから辱しめを与えて傷つけてやれ。
 ブスだから笑い者にしてやれ。

 心に闇がある。
 本当は誰でも屈託なく人が気にならないほど幸福で充足しているべきなのだ。

 それなのに、親から勉強のことをきつく言われるストレスがある。
テレビで輝いているタレントに比べ地味作りの私には楽しい未来がないように思える。

 やはり、社会が悪いのだと思う。

 美人にも優秀なひとにも特権を与えないことだ。

☆誰でも同じように生かし、最高最善を引き出し、幸せな人生を終えられるように私たちは日々、愛の実践を重ねましょう!
 寂しいひとには声をかける。
 誰をも仲間はずしはしない。
 人の欠点をあげつらわない。
 人にはいいものを贈りましょう。

 人生は鏡!

 愛すれば愛するほど美しくなり

 よきもので身の回りが埋まるでしょう!

 ほしいものあはいつのまにか手にいれているはず。

 素敵ね!
 人生はとても良くできている。

 よき老人になって、美しく死んでいきたい。

 生きてるうちに美しいものをたくさん見て
 たくさんたくさん、愛しましょう。

夏の思い出!

収穫した玉ねぎとピーマン
2012-08-31 08.57.17
コスモス
2012-09-01 12.12.53

2012-09-03 09.36.54

ジェームス-アレン
「原因」と「結果」の法則2 幸福への道
P125.
きれいな心とけがれのない思い。
これが健康の秘訣です。

《法則》への不動の信頼と賢く導かれた目標。
これが成功の秘訣です。
2012-09-03 09.40.27

 夏の思い出 北陸への旅!

白いスニーカー。
2012-09-05 08.16.52
娘が仙台で買ったカーディガンと偶然私のスカートの色は一緒だったのでくれました!
2012-09-05 16.09.06
シャガール展
2012-09-05 13.02.31
三越前
2012-09-05 15.12.44
新潟ホテルオークラ!
2012-09-05 17.06.01

金沢 山代温泉
魯山人のいた山荘
2012-09-07 11.57.21
温泉
2012-09-07 11.02.05
氷見線か
2012-09-08 11.05.41
高岡で買った三角鮨。
2012-09-08 12.39.21

妻有里山トリエンナーレ!

持っている本はその持ち主の人格を表すと言う作品で幾冊の本が光ってます。
2012-09-11 11.40.59
9月10日、乗り合いバス
11日、Aコース 田中文男文庫、下条駅プロジェクト藁の塔、バタフライパピリオン、うぶすなの家、もぐらの館、光の館、キナーレで降りて駅まで歩き飯山線で越後川口へ。
12日、Cコース、家の記憶、最後の教室、森の学校キョロロ、夢の家、オーストラリアハウス、まつだい農舞台、キナーレ。タクシーで駅まで。

産土(うぶすな)の家でのお弁当!
2012-09-11 13.02.31
昨年3.12で崩壊したオーストラリア館はコンペで新しくたてられました!
2012-09-12 14.49.14
農舞台の前。
2012-09-12 15.22.43
花咲く妻有。
2012-09-12 15.34.26
2012-09-12 14.46.03

今日もワーク!晴れている日は貴重!

 10時から2時までワークして今お昼にスープカレーを温めているところ。
スープは長岡の野菜カレーです。
他にサラダ!

ずっと描いているとなかなか思うようにいかず幾十回も直す部分もあります。
でも、描かないと進まないし。

☆蕨餅があったので冷蔵庫から取り出してタカ子さんのところに持っていってお茶!
雨が降ってきたので食べ終わってすぐに帰りました。

 休憩をしたらまたアートワークしましょう。

栗紅茶を頂いてます!

9時に作業を終えました!

それから熱い紅茶を淹れて蜂蜜で飲んでます。
栗の木テラスで買ったお茶で、小布施で長蛇の列を並んで買ったのでした。

☆今、サンテ-デ-プロヴァンスのバス-ソルトでお風呂には入ったところ。ボディシャンプーは無花果!

今夜はシャガールの「わが回想」を少し読んで早く寝るつもり!

もう、大分涼しくなりました。

晩は寒いくらい。

お外に出たら、☆がきれいでした。

虫の声と木の葉の香りがやさしい。

今日も朝顔2輪。コスモスは一杯咲いてました。

☆テレビでローズマリーオイルの作り方をしてました。
次回はイタリアンパセリとか!

 妻有で虫除けハーブのスプレーを売ってました。夏が終わっているので買わなかったのですが、とてもいいにおいでした。

 どくだみも体にいいらしく新潟でも売ってました。

 新しく買った円い木の桶に、ハーブを3種とビオラを3苗植えました。
朝顔の棒の2本ある白いプラスティックの植木鉢が倒れ、土が溢れていたのでハーブを移したのでした。