October 1st, 2012

神があっても神無月!

 7時半ごろ起きました。
 庭に出て見るとお水をたっぷり受けてお花たちはみな元気でした!

 朝顔2輪!

☆雨は上がっているのでロッジまで分別ゴミを持っていきましょう。
☆アートの生物は蟻を描くことが残ってますが、昨日やもりをいじり出したのですが、他の生物もまだたくさんじらないとだめです!

☆でも、アートも片付けに入りたいともいます。
来年の夏を待ちましょう。

☆テレビで台風17号の各地での様子を放映してます。
各地、強風で大変だったようですね。

ホームレスさんたちは大丈夫だったでしょうか?

トラックが浜松で横倒れ。

被災地で河川の水の増量で避難が。

暴風、高潮。

おいしい葡萄パンで!

2012-10-01 09.03.21
この間、「Chez Hiro」で買った葡萄パン!
コーヒーとグレープフルーツ、ミカンでいただきました!

☆テレビでは東京駅地下の駅弁ストリートをやっていた。
 東京駅は月に2度はいくので楽しみが増えました!

☆同志社女子大での殺人事件。
 同僚の女子がストーカーにあって苦しみ、相談した同僚と3者で話しあってもいたと言う。
 それでストーカーをしていた人が相談された人を刺したのだ!

 男の人も女の人も別れるときは恥をかかせてはダメだ。
 女性も同僚に相談したのは間違いだった。

 私も大学の時、執拗にお金の無心していた大学生に苦しみ、客観者から「何があったのか?」時かれたことも数回あったが、黙っていた。そして、嫌われるようにありとあらゆる努力をして時間がかかったが去っていってくれた。

 どんな人でもプライドがある。
 恥は自分がかくのだ。
 そして、必要以上に好かれないよう努力するのだ。

 ☆テレビで次はキャパクラ嬢に5億貢ぐために、会社のお金を横領した男性社員を放映。
懲役7年とか。
 キャパクラ嬢の方は嘘ついて病気だ手術だと言っていたそうだが罪にならないそうだ。

☆さあ分別ごみを捨てにいきましょう!

お散歩!

分別ごみを捨てにカートを引っ張ってロッジまで行ったのですが、風の方向の加減でしょうか?

木が折れたり葉が落ちて固まって道を塞いでいるところもあるのでした!

 分別ゴミを出して、不燃ごみは専用の袋で一緒に埋めて捨ててくれると書いてありましたので、早速無燃ごみ袋を買いにセブンイレブンに行くために山を降りました。

 栗が落ちていたので2,3拾うのです。秋のお飾りです。

 すると1メートルくらいの蛇がいました。黄色い感じで頭はコプラのようにひし形なのです。直径6センチはあると思われる胴周りでした。

「私を忘れないで。」というように山の住民?)は言うのです。
「はい、はい。山にはあなたが住んでいることはよく知ってます。描きますよ。あなたも!

 そうして、国道を一停留所歩いてセブンで新聞やレモン、雑誌、赤飯のおにぎりと納豆巻き、ゴボウサラダ、野菜セッ
トを買いました。不燃ごみ袋も買い今日の土を買うためのキャッシングもしました!
2012-10-01 12.59.42

 そして、坂道を上り始めると栗拾いをしている初老カップルが。

 「こんなに拾えましたよ!」
 「道の駅でそのくらいあったら、500円しますよ。」
 「茹でて食べようと思います。」

 今週中は黒姫にいる予定の照月台に住まれる夫婦だそうです。
「午後に土を買いに行って、チューリップの球根を植えようと思ってます。」

 「うちには、そんな地面はないのです。木を伐ってはいけないと言われましたから。」

 「私は3年前にたてたばっかりなので木をずいぶん伐りました。」
  今、思うと上手に湖の見えるところや黒姫、妙高の見えるところを伐採してくれたので、花壇にできる平らな地がたくさんできたのでした、

 「お一人ですか?」
 「私、絵を描いているもんですから。」

 オレンジのパンツに絵の具の痕が幾つも付いているので見せます。「」それから洗って干したので何処かに絵の具が付くと言うことはないのです)
 「晴れた日は外、雨の日は室内なんですけど、外にいると蚊に刺されるんです。」

 「少しくらい蚊に刺されるのもいいでしょう?」
 「これから、お嫁に行くわけではないので足の掻きキズぐらいいんですけどね。」

 「なかなか乾かんでしょう?」
 「お一人だから、気を付けてね。」

 と、雑談をしてコテージに帰りました。

☆一人でないと絵は描けない。(気が散るんです)
 しかし、35歳の決意の時から30年独身だったら、辛い別の体験もあったかもしれません。

 姑は好きなので同居は嫌ではなかったのです。
 実の母が、「この子は馬鹿ですから。」と言うと、「ルイコさんはバカではありません!」と言うような頼もしい女性です。

 主人は子供の頃からいるだけで嬉しかったんです。
授業で「好きな異性と並ばしてあげるから紙に書きなさい。」と粋な教師の計らいでいつも隣の席でした。

 主人は私たち(娘と私)を管理するのが好きで、衣服チェックもあります。
私たちはそこで、主人がいるかいないかを確かめてお出掛け服を着るのです。

 この間もノースリーブの白のワンピースにグレーの薄い上着でお出掛けしようとしたら、「そんなかっこうででかけるのか?」と怒り出しました。

 両方ともフランス製の微妙なカットの上級お洒落のものですが、主人の辞書にはないので、私は直ちに着替え。

 結婚前も「百人一首」を出してくれたロシア料理店のママさんのロシア風ロングスカートが気に入らずに「そんな格好だと、相手にしてもらえない。」と主人が注意したものですから
彼女の彼が出てきて大変なことになったことがありました。

 姑も「意味が違うけど、ゆうず神社に行って少しはゆうずがきくようにしないと。」と言うレベルで、大姑も「孫が口きくと傷つく。」と言うほど、傷つける口調になるんですよね。
それで、遠慮のない娘はいつも「ムカーツ!」とたてついてます。

 しかし、人間とは不思議なもので私の母には彼はなにもかも完全に見えたようで、「彼ほどいいお婿さんはいない。娘が至らないのでストレス解消に発散できる場所がたくさんあっていいだろう。」と言うほど。

 お手伝いさん(アメリカに行くまで週に2度ほどいました)が、「ご主人様が一緒にいると緊張でご飯が食べれません。」と、アイロン台でご飯を食べるほどです。

☆兎に角、忙しい結婚生活なんですよ。
 注文の多い結婚生活と言うか、姑からも主人からも要求がたくさんあるんです。

☆子供の学校のこともそうだったし、毎日、家を出るときも姑が上から下まで服装チェック。
 いきなり、入り込んできて絨毯のごみを拾い出したり、娘がアメリカ育ちなので上座と下座を間違えて座れば「いいところにお嫁に行けない!」と叱られますが、娘は全く動じなくて「いいところになんかいきたくない!」と応戦しているので、あまりいい子でなくなってます!

☆その合間を縫って絵を描いてきたので、さらに忙しくなったのでした!

☆ある人が透視で「普通の人には耐えられない結婚生活」と言ったのですが、自分では「そうかな?」と言う感じです。
 これも過酷なアート業界のいじめに耐えてきたからで、そんなに辛くはないです。

☆主人にはいいところも多いのです。
 自分のことは自分でします。
 下着を買ったこともトランクに旅行前に詰めたこともないです。
 自分でワイシャツ、スーツも買います。
 太っているんでオーダーですが、いいスーツを着てます。
 車はスポーツカーで案外派手好きかもしれない。

 私のお金を簡保に入れてくれ、この間満期になったので手続きを教えてぐれました。

  お給料はいまだに知りません。ボーナスももらったこともないです。
 この間、寝室の冷房が壊れていたので、「なぜ、直さないの?」と訊いたら、「お金がないから。」と冗談だか皮肉だかわからない答えがかえって来ました。

 こう言うときに「私が出す。」と言うべきなのか?

 兎に角、このコテージの電気代も浄化槽代金も払ってくれる。
私はこれが彼の優しさだと思うのだけど。

 私のアメリカの絵の先生がにまで来て、「奥さんは才能があるので絵を描かせてやってくれ。」と主人に頼んでくれたのです。それで、絵が描けるのですが、これって男の優しさでないでしょうか?

 それと、「娘がかわいそう。北斎の娘みたいになるぞ。」と言う。
北斎の娘、お栄は離婚して絵を描き、父親を助けて同居していたと思うのですが、北斎の名前が出てくるのは有り難いような心苦しいです。(真面目)

 そんなわけで、絵が描ける境遇なのですいい絵を描くのは至難の技で、自分の絵を毎日見て「まだ、まだ。」といつも思うのですから大変です。

       

今日はラッキー!

 第一スーパーのバスが2時20分に来ました!
 家の前につけてくれるんです。小型のマイクロバスです。

 「わ!私一人?今日はタカ子さんは東京へ行って来ないです。」
 
 月曜日は大学村と神山のコースで別荘地として開発されているので引き上げた人が多いのでした。

 「私はカートを満員バスで持ち込むのは気兼ねしてしまうので、空いている月曜日にコメリで土を買おうとカートを持ってきたので助かりました。」

 「じゃあ、コメリの玄関先で下ろしてあげるよ!」
 「わ!助かります。」

 ☆ビオラとパンジーがたくさん売られていたので箱に詰めました。
ハーブ2種。アメージングセージのお花ブルー2苗、なでしこ。
  ビオラとパンジー専用の土14キログラム。
  チューリップ球根の土14グラム2袋。
  豆電球が切れたので4球。
  ペンキ塗りようのは毛2種。
  他にビニールシート30畳敷きが3950円が1900円になっていたのと園芸用の靴が100円dったのを買い、百合の球根を4種2個づつ買いました!
  10000円札でお釣りが出るのです!

 ビニールシートがかなり重く私のカートでは土の二袋がどうしても持てないのレジの人に「買った印をつけておいてください。」とたのみ、レジの横において「必ず引き返して取りに来ます。」といって、他のものは全部運んで第一スーパーまでいきました!
 洗濯物ブラウス、カーディガン、スカートを出しました。
 それから、大きな海老8尾の蜆、梨等を買いました。

 スーパーの運転手さんに早めに「土を二袋コメリに置いてあるのですが。」と話したら、「それじゃあ、こめりによってあげましょう。」と言ってくれたので本当に2回分の買い物ができました。

 スーパーで国道沿いに住んでいるおじさんにあったら、「まだ、いたの?」と訊かれたので「絵を描いているので。」
と答えたら、「そりゃあいいね。うちのコスモス昨日の台風で全部折れてしまったので、切ろうかと思っているのだ。」
と言うので「お宅のコスモスずいぶんきれいだったじゃあないですか?道の駅に行くとき見ましたよ。」
 花がカートに一杯とスーパーのカートにも一杯のせてあったものですから、ちょっと驚いた風でしたので、「第一スーパーが送迎してくれるので、こんなに買えるんですよ。」と答えました。

 バスの運転手さんは本当に何方にも親切で優しいのです。高齢の方も多いのでこまめに足台を出したり、重い荷物を玄関先まで運んでくれます。だから、皆、感謝をしています。

 兎に角、私一人しか乗ってないのですから、降りるときも運転手さんが助けてくれて気兼ねなく降りられたのはラッキーでした。
2012-10-01 15.48.20
☆コテージについてすぐにシャベルを持ち出しチューリップの球根を植え、パンジーとビオラの苗を植えました。
 ハーブも撫子もアメージングセージも植えたのですが、百合の肥料と土がないので、百合の球根は保留です。

 結構、時間がかかり5時の鐘が聴こえました。
少し雨が降っているので植えるにはもってこいの日だったと思えたのです。

 湖のの見えると所にはピンク-ダイアモンドと言うなのチューリップを植えたのですがマリリン-モンローのようなイメージのお花がさくのです。

 他にラナンキュラス-エレガンスの白とピンクも植えました。
 蒔かぬ種は生えないのですから、春の幸せのために秋には頑張らなければいけないのです。
 元肥として化成肥料を9月から10月の間に加わえなけばいけないそうなので、今度は化成肥料を買いましょう。寒さに弱いようで、敷きわらで防寒した方がいいそうです。

夕食後のワークの前に!

2012-10-01 19.42.51
テーブルが絵の材料とキャンバスが3つのっているので、椅子の上に載せて、もうひとつの椅子に座って食べてます!

☆食後にテレビをつけたら、ゲームをやってました。
大学対抗戦らしい。
 東大、青山学院大学、日本大学とのこと。
漢字テストってやってないと忘れてますねえ。

☆昨日、「二十四孝物語」を検索していたら、☆☆☆☆☆の評価が出てました。
8月31日に書かれたようです。

 とおのとほ
 見事な出来映えと同時に貴重な資料
AMAZONから取り寄せた「近代き人伝」を読んでいると、引用語があった。それは中国の「二十四孝」からのもので、調べ
てみると全国の多くのお寺の堂の欄干に彫り込まれているようだ。昔は国民的レベルで親しまれていたようだ。それなのに現在は原文も訳文も目にすることが難しい。辛うじて落語で語られる以外全く忘れられた物語のようだ。
 ネットでサーチしたら本書があった。
もともと児童向け教訓話なのだから絵本にするのは敵っている。いい意味で大人向きに仕上がっている。大人の絵本だ。見事な絵と訳文と言うだけでなく「二十四孝」を知る上で貴重な資料である。ちなみに「孟宗竹」の由来も本書からのようだ。

☆この本に限っては古本が高い。
3150円から4477円。
父も天国「極楽」で喜んでいるでしょう。