October 25th, 2012

人間の生き方!

2012-10-24 15.44.41今日はよく歩いたのと朝からの移動で随分疲れて一眠りしました。

もうすぐお誕生日で年金ももらえる年齢になり考えることがあります。

自分の生き方はこれで良かったのだろうかと言うもの。

力は及ばないけれども人の幸福のために生きてきた。

ほとんど感謝されることなく。

☆自分はこのようにしか生きれなかったし、これで良かったのではないかと思う。

私の周囲はなかなか見事な生き方をしている方が多いのです。

だからと言って卑下もないし特別羨ましくもないのです。

自分は自分の最高を生きるしかない。

幻のように消えた城。

故人の夢。

安土の地を歩いて日本の長閑な農地は優しく豊かだと思いました。

縁あって、この地を歩き明日の夢に繋ぐ。

平凡な健康な初老な女性の秋の旅。

近江八幡の朝!

 昨晩はNHKで山中教授の研究や講義をしていたのをみました。よくわからないですけど多くの病に苦しんでいる人に希望与えてるようです。

 それで2時頃寝たのですが6時に起きてしまいました!
 7時から食事なので1階に降りました。
満席でテーブルをシェアなので外国人の婦人の前に座りました。

 ドイツ、デュッセンドルフからきたビジネス-ウーマンで昨晩大阪に着かれたばかりとのこと。
日本のことも色々ご存知でしたが仕事なので京都や奈良にはいかないそうでした。発音にも問題があると思うのに、ヒルデガルトのお話などできました!
朝食は携帯をバスルームで充電したので水分が入ってボケてますが、オムレツとトースト、コーヒーです。
2012-10-25 07.19.28 
 急に思い立って出てきたのでカートの中のお洋服チェックもしないで引っ張ってきたのですが、なかなかいい案配に入っていたのです。
 長袖の黒とベージュのワンピース。黒のタイツ。黒とベージュのハイヒール。
黒のアディダスのトレーナー上下。i-Pad、「考えるヒント、生きるヒント」ジェームス-アレン、マスク、下着、旅行用
化粧セット。
2012-10-25 08.07.16
2012-10-25 07.05.18
2012-10-25 07.05.54
 不思議なことに昨日被っていったお帽子も黒のアンゴラにベージュの皮のアクセントがついたものです。
天使がコーディネートしてくれたとしか思えません。
2012-10-25 07.06.52

☆昨日読んだ本にも嬉しいことが!
P164 贈り物
 自分の持ち物、知識、愛を与えることは、
 何物にも代え難い喜びをあなたにもたらしてくれる。
 すぐにあなたは、受けとるよりも与えることの方が、遥かに大きな喜びを手にできることを、身をもって知るだろう。

他の人々への奉仕を第一に考えることだ、何を行う時にも、自分自身を忘れることだ。これが、大いなる幸せの秘密であ
る。

P166.
やがてあなたは、幸せの最高峰に登り詰め、そこで永遠性の輝かしい衣に身を包み、果てしない喜びの永遠の陽の光りを浴び続けることになるだる。

琵琶湖ビエンナーレ!

近江八幡エリアと五個荘エリアにあるのです。

観光局へきたら、ちらしはもう在庫なしとか!それでもバスを教えてもらいチケット発行所へ。景観のいいところです。
2012-10-25 10.25.14
2012-10-25 10.27.19
2012-10-25 10.28.18
福が来るように福助の判子を押してくれます!
2012-10-25 11.26.32
回り始めましたが、町並みは美しく家はそれぞれいいのですが、点在していて訪問が大変です。
ロープウェーに乗る前にお昼。

「たねや」でうどんを。
2012-10-25 11.52.32

待ってます。
 暑いです。美味しいものを食べるには忍耐が!
2012-10-25 12.35.39
食前、食後にお饅頭が出るのです。
2012-10-25 12.15.42
八幡宮をお守りして八幡山にロープウェーで!
2012-10-25 13.33.20
秀次が淀君の懐妊後28歳で自害を命じられたとか。

 お天気が良いので琵琶湖や安土城跡がよくみえました。
村雲御所瑞龍寺にも作品が!


2012-10-25 12.48.02
2012-10-25 13.52.33
2012-10-25 14.19.48

東京へ帰りました!

能登川駅までいって五個荘までのバスがなかなかない。
4時半までなのでタクシーに乗りました。結構かかりました。
近江商人の力って凄い。五箇荘村は豪邸が多いのでびっくりです。 

2012-10-25 15.40.30
2012-10-25 15.58.092012-10-25 15.58.09
聖水の舞
2012-10-25 16.07.33
 予定通り、五個荘村を回って米原に出て5時55分の新幹線で品川に帰りました。

 娘が台所改造をしていたのと、姑がこのところ惚けが始まって病院がよいの世話を娘はしていたのでした。
これから、バトンタッチを引き受けて私が引き受けますが。