January 5th, 2013

ラビット-ホール!

☆前に観た映画であるが、映画館に遅れて着いたので全部が観れて良かった。


借りてきたビデオを観る アメリカでは古着を捨てられるボックスが置かれている。 そこに主人公がなくなった息子の衣類を洗って投げ落とす。 失った幼児の思い出を早く消そうとする妻といつまでも息子写っているビデオを観ている夫。 妻は息子を牽いた若い男の子に偶然合い、彼の描くパラレル-ワールドに頭を巡らす。 別の世界に息子が生きてる。 彼はそんな世界のイラストを描いて本にした。 その手作り絵本を贈られて妻は空想をはべらす。 人は許さないと解放されない。 うさぎの穴にはドキドキがある! !

今日買った本!

☆本屋で本が買えたのは、昨日、姑が500玉銀か貯金を崩して皆で分けたので8500円のお年玉が入ったため。

 

☆主人が立ったり座ったりができなくなり歩くのは大丈夫なのだが、アームチェアから起き上がれなくなって唸っていた。
 娘がなんとか手を差し出して救い出したが、パジャマに着替えて早めにベッド。

 

「私たちをないがしろにするのでバチが当たったのよ。ベッドで寝ているうちに反省すると思うわ。」と娘。

 

 私にはゆっくり長野にいっていてねと言う。娘は寒いので長野はちょっとと言う。

 

 それと主人の介護が始まったので、想像すると未来が見えるという。

 

 末の弟と話たのだが、寒い長野にいかず父の家にかえって来れば住めるよという。しかし、地下を早く片付けて1階をスッキリしたいのよね。

東京駅を発ちました!

今日の荷物の重さは異常である。 しかし、地下のランプをつけなければ虫だらけの床の掃除ができない。 有楽町で降りてビッグカメラに行き、電灯5個とクリップライト3灯買った。 ラッキーだったのは、この間買ったコンピュータのお陰でポイントが貯まっていて無料で買えたこと。 それでさらに重くなったバッグを3ばっくもつと腰にずしりとくる。 本が重いのと雑貨で重いのだ。 野菜のチップはビッグカメラからのプレゼント!


東京駅を発ちました!

 今日は青空だという。
 雪掻きを頼んで雑煮と洋梨を食べて家を出た。

 昨晩は夜4時まで年賀状のお返事を書いていた。
 神山で郵便ポストや郵便局へいくのは雪のため至難の技であるので。

 それで、朝10時前に主人が起こしてくれた。
夫婦喧嘩は続行中だが、主人はいくらか腰がよくなったようだ。

上田駅通過!


そして、今長野で信越線に乗ったところ。 ☆ホームの雪はそれほど多くない。 今日は荷物が重すぎて食糧を買う力の余裕がない。 黒姫の第一スーパーにいって、青物を買おう。 3時頃には黒姫駅に着く。