January 20th, 2013

大寒の日に東京へ!

 昨晩は寝付かれなくて困りました! それで、久しぶりに易をみました! それで再び9時まで寝ました!


朝6時頃に!

スープをもって!Aさんに電話をして体調が良いとのことで10時24分のバスで6月停留所までいくことに!しかし、今日の雪はかなりひどいのです。「大丈夫?」ときかれて「大丈夫。」と答えたものの、バス停まで降りるのも難事業。明日に東京へ帰るのなら交通費の節約で今日そのまま帰った方が!パジャマ等洗濯して干して部屋をチェック!痛みやすいものは新幹線のおやつに!スープは今朝も飲んだのですがまだたっぷり!Aさんの家に持って行って飲んで頂きたいと思いました。小鳥の餌も忘れずに!カートもごみ袋も私も急斜面を滑って降りたので、迎えに来たタクシーが感心してました!

お土産!

 このくらいになるまで口紅も使う主義!

Aさんのおうちに着いた! Aさんは迎えに出ていてくれたので迷わずおうちにはいれました!

スープを暖めて貰って! 美味しく飲んでいただけて良かったです!お喋りを楽しんで、またほとんど全部リフォームしたおうちを見せていただき一人住まいには完璧と思ったのでした!スープはそのまま器どこおいておき、1時にお迎えに来て貰ったタクシーで駅まで。 今日はふぶいていてバス停まで20分でやはりカートもあるのでタクシーになったのでした。  駅で切符を買い、喫茶「しなの」でコーヒーを。 雑誌をかって車中のひとに。

2時10分の信越線で!

2時59分の新幹線で!


 お弁当は酢がきいていて美味しかったです。  新幹線は満員ですが、幸い隣の紳士も控え目に読書中でゆっくりと食べ終えました。  今日は軽井沢までも雪の積もったままの景色を走っていたのですが、いつのまにか青空になって、雪の跡もないです。 2時51分、もう大宮近いのでしょう。  孤独好きな私ですが、家族のところに帰れる幸せも好きです。 宿命的な旅人として、どこか遠くへいきたい私ですが、寅さんのようにフラリと帰る私です。 ☆65歳の孤居老人が3割から4割になる時代です。 私もいつその孤居老人に入るかも知りません。  人生も4分の3くらいを通過すると、自分はいい人間でもなく悪い人間でもなく、普通のうぬぼれようもないほどの凡庸な人間な気がします。  人間は許されなければ生きていけず、また、ここと穏やかに許さねば前にも進めないのではないか? 通り過ぎて来た道はベストでなくても、それしかできなかった真実があった気がするのです。