January 31st, 2013

長野へ!

☆雪かきを頼んで。 ☆11時44分の新幹線で! ハーブを大人買いして10種。 日比谷花壇で昨日鳥籠を買ったら10%引きのチケットを買ったのです。


 今日はカートとボストン-バッグは明日つくように(晴れているので)制定して宅配便にたのみました。

「くう」という御菓子!

軽井沢を通過中!


 トイレでオーバー-パンツ(用)と黒タートルネックの上にしろの暖かとっくりセーターを着込みました。
 

 佐久平に着いたようです。
 雪を見ると落ち着きます。
 
 今はトンネルの中。

 

 次は上田!
 上田は雪が少ないです。

 上田駅周辺は雪がこんなに少ないです。

過去最悪!

 2012年    月給平均 31万4236円                                            振り込め詐欺総額 363億4746万円
これで最悪が終わってほしい!

ようやく着いた!

 家を片付けて、かなり重いカートとボストン-バッグをヤマト運輸まで運んで、ハーブと魚やお肉や野菜を買い、jrにのって東京駅でおやつを買い新幹線に乗ってコテージまで来るのに、ほぼ一日がかり。  寒いと言えば寒いけれど、心がだんだん澄んでくる感じ!

ハーブ(herb)!

 Herbの語源は、ラテン語で草を意味する(herba)に由来しています。
Herbについての定義は、「香草」や「お茶にできる植物」などあまり定まっていませんが、一言で言うと、「人間の暮らしに役立つ自生植物」ということになります。育て方としては、元々原産地の地中海沿岸の痩せた土地で自生していたほど丈夫な植物なので、育て方にそれほど神経質になる必要はありません。

☆置場所  ほとんどのハーブは日当たりが好きで一日中日がよく当たるところで育ちます。種類によっては日陰でもよく育つハーブもあります。ミント、チャービル、ソレル、スイートバイオレットなどです。 ☆水遣り 多くのハーブは乾燥に強く、過失が苦手です。少々乾燥気味にした方がうまく育ちます。鉢植えの場合、土の表面が乾いたらタップリやるようにします。 ☆肥料 ハーブはもともと、原産地の地中海沿岸のやせた土地で自生していたほど丈夫な植物なので、肥料にそれほど神経質になる必要はありません。元肥、追肥、礼肥をきちんとやれば十分です。 日比谷花壇 アトレ目黒店コピー

生きる歓びを求めて!

 生きることはフルコースだ!
 
 何が出てくるかWAKWAKのオードブル!

 小粒のキラキラとかがやく彩り!

 少しづつ少しづつ食べる。

 喉ごしのいい宝石のような冷たさと

 あっという間に終わる物足りなさ。


 おしゃれな苦味も

 小粒のアクセントのようなさかなのたまごも。

 命をいただく厳かさに

 未だきがつかない

 スターター!


メインディッシュは青春!

タフで怖いもの知らずで

夢を大口で食べる。

魚も肉も

栄養豊かな温野菜を付けて!

人を愛すのにはエネルギーを補給しないと。

力のかぎり

働き学ぶとき。

少し満腹目のお腹の隙間に

パンをかじり

若さというフレッシュ-サラダを食べる。

☆デザートを美味しく頂くためには

 いい人生を生きなければ!

 多く愛し

多く理解し

多く許し

 多く愛され
多く理解され
多く許され

 苦いコーヒーになるか

甘美なハーブティーとなるか

さあ、どうなるでしょう!


☆デザートを美味しく頂くために、

メインディッシュの最後の方を

今、しっかりと

噛み締めます。

長く歩くには逞しい体と

ものを正しく見る目力と。

手を何時までも自由に動かす

栄養が必要だからです。

命の代償をいただかなければ生命は輝かない

そんな痛みを知って

メインディッシュはますます重きを感じて

平らげるのです。


甘いソルベでしょうか?

こくのあるチョコレートでしょうか?

果実でしょうか?

その先に来るものは?